« この子、知っています?? | トップページ | 7000円! »

2006年4月24日 (月)

東京の大動脈にて

山手線の高田馬場付近で、
線路の異常が見つかり、
10時半すぎから外回り・内回りとも不通になった。
Photo 






午後4時過ぎに運転は再開されたけど、
今日は利用者はもちろんのこと、
JR東日本を始め、各私鉄・地下鉄や
すごい混乱したことだろう。


明日、4月25日は、あの福知山線脱線事故から
ちょうど1年
そんなタイミングでのこんな事故とは、
全く・・・って言われてもしようがない気がする。
まぁ、大きな怪我人とかいなかったのが救いかな。


でも1時間近く閉じ込められて、
気分が悪くなったお客さんは結構いるらしい
あの車両の中で1時間・・・キツイね。。。


あれだけ大きな会社だから、
しっかりした緊急時の対応マニュアルとかあるんだろう。


でも毎回この手の事故がおきたら、
該当車輌の乗客が閉じ込められ、
それに対する非難が報じられる
 ⇒おそらく今日のニュースでも出てくるだろう。。。


そしてJRの対応としては
「他の列車の状況確認や充分な安全を確保する為に・・・」
って発表するんだ。。


いつも思うんだが、
車輛内で火災が起きたとき、
それでも外に出るなって言うんだろうか?
そんなことは無いはず!!


だったらこういう事故でも、
外に出ても大丈夫なはずじゃない!?
どうなんでしょ??

|

« この子、知っています?? | トップページ | 7000円! »

コメント

電車で何かあると、こっち(乗客)は何もできないで
ただ待ってるだけですからね~。
(U_U;)キツイですよね~。

でも、今回も運転手さんが音の異常に気づいて
直ぐに手を打てたみたいですし、
山形の事故の時もJR東日本の職員は
自分も大怪我だったのに救助にかなり貢献したみたいですし、
JR西とは違うかなーと思ってます(‘ー‘)。

それでも、まあ、今回も時間かかりすぎですけどね(・へ・)。
長時間待たされる人の中に
お年寄りとか赤ちゃん連れのお母さんとかもいるだろうし、
時間短縮にはもう少し工夫して欲しいなあ・・。

投稿: はみばか | 2006年4月26日 (水) 15時43分

「何かあったときの臨機応変な行動」っていうのが、
一番大事な気がするんだよなぁ。

マニュアルとか手引きとか
ちゃんとありますっていうのは
大事なことだけど、
それにとらわれ過ぎて、
本来の目的を達成する機会を逃すような気がして。
⇒例えば、地震の避難訓練とかって、一応やるけど、
 実際のときは、その通りみんな並んで避難はしないでしょ。

やっぱその時その時の、臨機応変な判断が必要で、
今回のケースでも、怪我人はいなかったかも知んないけど、
気分を悪くした人が結構いたってことは、
その辺のケアができていないってことなんだよね。

投稿: CROW | 2006年4月27日 (木) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/1524188

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の大動脈にて:

« この子、知っています?? | トップページ | 7000円! »