« 新庄の襟問題 | トップページ | スコットランド戦が終わって »

2006年5月10日 (水)

『キモチ』が大事

Yukio

北海道日本ハムの主将:田中幸雄選手
サヨナラタイムリーヒット!!

決して当たりはよくなかったけど、
まさに『キモチ』で運んだヒットだった。

新庄がボロボロになるまでやりたくないっていうなら
ユキオさんはまさに正反対。

身体中に故障を抱え「どんな形でもいい」という姿勢。
まさに背中でチームを引っ張る「キャプテン」だ

あと2人『キモチ』の強い選手を紹介。

一人はオリックスバファローズ平野選手
このプレーをビデオで見たとき
すごくショックを受けた。
頭からのフェンス激突!!

全治3週間の大けがだが、
その後チームの士気が上がりチームの勝利を呼び込んだ。

また今日のソフトバンクの山崎捕手
Yamasaki

マスク越しに打球が当たり、
前歯を3本折りながらもプレーを続け、
新垣の完封をアシストした。

気迫あふれるプレーは、
見ていても感動するし、チームの士気も上がる。

ケガしてまでとは言わないけれど、
その強い『キモチ』が大事なんだな。

|

« 新庄の襟問題 | トップページ | スコットランド戦が終わって »

コメント

平野の激突は私も衝撃を受けました。
首を痛めたんじゃ・・と心配しましたが、
首は大丈夫だったようで、まだ良かったです。
(それでも大怪我だけど)

昨日tarokichiが「広島が前歯3本に負けた」って言ってました。

この前から思ってたんですけど、
「タナカユキオ」という名前には
ものすごく聞き覚えがあるんですけど、
具体的にどういう選手か思い出せません。

ずっと日ハムの選手ですか?
なにかタイトル獲ったりしました??

投稿: はみばか | 2006年5月10日 (水) 16時18分

おっ!それは、ユキオさんについて語れってことですね(*^_^*)
思いっきり書いちゃいますよ!!

今モバイルからなので、しばしお待ちを!

覚悟しておいてください(^ .^)y-~~~

投稿: CROW | 2006年5月10日 (水) 16時32分

まず、ミスターファイターズ田中幸雄選手は、KKと同級生です。
⇒宮崎県の都城高校2年の春・夏にともにPLと対戦し負けています。
⇒特に選抜準決勝でのエース田口(元南海)の好投報われず
  サヨナラエラーで0-1で負けた試合は結構有名だったりします。

高校卒業後ドラフト3位?でファイターズに入団。

しかし当時、同じファイターズに「投手」で
同姓同名の「田中幸雄」選手が在籍していました。
⇒この投手は後にドラゴンズへ移籍します。
 ※コレで聞いたことあるんじゃないでしょうか??

同時期に同姓同名の選手がいたたので
区別される為「コユキ」というあだ名が付けられました。(←今でも呼ばれてるらしい)

新聞やバックスクリーンでは、投手の方を「田中幸」
コユキを「田中雄」として表記しました。
⇒投手が移籍後は「田中」、
 しかしすぐに別の「田中」選手が入団してきて、
 それ以降ずっと「田中幸」と表記されています。

入団1年目から、ポスト高代として試合に出場していましたが、
強肩のショートにありがちな「送球難」から
エラーを爆発的に起こしていたけど、
当時の高田監督(現GM)の辛抱もあって
強肩を活かした名ショートになります。
⇒当時西武黄金期の中、田辺を抑えてゴールデングラブ賞や
 ベストナインに選ばれたりします。
イメージとしては.250 HR15本くらいの6番打者でしたけど。

でも、今も抱えている右肘をケガしてしまい、
休んでる間に広瀬の台頭もあって
外野へコンバート。

ケガが良くなってきてから打撃も飛躍的に良くなり
.270 HR25本くらいのバッターに変身。
その後上田監督時代に広瀬がサードに回って、
ショートに戻り、95年には打点王に輝きます。
⇒イチロー、初芝とタイトルを分け合う。
⇒ちなみに80打点というレベルの低い時代。HR王の小久保も27本。
⇒ちょうどこの時期に「全打順本塁打」達成!

その後、片岡、ウィルソン、小笠原らの台頭により「ビッグバン打線」の脇役を飾り、
2000年以降右肘痛の再発から一塁や外野の守備に付く機会が多くなる。
⇒ショートは奈良原→金子誠へ

2003年終了時に2000本安打まであと「99本」だったのだが、
04・05と出番の少なくなってくなか、同期の清原はもとより、
後から入団したイチロー・野村・古田・石井琢に次々と抜かれていった。
⇒おそらく松井秀喜に日米通算2000本安打も先を越されるだろう。。

でもそんな順番なんて関係ない。
元々無口な選手だけど今年から「主将」に就任し、
チームの為に背中で引っ張るその姿がみんな大好き。
⇒「バッター●●に代わりまして、バッター・タナカユキオ・背番号6」
 この後の声援はもの凄い盛り上がります。

あと2年前のスト明けに試合で、
新庄が逆転満塁本塁打を打った試合で、
抱き合って追い抜き幻の本塁打にしてしまったのが、ユキオさん。
http://2chart.fc2web.com/2chart/oikoshi.html


ちなみにあと投手・捕手をやれば
元ロッテ・オリ・近鉄五十嵐以来の「全ポジション経験&全打順本塁打」達成なので、
引退試合にでもやって欲しいな。
これも「ユキオさんらしい」記録なんだけどなぁ。

投稿: CROW | 2006年5月11日 (木) 18時52分

新庄に追い抜かれちゃった人ですか(^^)。
その映像は何回も見たなあ。

読んでみると、名前を耳にしたと思われるポイントが
あっちにもこっちにも、という感じでありました。
(でも、確かにピッチャーの人と一緒くたになっちゃってるかも。)


文章に愛があふれてますね(^▽^)~♥

ちょうど交流戦の時期だし(パの選手を見られる貴重なチャンス!)
日ハム戦のTV中継があったら注目してみます♪

投稿: はみばか | 2006年5月11日 (木) 21時43分

ぜひ!!

でも出ないかもしれないです(^^;)

主砲なのにすごく謙虚で控えめで。。
そこがまたイイのです!

あと、ハムが首位になりましたよ~!!
やった♪

投稿: CROW | 2006年5月11日 (木) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/1741874

この記事へのトラックバック一覧です: 『キモチ』が大事:

» 交流戦開幕、10回の裏満塁のチャンスに代打で登場 [田中幸雄名球会への道]
日本ハムは二回、新庄の適時二塁打で1点先制。中日は四回、アレックスの適時二塁打で同点に追いついた。中日は六回、高橋光の適時二塁打で1点勝ち越した。日本ハムは7回、稲葉のソロ本塁打で同点。 試合は延長戦に入った。日本ハムは延長十回、田中幸の中前適時打でサヨナ... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 11時27分

» 5月9日 対中日ドラゴンズ 3x-2 代打サヨナラ安打で今季初お立ち台! [田中幸雄名球会への道]
日本ハムは二回、新庄の適時二塁打で1点先制。中日は四回、アレックスの適時二塁打で同点に追いついた。中日は六回、高橋光の適時二塁打で1点勝ち越した。日本ハムは7回、稲葉のソロ本塁打で同点。 試合は延長戦に入った。日本ハムは延長十回、田中幸の中前適時打でサヨナ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 22時24分

« 新庄の襟問題 | トップページ | スコットランド戦が終わって »