« キ・ヨ・ハ・ラ! | トップページ | 8分で・・・ »

2006年6月16日 (金)

W杯観戦記③

【フランス-スイス】(自宅)
・0-0ドロー
両チームともチャンスを作りながら
決めきれないという歯がゆい展開。
特にフランスは攻撃陣の連携が悪く、
まだまだ調子が上がっていない感じ。


【ブラジル-クロアチア】(ダイジェストのみ)
・1-0でブラジル勝利
ブラジルの2トップ不発も、カカのミドルで何とか勝利。
後半は殆どクロアチアが支配しながら、
フィニッシュの精度を欠き無得点。
ボランチでチームの柱でもあるニコ・コバチが負傷退場。


【スペイン-ウクライナ】(自宅)
・4-0でスペイン快勝!
終始攻めつづけたスペインが、
4-0という予想外の大差をつけての勝利。
ラウルをスタメンから外したのが結果的には功を奏した?
ウクライナはシェフチェンコを完全に封じ込められ無得点。


【チュニジア - サウジアラビア】(ダイジェスト)
・2-2
後半ロスタイムにチュニジアが劇的な同点弾。
この結果を一番喜んでいいるのは、
ウクライナの選手かもしれない・・・


【ドイツ - ポーランド】(ダイジェスト)
・1-0ドイツ辛勝
後半のロスタイム時間表示と共に、
右からのクロスにノイビルが飛びこみゴール。
ドイツはバラックも復帰した。


【エクアドル - コスタリカ】(自宅)
・3-0エクアドル
エクアドルは右サイドの攻撃から3得点。
デルガド、テノリオのFW2人が結果を出したのに対し
コスタリカのワンチョベは不発に終わった。
これでドイツとエクアドルの決勝T進出決定!


【イングランド - トリニダード・トバゴ】(自宅)
・2-0
終始攻めていたイングランドだが、決定機を何度も逃す嫌な展開。
後半トバゴはさらに守備を固めてイングランドの猛攻を凌いできたが、
途中出場でレノンを右のウイング的に配置し流れをつかむと、
ベッカムのクロスをクラウチがようやく決めた。
この試合でイングランドも決勝T進出。ルーニーも復帰した。

・・・強豪国でいうと、
ブラジル、フランス、イングランドが、まだまだ本調子でないのと対照的に
スペイン、ドイツ、オランダ、アルゼンチン、チェコ、イタリアなんかは
もう全開!って感じかな。。

|

« キ・ヨ・ハ・ラ! | トップページ | 8分で・・・ »

コメント

ドイツ×ポーランド(?)でサポーター同士が喧嘩して
300人くらい逮捕されたってニュースを見て
「またか・・」と、とっても悲しいキモチになりました。

でもその一方で
「新潟県十日町市からクロアチアへ千羽鶴」のニュースを見て、
スゴークスゴーク嬉しい気持ちになりました。


(T□T)『関係者全員、仲良く!!!』


投稿: はみばか | 2006年6月16日 (金) 16時30分

先日の日本戦でもバカなニュースがありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060613-00000203-yom-soci

アツくなる意味を間違ってる。

スポーツ=平和でなくちゃね。

投稿: CROW | 2006年6月17日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2241289

この記事へのトラックバック一覧です: W杯観戦記③:

» 後は強い気持だけ! [スカイウォーカーな人達]
FIFAサッカーワールドカップドイツ大会 1次リーグ突破国が出てき始めました。 A組はドイツとエクアドルが決勝トーナメント進出。 B組はイングランドが1抜けです。 イングランド−トリニダード・トバゴの試合、トリニダード・トバゴはいい試合してました....... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 14時24分

« キ・ヨ・ハ・ラ! | トップページ | 8分で・・・ »