« 青春の一ページ | トップページ | あと1本! »

2006年6月14日 (水)

W杯観戦記②

【メキシコ-イラン】(自宅)
・3-1でメキシコ勝利
前半から両チームともカウンターの仕掛けあいで、
スピーディーな展開。
後半運動量が落ちてきたイランに対し、
早めの選手交代を行ったメキシコが得点を重ねた。

【アンゴラ-ポルトガル】(ダイジェストのみ)
・1-0でポルトガル勝利
試合開始早々フィーゴが抜け出しパウレタがゴール。
後はよく見てません。。。

【オーストラリア-日本】(会社にて)
別途こちら

【アメリカ-チェコ】(自宅)
・3-0でチェコ快勝。
・コラー1発、ロシツキー2発
ロシツキーがキレキレ。
圧倒的に支配したチェコが快勝!

【イタリア-ガーナ】(ダイジェスト)
・2-0でイタリア勝利
全く危なげない試合運び。
順当勝ち。
トッティ髪を切ったんだぁ。。

【韓国-トーゴ】(自宅)
・2-1で韓国逆転勝ち
前半ほとんど攻め続けるもカウンターから1失点。
後半アン・ジョンファンを入れシステム変更。
パク・チソンの突破を止めようとしてDFが退場。
そのFKをキッチリ決め流れを掴み、
アンのゴールで逆転勝利。

フランス、ブラジルは眠くて見れないな・・・

|

« 青春の一ページ | トップページ | あと1本! »

コメント

韓国戦は途中から見てました。
後の方しか見てないせいか、韓国は勢いがあるような気がしました。
なんていうか・・日本より「ガツガツ」してるような。

私は野球は緻密な方がスキなんですけど、
サッカーは緻密すぎるのは良くないのかなぁ、なんて思いました。
↑素人目の感想なので、テキトーに無責任なこと言ってます(^^;)
違ってたらスミマセン。

投稿: はみばか | 2006年6月15日 (木) 01時11分

結論から言うと、緻密もガツガツも両方大事です。

例えば日本に勝ったオーストラリアは、
日本が高さに弱いので、
戦術として、中盤で細かいパスつなぐよりも、
遠目からでも長身のFWめがけて
長くて高いパスを出し、
ヘディングのこぼれた所を
MFが拾ってシュート!という攻撃を
何度も繰り返してリズムを作りゴールに結び付けました。
⇒日本が疲れてしまったっていうのもあるけど。

また、日本の中心が俊輔とヒデというのを
判っていたので、この2人を徹底的にマークして、
(時にはケガをさせるくらいに削ったり)
仕事をさせないようにしたのも勝因の一つです。

韓国の場合は相手との力の差もあったし、
(これから2試合は韓国よりも強い相手と対戦します)
相手が退場で一人少なくなってしまったので、
ずっと攻撃していたって感じですね。

見ていないかもしれませんが、
今日のスペインは、
中盤でのパス回しや、FWの動き出しなど、
かなり華麗で見ていて楽しいサッカーでした。

あと、今回の大会は非常に暑い状態で戦っていますので、
特に体力の消耗が激しく、
後半になって自分が動けなくなってくると、
ラフなファールで止めるしかないという試合が多いです。
だから印象的には「ガツガツ」が目立つのかもしれません。

どうしても疲れの度合いとしては
前向きに動く攻撃<後ろに戻りながら動く守備
なので、逆にずっと攻められてた日本は、
見たこと無いような疲労困憊状態でした。
終盤の日本にはもはや「ガツガツ」行くことすら、
できなかった。って言うこともいえるかもしれません。


投稿: CROW | 2006年6月15日 (木) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2207950

この記事へのトラックバック一覧です: W杯観戦記②:

» ロシツキー [検索キーワードランキング]
トマーシュ・ロシツキー(Tom叩邸 Rosick箪, 1980年10月4日 - )はチェコ代表サッカー選手(MF)。10代で名門スパルタ・プラハのレギュラーを獲得。 [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 09時47分

» 今日のおいしいもの [食べ歩きブログ]
美味しいと感じたものをご紹介 [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 13時49分

« 青春の一ページ | トップページ | あと1本! »