« W杯観戦記⑤ | トップページ | 藁をも掴む・・・ »

2006年6月28日 (水)

W杯観戦記⑥~決勝トーナメント1回戦~

いよいよ決勝トーナメント1回戦も終了!!


【ドイツ-スウェーデン】
・2-0ドイツ快勝
強い!そんな一方的な試合展開。
クローゼ、ポドルスキ-の2TOPが好調。
これで2人で7ゴール。

スウェーデンは前半でのDF退場、
ラーションのPK失敗が痛かった。
あとイブラヒモビッチが万全でない事も。
ラーション最後のW杯が終わった。


【アルゼンチン-メキシコ】
・2-1アルゼンチンが延長の末勝利!
1-1で延長突入。
マキシ・ロドリゲスの芸術的なシュートで決着。
試合内容はどちらかというと
メキシコの方がチャンスは多かった。
ただボルヘッティが復帰も決定力を欠いたのが響いた。

アルゼンチンはクレスポ、サビオラ⇒テベス、メッシと
若いFW+リケルメ、アイマールの併用で勝負に出たのが、
結果的には功を奏した。


【イングランド-エクアドル】
・1-0イングランドが辛勝
イングランドはルーニーの1TOP、中盤5人の新布陣。
DF背後を狙うがなかなか攻撃に結びつかず、
結局ベッカムのFKが決勝点に。

エクアドルは2TOPを中心の攻撃も、
イングランドの分厚いDFの前に無得点。
前半テリーのミスからの大チャンスを
A・コールの好プレーに阻まれたのが痛かった。


【ポルトガル-オランダ】
・1-0ポルトガルが乱戦を制す
W杯史上最多タイのイエローカード16枚、
史上最多の退場者4人という大乱戦に。
ポルトガルが前半のデコ-パウレタ-マニシェと
繋いだゴールを結果的には守りきった。

しかしデコ、コスティーニャという中盤2人のレッドカードと
クリスティアーノ・ロナウドの負傷退場は
次のイングランド戦に臨む上で痛すぎる代償。


【イタリア-オーストラリア】
・1-0イタリアが「サヨナラPK」で劇的勝利
まさに「カテナチオ」。
オーストラリアは数的有利から攻めても決定的チャンスは作れず。
逆にイタリアは終了間際、
左サイドのグロッソのドリブル突破から微妙な判定でPKを獲得。
トッティが落ち着いて決め、試合終了のホイッスル。

オーストラリアが、キューウェルが古傷の負傷で欠場。
延長戦突入をにらんでいた為、アロイージ以外の交代枠
2つを余すというヒディンク的にも消化不良な展開となった。


【スイス-ウクライナ】
・0-0(PK3-0)でウクライナが勝利
「トーナメントは負けないチームじゃなく、
 勝てるチームじゃなきゃ上にはいけない」というのを実感した。
スイス・ウクライナともに堅い守りで相手にほとんどチャンスを与えず、
延長終了時も無失点。

今大会初のPK合戦になったが、
シェフチェンコは外したものの、スイスは3人連続で失敗。
結局スイスは今大会無失点のまま、姿を消す事に。


【ブラジル-ガーナ】
・3-1ブラジル快勝
開始早々高いDFを取っていたガーナの裏をカカがスルーパス。
ロナウドが反応し独走状態から先制点。
ロナウドはW杯通算ゴール数の単独トップに(15点)
その後はガーナが攻めブラジルがカウンターを狙うという展開。

ガーナはギャン、アッピアーらを中心に何度もチャンスを作ったが、
シュートの精度や運が悪く無得点。
ブラジルは前半ロスタイムにはカウンターからオフサイド気味ながらアドリアーノ、
後半にはDFの裏を突かれたゼ・ロベルトと効果的に追加点を奪い快勝。


【スペイン-フランス】
・3-1フランス逆転勝利
前半スペインのビジャがPKで先制するも、
フランスはヴィエラのスルーパスに抜け出したリベリが決めてすぐに同点。
後半に入るとジダンのFKからこぼれ球を好調ヴィエラのヘッドで押し込み逆転、
更に終了間際には復帰したジダンが決めて3-1。

スペインも途中投入のホアキンを中心に
積極的攻めていたが、フランスDF陣を崩す事はできなかった。
フランスは中盤のジダンとヴィエラが好調。次のブラジル戦が楽しみだ。

これで決勝T準々決勝の組み合わせが決まった。
(6/30)
ドイツ - アルゼンチン※開催国vs優勝候補の戦い。若手選手の活躍は?
イタリア - ウクライナ※シェフチェンコがカテナチオをこじ開けられるのか?
(7/1)
イングランド - ポルトガル※ベッカムvsフィーゴ最後の真剣勝負!
ブラジル - フランス※前回王者と前々回王者のガチンコ対決!

色々見どころ満載。
まだまだ楽しみです!!

|

« W杯観戦記⑤ | トップページ | 藁をも掴む・・・ »

コメント

例えば、日本と同じグループだったブラジルが優勝したら
それが考慮されて、次のW杯でアジア枠は減らされない、とか
そういうことは無いんですか??

それだったらブラジル応援しちゃうけどな~。

投稿: はみばか | 2006年6月28日 (水) 14時47分

同じグループっていうのは関係ないですね。。
フランスは韓国、ポルトガルはイランと同じグループだったし。

アジア勢が決勝トーナメントに行けなかった時点で、
次回は是正されるかもしれません。。。

なので好きなチームを応援してください!

投稿: CROW | 2006年6月28日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2412614

この記事へのトラックバック一覧です: W杯観戦記⑥~決勝トーナメント1回戦~:

» 8強出そろう! [24時間蹴球宣言]
 決勝トーナメント1回戦の最後の2試合は、ブラジルがガーナに快勝し、フランスがスペインに逆転勝ち。これでベスト8がすべて出そろいました。準々決勝の組み合わせは以下の通りです。  ■ドイツ対アルゼンチン  ■イタリア対ウクライナ  ■イングランド対ポルトガル  ■ブラジル対フランス  ここまで勝ち上がったのは、欧州6チームと、南米2チーム。初出場のウクライナがスイスとの延長、PK戦を制して勝ち進んできたことは特筆に値すると思いますが、それ以外は大会前から優勝候補に挙げられていた国であり、ほぼ順当に強豪... [続きを読む]

受信: 2006年6月29日 (木) 16時03分

« W杯観戦記⑤ | トップページ | 藁をも掴む・・・ »