« W杯観戦記(TVだけど・・・)① | トップページ | 青春の一ページ »

2006年6月13日 (火)

病気か!?

どうしたんだろう!?

正直、悔しさを感じない。
日本が大敗したっていうのに。。。

俊輔のゴールもなんだか心から嬉しいって感じじゃなかった。

これは病気なんだろうか??

試合内容でいったら、
昨日のメキシコ-イランの方が面白かった。

だから冷静に振り返れる。

前半中村俊輔のラッキーなゴールで先制。
相手に攻め込まれるも川口の好セーブ連発や
DF陣の頑張りで無失点。
確かに「神」は舞い降りていた

後半に入って、暑さの中、両チームとも明らかに足が止まり始めた。

最初に坪井が両足の痙攣で、
まさかの緊急徴集した茂庭の投入。
すこし守備のバランスが崩れ始めるも、
まだ川口に「神」はついていた

積極的に選手交代をするヒディンク監督に対し、
ジーコは同じメンバーで我慢し続ける

しかし日本は更に足が止まり始める。
FW2人も、俊輔も。(特に俊輔、出てたっけ??)
何度も得点のチャンスはあったのに、
活かしきれない。。シュート打とうよ。

後半34分に柳沢⇒小野に選手交代。

でもマルタ戦では同じ1トップの状態で、
中田英をそのままボランチ、
小野を攻撃的MFにしていたのに、
なぜか小野をボランチで
中田英を前に上げたのかがギモン

ボランチだったら稲本だったのでは??
これで更に守備のバランスが悪くなる。

そして、後半39分。
あのロングスローで川口が飛び出してしまい、
こぼれ球を途中出場のケーヒルがゴール。

この時、何かが起きた。

・・・そう、「神」が離れていったのだ

そしてこの段階で、
ジーコは同点を狙いにいった。
それは「疲れているけどこのメンバーで戦い抜く」という選択

しかしそれが裏目に。
中田英が前に上がっていたため、
再三言われていた、「ボランチとバックラインの間」にスペースがポッカリと。
そこから、またもカーヒルに決められる。

焦ったジーコはロスタイムに茂庭⇒大黒を投入。4バックに。
しかし、ほとんど動けない状態まで疲れきったバックは
カウンターについていけず、またしても途中出場のアロイージに
ダメ押しの3点目。

オーストラリアは途中出場の、
ケーヒル、アロイージがゴール、アシストで全得点に絡む活躍。
一方、日本は交代自体が遅く、
しかも交代したことでバランスを崩すという皮肉な結果に。

別にジーコを批判するわけでもないけど、
(勝てば官軍な訳だし)
はっきりいって面白いゲームではなかった。。
それが自分の感情を出し切れなかったっていう、
消化不良のような感じになってるのが、
この病気の原因だな。

あと予選は2試合ある。
勝っても負けても、
せめてこの2試合は楽しませて欲しい

|

« W杯観戦記(TVだけど・・・)① | トップページ | 青春の一ページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2195320

この記事へのトラックバック一覧です: 病気か!?:

» 日本に残された可能性は? [24時間蹴球宣言]
 もう一つの死のグループE組(イタリア、チェコ、アメリカ、ガーナ)では、チェコとイタリアが順当勝ち。  チェコのロシツキーと、イタリアのピルロのミドルシュートには、まさに目が覚めました。  そして、われらが日本代表です。1−0から、残り10分間でまさかの逆転負け。それも3失点。オーストラリアのパワープレーを何とかしのいでいた日本守備陣ですが、最後は押し切られてしまいました。普段は静かな夜の編集部ですが、このときばかりは怒号と悲鳴が渦巻いていました。  今日は、グループGの韓国対トーゴ、フランス対スイ... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 19時23分

« W杯観戦記(TVだけど・・・)① | トップページ | 青春の一ページ »