« クロアチア戦を終えて | トップページ | W杯観戦記④ »

2006年6月19日 (月)

僕らは何度奇跡を見てきたか?

スゴク共感した内容なので。

友人の日記より転載します。





可能性がゼロであることは人間が決めたルールの中にのみ存在する。

例えば、セルビア=モンテネグロはもう決勝リーグには進めない。



しかし地球上で、「人間の決めたルール以外のところ」では、

可能性はゼロであるものは無い。

ましてや、人間の想像できる事の全てが起こり得る。


つまり、人間のルールの下に行われている事で、

まだ可能性が残されているなら、いとも容易く起きるだろう。




1 2

3












僕らは信じられるだろうか・・・。想像できるだろうか・・・。



「ロベルト=カルロスが加地に抜かれ、センタリングを上げられることを」

「ジュアンが巻に競り負けヘディングを決められることを」

「中田英寿のシュートがジダの右手をかすめネットを揺らすところを」

「中澤と福西がカルテットマジカを押さえるところを」



日本対ブラジル 3-0!!

ニッポン予選通過!

|

« クロアチア戦を終えて | トップページ | W杯観戦記④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2291002

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らは何度奇跡を見てきたか?:

« クロアチア戦を終えて | トップページ | W杯観戦記④ »