« 光の射す方へ | トップページ | W杯観戦記⑥~決勝トーナメント1回戦~ »

2006年6月25日 (日)

W杯観戦記⑤

【トーゴ - スイス】
・2-0スイス勝利
あわやボイコットというある意味注目されたトーゴ。
かなり攻めまくっていたが、
スイスの堅い守備で無失点。
スイスは2得点で得失点差で韓国を抑え1位に。

【サウジアラビア - ウクライナ】
・4-0ウクライナW杯初勝利!
ウクライナは前半開始早々CKから得点すると
シェフチェンコ中心に一方的に攻撃をし続ける。
シェフチェンコも1ゴール1アシストの活躍。
スペイン戦の大量失点を一気に取り返した。

【スペイン - チュニジア】
・3-1スペイン逆転勝利
前半チュニジアに先制されると、
スペインは反撃に出るがなかなか点が入らない。
後半ラウル、セスク・ファブリガス、ホアキンと
早い時間で投入した選手が活躍。
ラウルの同点弾、F・トーレスの2発で見事に逆転勝利。

【コスタリカ - ポーランド】
・2-1でボーランド逆転
決勝T進出を逃した両チームの戦い。
コスタリカ先制するも、
ポーランドが見事な逆転勝利。

【エクアドル - ドイツ】
・3-0ドイツ快勝
クローゼ2点、ポドルスキーも初ゴール。
ドイツ絶好調って感じ。

【パラグアイ - トリニダード・トバゴ】
・2-0でパラグアイが勝利
トバゴは勝利なら決勝Tの可能性があり
終始攻撃的だったが、一点が取れず
逆に2失点で敗退。

【スウェーデン - イングランド】
・2-2ドロー
イングランドまたスウェーデンに勝てず。
オーウェンが開始早々にケガで退場。
それでもJ・コールの活躍で2得点。
スウェーデンもラーションのゴールなどで意地の同点に。

【ポルトガル - メキシコ】
・2-1ポルトガル勝利
スコラリ監督が10連勝。
主力温存ながら、粘りの守りでポルトガルが勝利。
ポルトガル1位、メキシコ2位で予選通過

【イラン - アンゴラ】
・1-1のドロー
両チームとも、1得点したものの、
続くチャンスは活かしきれず引き分け。
未勝利で予選敗退。

【オランダ - アルゼンチン】
・0-0ドロー
決勝T進出が決まっている両チーム
主力温存での戦いは、
両チーム共にDFの力が光った。
メッシはあまり見せ場がなかった。

【コートジボワール - セルビア・モンテネグロ】
・3-2でコートジボアール逆転勝利
未勝利チーム同士の戦いは
セルビア・モンテネグロが前半に2点を先制。
しかしドログバを欠くコートジボアールが
後半追いつき、さらに終了間際のPKで逆転勝利
W杯初勝利。

【チェコ - イタリア】
・2-0イタリア勝利
一番の混戦となったEグループ。
両チームともツェフ・ブフォンのGKを中心とした堅守で攻防。
前半CKから1点を奪ったイタリアが、
後半堅守からのカウンターでインザーギのW杯初ゴールで追加点。
チェコはバロシュが復帰するも前半でのDF退場が痛かった。予選敗退。

【ガーナ - アメリカ】
・2-1ガーナが決勝T進出
序盤から白熱した展開。
アメリカの中心選手レイナがファール気味のプレーでボールを奪われ
先制を許すと、一度は追いつくものの前半終了間際にPKで失点。
あとはガーナディフェンス陣がチャンスを作らせず初の決勝T進出。

【クロアチア - オーストラリア】
・2-2ドロー
クロアチアは勝利、オーストラリアは引き分け以上で決勝T進出が決まる。
クロアチアがスルナのFKで先制するも、オーストラリアがPKで追いつく。
後半、ニコ・コバチのラッキーなゴールで再びリードも、
終盤猛攻のオーストラリアがキューウェルのゴールでドローに持ち込んだ。

【日本 - ブラジル】
・4-1ブラジル完勝
日本は序盤の猛攻を川口の好セーブで防ぎ、
ワンチャンスを活かして玉田が先制ゴール。
一瞬「奇跡」を予感させたが、前半ロスタイムでのロナウドの同点弾で
流れがブラジルに。
後半15分までに立て続けに2失点し完全に糸が切れてしまった。
ロナウドがこの日2得点でW杯通算ゴール記録14でトップに並んだ。

【サウジアラビア - スペイン】
・1-0でスペイン勝利。
スタメンを11人入れ替えてきたスペイン。
大勝が期待されたが、1得点のみ。
後半はどちらかというとサウジのペースだった。
決勝Tにつながったのか???不安。

【ウクライナ - チュニジア】
・1-0でウクライナ勝利
なんとも決定力のない試合展開。
シェフチェンコが自ら得たPKを自分で決めた1点を守りきって
ウクライナが勝利。
決勝T進出。

【トーゴ - フランス】
・2-0フランス勝利
ジダンを欠くフランス。
トレゼゲ・アンリも決定機を逃す嫌な展開の中、
ヴィエラがチームを救う1ゴール1アシストでチームを救う。
フランスはグループリーグ2位で通過。

【スイス - 韓国】
・2-0でスイスが勝利
何としても勝ちたかった韓国だが、
焦りからか決定機を活かせない。
逆にスイスがセットプレーから先制すると、
持ち前の堅守でゴールを割らせず、2-0で勝利。


これで、グループリーグが終了。
終わってみると、チェコの敗退以外は割と順当な結果となった。

すでに決勝Tは始まっているけど、
それは後日更新しよっと。

|

« 光の射す方へ | トップページ | W杯観戦記⑥~決勝トーナメント1回戦~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2374879

この記事へのトラックバック一覧です: W杯観戦記⑤:

« 光の射す方へ | トップページ | W杯観戦記⑥~決勝トーナメント1回戦~ »