« W杯観戦記⑨~3位決定戦~ | トップページ | 英雄の愚行 »

2006年7月10日 (月)

W杯観戦記⑩~決勝戦~

【イタリアーフランス】
・1-1(PK5-4)イタリアが24年ぶりの優勝!

いよいよFINAL!
お互いに守備力の高いチーム同士。
引いた展開が予想されたが、
試合開始早々イタリアが積極的に激しくプレスを行う。

しかし前半6分マルダの突破をマテラッツィが倒してしまい
微妙な判定ながらPKを与えてしまう。
そのPKを今日限りで引退するジダンが
トッティのお株を奪うような緩いシュートで決め先制。
ブフォンの無失点記録も止まる。

その後イタリアが更に積極的に攻めるようになり、
19分ピルロの右CKからマテラッツィが頭で合わせ同点。
その後イタリアはCKから何度かチャンスを演出するものの
決めきれずに前半終了。

後半は開始早々、前半あまり目立っていなかったアンリの突破から
フランスがリズムを掴むがイタリアのDFにはばかれる。
しかしフランスは11分に世界最高のボランチ、ヴィエラが負傷退場。
さらにイタリアは、動くがよくなかったトッティ、ペロッタに代え、
早くもイアキンタ、デ・ロッシを投入。ピルロを前に上げ攻撃的に出る。
その直後FKからトニが勝ち越しゴールかと思いきやオフサイド。

そしてイタリア、フランスともなかなかチャンスも作れず膠着したまま後半も終了。
延長戦へ。
ジダンのラストダンスをもう30分見ることが出来る。(と思ってた)

延長戦はフランスが圧し気味に試合を進めるが、
カンナバーロ、ブフォンを中心としたカテナチオは崩せない。
リベリやジダンの決定的チャンスもゴールにはつながらず、
一方のイタリアはトニに疲れが見れ、ボールをなかなかキープが出来ない。

そして延長後半。
アンリも負傷で交代した直後、事件は起きた
マテラッツィがジダンに密着マークをした後、「何か」を言った。
その挑発にキレたジダンがラフプレー
一発退場となってしまった。

ジズーの現役生活はココで終わった。

Zizu








試合の方はPKとなり、フランス3人目トレゼゲが外してしまい、
イタリアが熱戦を制した。


アズーリ優勝!
試合も白熱して面白かった!!
しかし、なんか後味の悪い結果となってしまった。
いろんな意味で記憶に残る大会にはなったけど。


しかし、そんなジダンが大会のMVP
(ゴールデンボール賞)に輝いた。
ちなみに2位がカンナバーロ、3位がピルロ

ジダンはグループリーグのスイス戦、韓国戦でイエローをもらい、
トーゴ戦は出場停止。
決勝T1回戦のスペイン戦でもまたイエローをもらっている。
そして決勝のイタリア戦であのレッドカード。

つまり、何もラフプレーをしていないのが、
ブラジル戦とポルトガル戦の2試合だけということになる。

史上最多の警告307、退場28という「荒れた」大会に
相応しいMVPということか
。。。


|

« W杯観戦記⑨~3位決定戦~ | トップページ | 英雄の愚行 »

コメント

イタリアの選手が何を言ったのかで
色んな疑惑が出てますね。

まあ、そりゃあね~、
最後の大会なのに思わず頭突きしちゃうくらいだから
よっぽどヒドイこと言われたんでしょうね。(U_U;)

イタリアの選手が「言い訳する必要は無い」とか言ってるって
ニュースで見ましたけど、
じゃあ何を言ったのか言ってみなよー(・3・)、と
思っちゃいました。


ここまで書いて「ばか!」程度のことだったら
どうしよう・・・

投稿: はみばか | 2006年7月12日 (水) 02時42分

まぁ、当事者同士しかわからないですからね。

それにしても、この件に関してはモヤモヤ感が残っています。。。

投稿: CROW | 2006年7月12日 (水) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2600073

この記事へのトラックバック一覧です: W杯観戦記⑩~決勝戦~:

« W杯観戦記⑨~3位決定戦~ | トップページ | 英雄の愚行 »