« 記録継続のプレッシャー | トップページ | W杯観戦記⑩~決勝戦~ »

2006年7月 9日 (日)

W杯観戦記⑨~3位決定戦~

あといよいよ残り2試合かぁ。。。
早いもんだ。

【ドイツ-ポルトガル】
・3-1ドイツ快勝
・上川主審が日本人で始めて
 W杯決勝トーナメントの笛を吹く

3位決定戦という位置づけのこの試合。
どこか消化試合的な雰囲気もある。
ドイツはバラックが欠場、カーンが初めてスタメンで出場。
ポルトガルのフィーゴはベンチスタートとなった。

前半は両GKの攻守もあって、
膠着した展開。
しかし後半11分にドイツがシュバインシュタイガーの
強烈なミドルシュートで先制すると、
その直後にもDFのオウンゴールを誘うFKで追加点。
33分には1点目と同じような場面で
再びミドルシュートを決めて3-0。

その後両チームとも疲れからか、
中盤を省略したカウンターの応酬。
カーンの攻守も光った。
終了間際、ポルトガルは代表引退するフィーゴの
「らしい」クロスをヌーノ・ゴメスが飛び込み
1点を返すが反撃もココまで。

両チームともベテランから若手への
世代交代の時期でもあったけど、
結果的には収穫の多い良い大会だったのだろう。


あと、残すは決勝のみ。
イタリアとフランス。
また今夜も眠れないな。。

|

« 記録継続のプレッシャー | トップページ | W杯観戦記⑩~決勝戦~ »

コメント

ドイツに3点目が入ったところまでは
記憶があるのですが・・・

最後に審判の表彰(?)&挨拶があったらしいことを
後から知りました。

あああ。

あとチョットだったのに~。(;□;)

投稿: はみばか | 2006年7月10日 (月) 01時11分

見ましたよ!!

今後の放送予定のときに、
選手の前に審判団にメダルを掛けていました。

しかも、かつてのスーパースター、
フランスの「将軍」ミッシェル・プラティニから
メダルを掛けてもらっていました!
※ちなみに今日引退するジダンが
 そのプラティニの「後継者」と言われた選手なんです。

スゴイ名誉なことだと思います!!

投稿: CROW | 2006年7月10日 (月) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/2576662

この記事へのトラックバック一覧です: W杯観戦記⑨~3位決定戦~:

« 記録継続のプレッシャー | トップページ | W杯観戦記⑩~決勝戦~ »