« これぞ死闘 | トップページ | 決勝戦再試合について »

2006年8月20日 (日)

COOLとHOT

甲子園、駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦は
延長15回1-1の引き分け再試合となった。

先発ではなかったけど、駒苫・田中
3連投の早実・斎藤の投げ合いはもの凄かった。

この大会はHRが多く打撃戦が多く目立っけど、
決勝で超高校級のピッチャー同士による投手戦は
手に汗握る展開だった。

駒苫・田中は気持ちを前面に出すタイプ。
早実・斎藤はクールで冷静なタイプ。
って一見分けられそうだけど、
田中もピンチを迎えたときには冷静なピッチングをしていたし、
斎藤も最後の本間相手のピッチングは気持ちを前面に出したストレートだった。

あのレベルの選手になると技術はもちろん、
「COOL」な部分と「HOT」の両面を持ち合わせていないと
やっていけないのかもしれないと改めて思った。

明日13時から再試合。
またこの2人は投げるだろう。
しかし田中は体調が万全じゃないし、斎藤は4連投になってしまう。
結果はどうあれ、この2チーム、2人の戦いは間違いなく歴史に残るだろう。

もう1試合、甲子園で、しかも最高の相手と決勝で戦えるなんて
すごくうらやましい。
悔いの残らないように楽しみながら精一杯頑張って欲しい

また田中、斎藤両投手は将来、舞台をプロの世界に移しても
ずっとライバルとして対戦する事になるんだろう

比較される事もあるかもしれないけど、
お互い切磋琢磨して、プロ野球界を引っ張っていくような選手に
大きく育って欲しいな。

その素質は充分あるし。

そして我々ももう一度この熱戦を見ることができる。
また明日も楽しみだ。

|

« これぞ死闘 | トップページ | 決勝戦再試合について »