« COOLとHOT | トップページ | 新たな歴史の1ページ »

2006年8月21日 (月)

決勝戦再試合について

僕の中では、今回の「決勝戦」は昨日で終わりました。
引き分けで両校優勝です。

再試合は「おまけ」みたいな感じで捉えています。
『もう1試合甲子園で、しかも最高の相手と決勝で戦える』
これが両校(両投手)に対する最高のプレゼントだと思っています。

⇒もし今日の試合で10-0でどちらかが負けたとしても、
 その価値を下げたくないんです。

もちろん、今日の試合自体は楽しみにしています。
どうしよっかなぁ。。。

田中はmixiの方で前から何度か書いていましたけど、
去年の段階でNO.1ピッチャーだと思ってました。
(大阪桐蔭/巨人・辻内よりも)
この大会は体調もあんまり良くないらしく、
フォームがバラバラでコントロールが甘い。
でも強い気持ちと技術を駆使して抑えてしまうのがスゴイ

僕の中での大会前の評価が、田中がA+だとすると、
斎藤の評価はA-
でした。
(甲子園出場では大嶺と並んで二番目です)
でも、都大会の決勝で日大三、本大会で大阪桐蔭という
優勝候補を次々と倒していくにつれ、どんどん自信を持っていって、
どんどん安定感も出てきたように思えます。
まちがいなく、彼がこの大会のMVPです。

でも斎藤は早大進学の希望しているらしく、
今秋のドラフトでプロ入りするか微妙
です。
 ※桑田たちの例もあるので、まだわかりませんけど。

身長も(確か176cmだったと思うけど)
そんなに大きい方じゃないので、
できれば早めにプロに行って欲しいと思うんですけどね。。。
久々のアイドル選手だし。

|

« COOLとHOT | トップページ | 新たな歴史の1ページ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/3150144

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝戦再試合について:

« COOLとHOT | トップページ | 新たな歴史の1ページ »