« 「日本らしさ」 | トップページ | これぞ死闘 »

2006年8月17日 (木)

やっぱり動じない!

駒大苫小牧が4点差をひっくり返して、
3年連続のベスト4進出。

⇒詳しい事はわからないけど、
 コレも桑田・清原のPL以来、思いつかない快挙だと思う。

東洋大姫路は田中の不安定な立ち上がりを攻め
林崎のHRなどで4点を先攻し、
それに先発飛石は5回まで完璧に駒苫打線を抑えていた。
(H杉内のようなピッチングだった)

それが一つのフォアボールをきっかけに集中打で同点に追いつき、
次の回にもフォアボールから内野安打で逆転。
8回の最大のピンチも強気なピッチングでしのいで、
劣勢の中で何がきっかけかわからなくても、あれよあれよと勝ってしまう。

やっぱ強いや。


ちなみに準決勝の組み合わせ。
①帝京/智弁和歌山 - 駒大苫小牧
②福知山成美/鹿児島工 - 早稲田実/日大山形


・・・今日の勝ったチーム同士と明日勝ったチーム同士ね。

|

« 「日本らしさ」 | トップページ | これぞ死闘 »

コメント

今年の甲子園の「セーフティリード」って何点なんでしょう。

東洋ー駒大の4点は、もちろん
「ゼンゼン安心できないぞ!」と思ってましたけど
第2試合を見たらあいた口が塞がらなくなりました。

ホームランダービーじゃないんだからさあ・・・(^^;)

投稿: はみばか | 2006年8月17日 (木) 21時43分

セーフティリード??
ありませんよ。そんなの!(^^;)
最後まで諦めず、勝ちたいって強く思ってる方が勝のかな。

まだまだHR出そうですね。こりゃ。。

投稿: CROW | 2006年8月18日 (金) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/3094539

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり動じない!:

» 8月17日 東洋大姫路・飛石欣也投手 [みんなの心に残った甲子園のヒーローは!?]
■王者相手に今までで一番いいピッチング  王者を苦しめた。しかし、勝利には手が届かなかった。  堀口雅司監督が先発に指名したのは、エースの乾真大ではなく、3回戦で好投した飛石欣也だった。朝の練習前に先発を聞かされた飛石は、「すごく楽しみです」と話していた。  1回、3番林崎遼のホームランで2点をもらった飛石。その裏に2死1、3塁のピンチを招くが、得意のけん制球で凌ぐ。ここからは飛石の1人舞台。2回以降はカーブとチェンジアップを巧みに使い、駒大苫小牧打線を翻ろう。初回以外は1人の走者も出さない完ぺきな... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 16時05分

« 「日本らしさ」 | トップページ | これぞ死闘 »