« 再び輝く日! | トップページ | 大きな数字たち »

2006年8月14日 (月)

一皮剥けるか?~Rough Cut Diamond

高校野球真っ盛り。
触発されて近所でキャッチーボールをしてしまった。。

そしてそれ終わりで打ち上げと称して、
ビールを飲みながら高校野球観戦。

今日は沖縄代表・八重山商工が3回戦進出を決めた
・・・けどエースの大嶺は不調で先発を外され、
8回から登板も2失点。
しかしアウトは全部三振。

身体も大きく、ストレートの威力は抜群。
素材は良いんだけど、コントロールは良くないし、
変化球もカーブだけでそれも自信が無いからイマイチ。
⇒3ボールになったら直球だけしか投げられない。

でもそれ以上に、彼には決定的に足りないものがある

強い心

なんか去年の大阪桐蔭・辻内を見てるみたい。
今は一塁を守ってる背番号「4」金城長靖の方が
全然頼りになるって感じだな。

前の試合終了後も伊志嶺監督にこっぴどく怒られたみたいだけど、
今日も怒られてるんだろうな。。

大嶺は今日の試合後のインタビューで
「監督を見返すつもりで次は頑張る」って言ってたけど、
そんな考えじゃ変わらないよ・・・・心配だ。
敵は監督じゃなくて、自分自身の弱さだって

でもその素材は一級品。
この弱点を克服しこの大会で一皮剥けるか?
3回戦もこの粗削りなピッチャーは楽しみだ。

|

« 再び輝く日! | トップページ | 大きな数字たち »

コメント

トラックバックありがとうございました。
トラックバック返し、しました。
今日の試合が、大嶺選手のいい成長刺激になりますように。

投稿: sari@ハレルヤン(礼央化) | 2006年8月14日 (月) 00時46分

こちらこそTBありがとうございます。
本当ですね。
今、逆にあれだけストレートで勝負できるピッチャーは貴重です。

しかし伊志嶺監督怖いです。。。

投稿: CROW | 2006年8月14日 (月) 00時51分

私もテレビ見ながら
「金城クンの方がいいナ」と思っちゃいました。

気が弱くてコントロールの悪い本格派、って
正直、一番見たくないタイプの投手だなァ・・(^^;)

でも彼にはまだ挽回できるチャンスがあるんだから
次に期待したいです。


>しかし伊志嶺監督怖いです。。。
ホント。。
ホームスチールの時も、
先取点が入ったチームの監督とは思えないほど
スゴイ剣幕で怒鳴り散らしてて、びっくりしました(笑)

投稿: はみばか | 2006年8月14日 (月) 02時08分

去年の辻内もいつも終盤はヒヤヒヤでした。
でも立派になってるんで期待しましょう!

金城君は今大会でかなり株を上げたと思います。
彼はハートが強そうだし。
スイッチヒッターなので野手として、
どこかに指名されるかもしれませんね。

>ホームスチールの時
あれってヒットエンドランだったんですね。
スクイズのサイン見逃しで怒ってるのかと思った。
試合後のインタビューも全然喜んでませんでしたね。
まぁ、子供の頃から見てる大嶺は息子みたいなモンなんでしょうけど。

投稿: CROW | 2006年8月14日 (月) 02時37分

初めまして、私のブログにコメントして頂き有難うございます。

大嶺投手・・・今のままなら智弁和歌山戦で先発したらかなりヤヴァイ気がします。制球難に苦しんでストライクを取りにいったところをボコられそうで。

昨日の「熱闘甲子園」を見たら「仕上がりは上々」との事でしたが果たして大丈夫でしょうか・・・^^;。

投稿: tokkey_0524zet | 2006年8月16日 (水) 02時01分

>tokkey_0524zetさん

ある意味、伊志嶺監督の本当の「キモチ」がわかるような気がしてます。
大嶺と心中する気があるのか。

でも金城を先発させて抑えで大嶺の方が怖い気がします。。
大嶺先発で何かあったら金城、の方が安心できるんだけどなぁ。

何とか勝ってもらって、駒苫VS八商工の対決が見たいです。
⇒監督の性格も全く違うんで面白そう。

投稿: CROW | 2006年8月16日 (水) 03時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/3049820

この記事へのトラックバック一覧です: 一皮剥けるか?~Rough Cut Diamond:

» チバった!八重山商工!2勝目! [RAGYAENETC]
初戦に比べて、今日の試合は先取点ゲッツ出来たこともあって、安心して見られました。 雷雨で試合中断する前は、 「あい!ピンチ!」 とヒヤっとしましたけど、金城長靖選手が抑えてくれて、 「ホッ♪」 でも、9回の松代の攻撃、再度ドキドキの波が襲来。 4点差あっ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 00時41分

» 八重山商工が逃げ切り3回戦へ/甲子園8日目 [スポーツ談義あれこれ]
第88回全国高校野球選手権大会8日目第4試合で八重山商工は松代と対戦。5−3で逃げ切り3回戦に駒を進めた。 スターティングメンバーを見て驚いた。八重山商工の先発は二年生の当山。一年生の頃から幾度となく沖縄大会のマウンドには上がっている当山だが、まさかこの大事な...... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 00時49分

» 清峰、第2関門突破ならず;・(ノД`);・八重山商工は3回戦へ。-選手権大会・第8日目- [<徳島早苗の間>]
 ・・・また洒落かと思っていた。予選準決勝の長崎南山戦の様に。 2回戦【第1試合】:  清峰(長崎)   =020 000 004 6  福井商 (福井)=010 401 01× 7   【清】有迫、富尾-田辺 【福商】池本-中尾 【本塁打】佐々木優1号(清)  この試合の清峰は走者を出しても盗塁したりバントしたりといった昨年の相手を引っ掻き回す「機動力野球」が余り見られなかった。(却って「引っ掻き回されていた」。)  余計な点をやり過ぎた。主審のストライクの取り方とか福井商... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 01時36分

» 8月13日 清峰高・広滝航内野手 [みんなの心に残った甲子園のヒーローは!?]
■先輩超え果たせずも「人生の財産」  ついに終わってしまった。しかし、最後まで清峰の野球は貫いた。  先発の有迫亮が打たれ、終始福井商のペースで試合が進む。 9回、得点差は5点。だが清峰ナインはあきらめていない。十八番のビッグイニング、それを信じての攻撃が始まる。1死から7番田辺敏和が死球で出塁。そして8番富尾、9番池野の連打で1点を返すと、1番佐々木優介がバックスクリーンへのホームラン。ついに1点差。ベンチが沸きかえる。  ここでネクストに入った広滝航は静かにバットをみつめる。 「優介(佐々木)が... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 12時56分

« 再び輝く日! | トップページ | 大きな数字たち »