« 新たな歴史の1ページ | トップページ | 間違ってた。。 »

2006年8月22日 (火)

それぞれの秋に向かって

Tanakasaito







早稲田実業初優勝という結果で幕を閉じた甲子園。

そして今後注目されていくのが、
早実・斎藤と、激戦を繰り広げた駒苫・田中の次の舞台。

元々、斎藤の方は早稲田に進学希望とされていたし
この甲子園の前までは「ドラフト候補」ではあったけど、
◎をもらえるほどではなかった。
でもこの大会を通して感じたのは春と比べて大きく成長し、
技術はもちろん、マウンドでの落ち着きなど格段に評価を上げた。

そして、何より甘いマスクでの人気面を考えても、
一躍高校生ドラフト1位候補となった。

本人も、「進学するかプロに行くかまだわからない」と言っているので今後に注目される。

一方の田中。
彼は「世代最高投手」と言われるように、
抜群の安定感で元々ドラフト1位候補だった。
今大会は体調不良もあり、本調子とは程遠かったものの、
その高い評価は変わらない

現状、田中には日ハムと巨人がすでに1位指名を表明している。
また阪神、中日が名電・堂上、広島はPL・前田を表明している。
斎藤に正式に手を挙げる球団はまだいないが、
王監督のソフトバンク、荒木コーチの西武を含めた
残りの球団
(+7球団もしかしたら巨人の鞍替えも?)は、
鷲宮・増渕、八商工・大嶺らを交えた争奪戦が予想される。
これらの動き目が離せない。

実は甲子園決勝再試合が行われた昨日
何かの縁のように、かつて甲子園を沸かせた巨人・桑田がファームでの
5度目の登板
を行った。


Kuwa







今まで調子は上向きだったようだが、
昨日は打球処理で腰を痛めた影響で1回0/3途中降板・・・
いよいよ、本気で巨人の背番号「18」の座も危うくなってきた。。。

桑田は他球団でも続けると言っているけど、
本音はやっぱり巨人の「18」でいて欲しい。
・・・巨人が要らないと言ったとしたら、他球団でも続けて欲しい。

しかし、巨人の思惑として、もし斎藤を獲得できれば、
技術・ハート・スター性・人気ともに問題なく「18」を継承させられる気もするし・・・
⇒申し訳ないけど田中は「18」じゃないと思う。
いずれにしても、桑田の『もう一花』を見たい!!

う~ん。。。今年も「秋」が近づいてるなぁって、
昨日、少し冷たくなった夜の風を浴びながら感じた

|

« 新たな歴史の1ページ | トップページ | 間違ってた。。 »

コメント

ずっと「斉藤君は線が細いから、プロではどうなのかな・・」と思ってたんですけど、
マウンド度胸やここぞという時の集中力には目を見張るものがありますね。

「王子キャラ」だから、
プロで活躍したら女子のハートを鷲掴みにしそうだし!

斉藤君も、田中君も、他の選手も、
ピッチャーで、もしもメジャー行きを希望するなら
FAに10年かかることを考えると
高卒でプロ入りした方がいいと思うんですけど、
一方で高校生ドラフトは逆指名できないからむしろ大学まで行って
ポスティングをさせてくれる球団を逆指名した方がいいのカナ?等々、
オバチャンは若い子達の将来について、いらぬ心配をしてしまいます。(^^)

どっちにしろ今後の動向が楽しみですね♪


>桑田は他球団でも続けると言っているけど、
>本音はやっぱり巨人の「18」でいて欲しい。
>・・・巨人が要らないと言ったとしたら、他球団でも続けて欲しい。

私の心の声が文字になっていました・・・

投稿: はみばか | 2006年8月22日 (火) 11時43分

勝手なイメージですけど、
斎藤は「ヤクルト顔」な気がしてます。
⇒少なくても「在阪・パ(あっ1チームしかないや)」じゃないなぁ(^^;)

完全な偏見。。。

桑田に関して、他の紙面はもっと厳しい内容でした(--;)
せっかく原カントクが見にきた試合(昇格チャンス)だったのに・・・
何か今年は「間」が悪いなぁ。
原カントクに「マスミを再生させる!」って言い切って欲しいな。

投稿: CROW | 2006年8月22日 (火) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/3167075

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの秋に向かって:

» 桑田真澄(読売ジャイアンツ) [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「桑田真澄(読売ジャイアンツ)来季も現役続行を希望、移籍も視野に」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてくださ... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 22時23分

» 桑田真澄。一軍昇格どころか、来季構想外になりました。 [楽天のためいき]
▲賞味期限切れてるもの 読売巨人軍・原辰徳監督が21日、二軍生活が続く桑田真澄投手(38)に見切りをつけました。 イースタン・リーグの東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)に先発した桑田を視察しましたが、ボテボテのゴロを追った後左腰の痛みを訴えて二... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 18時41分

« 新たな歴史の1ページ | トップページ | 間違ってた。。 »