« 大きな数字たち | トップページ | 準々決勝組み合わせ »

2006年8月16日 (水)

動じない強さ!

甲子園、昨日の第一試合の駒大苫小牧-青森山田戦
もの凄い試合になった。


最大6点差からの大逆転

もちろん僕は会社で仕事していたので生で見ていない。
⇒一球速報とかでは追ってたけどね。

駒苫の香田監督は
「絶対的なエースに周囲が気をつかい、『チーム一丸』となるムードに欠けているのではないか」
という理由でエースの田中を温存する作戦に。

しかしそれが裏目で一時は1-7までなってしまった。
このまま負けてしまったら、なんとも悔やんでも悔やみきれない
連覇・連勝のストップを迎える事になってしまうところだった。

だけど、そこからがこのチームの強さ。
不祥事で春の甲子園を逃した事にも、監督の辞任騒動の時にも、
公式戦の連勝、地区予選の圧倒的な強さを見せ付けてくれるなど、
このチームは「動じない」強さを持っている。

一点づつ着実に点を返していき、ついに8回裏には同点に
この時ランナーとして生還した、田中君喜びようがとても印象深い。

9回の表、2アウトから1点を取られてしまうが、
その裏、すぐにHRで同点するなど勢いは完全に駒苫へ。
そして田中が再びヒットで出塁すると、次打者の左中間への打球で1塁から、
次のイニングの登板のことなど考えないくらいの激走でサヨナラのホームを踏んだ
そしてホームベース付近で田中を中心に抱き合っているナインを見て
香田監督が心配していた「チーム一丸」への不安を一掃しただろう。

そして、確信した。
駒大苫小牧高校はすでに強いけど、
さらにどんどん強くなっている。

このチームのゴールはいったいドコにあるのだろう?

|

« 大きな数字たち | トップページ | 準々決勝組み合わせ »

コメント

困ります。

次の相手は東洋大姫路なのに
すっかり「チーム一丸」になっちゃって。

あーあ。

投稿: はみばか | 2006年8月16日 (水) 14時50分

駒苫、ノッちゃいますね(^^)

僕は田中のこれ以上のピッチングが見たいです。
http://www.youtube.com/watch?v=3y2J0_w8UuI&mode=related&search

投稿: CROW | 2006年8月16日 (水) 16時56分

そういえばCROWさんって駒大に縁の方でしたっけ。

次はライバルですね~~♪(^^)
(かなり分が悪いなあ・・)

投稿: はみばか | 2006年8月16日 (水) 18時14分

そうですよ。
校歌もチャンスマーチも一緒だしね(^^)

あと、僕がいたときはいつもライバル心がバチバチでした。
負けませんよ〜!!

投稿: CROW | 2006年8月16日 (水) 20時21分

え?

校歌も???

駒大の付属校って全部大学と同じ校歌なんですか??

投稿: はみばか | 2006年8月17日 (木) 00時30分

どうやら、そうみたいです。

元々、付属少ないですからねぇ。

投稿: CROW | 2006年8月17日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/3079499

この記事へのトラックバック一覧です: 動じない強さ!:

» ≪夏の甲子園≫10日目 駒大苫小牧、東洋大姫路、帝京、鹿児島工 ベスト8へ [局の独り言。]
8月15日(第10日) 3回戦 青森山田(青森) 9 - 10 駒大苫小牧(南北海道) 桐生第一(群馬) 2 - 5 東洋大姫路(兵庫) 帝京(東東京) 5 - 4 福岡工大城東(福岡) 鹿児島工(鹿児島) 9 - 3 香川西(香川)? 駒大苫小牧が10―9で青森山田にサヨナラ勝ち 9回裏駒大苫小牧2死一塁... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 11時47分

» 駒大苫小牧サヨナラ勝ち [しなぷす]
 第88回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、3回戦第1試合は駒大苫小牧(南北海道)が10−9で青森山田(青森)にサヨナラ勝ちした。  駒大苫小牧は1点をリードされた九回、中沢の右越え本塁打で追いつき、二死1塁から三谷の左中間適時打でサヨナラ勝ちした..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 12時29分

» 第88回全国高校野球選手権大会−10日目(3回戦) [BOA SORTE]
第88回全国高校野球選手権大会10日目(3回戦)の結果。 第1試合:駒大苫小牧(南北海道) 10-9 青森山田(青森) 第2試合:桐生第一(群馬) 2-5 東洋大姫路(兵庫) 第3試合:福岡工大城東(福岡) 4-5 帝京(東東京) 第4試合:香川西(香川) 3-9 鹿児島工....... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 13時13分

» 高校野球 第10日目 第1試合 [Sunday Night Party]
劇的サヨナラでベスト8― 大会第10日目第1試合で、駒大苫小牧(南北海道)と青 [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 13時18分

» 駒大苫小牧、劇的サヨナラ勝ち [あれこれ随想記 ]
駒大苫小牧が10―9で青森山田にサヨナラ勝ち (朝日新聞) - goo ニュース >第88回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)第10日の15日、3回戦第1試合で駒大苫小牧(南北海道)と青森山田(青森)が対戦し、駒大苫小牧が最大6点の差を逆転して、10―9でサヨナラ勝ち。史上2校目の大会3連覇へ向けて、8強進出を決めた。 お盆の棚経をしながら、駒大苫小牧の試合経過が気になっていました(汗) 車で�... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 15時26分

» 8月15日 福岡工大城東高・香川英斗内野手 [みんなの心に残った甲子園のヒーローは!?]
■偉大なる『ドカベン』の息子  甲子園2試合目にして初めてのスタメン。今日の新聞を見て知ったという香川英斗の心は踊っていた。「やっと父と同じ舞台に立てる」と……。  香川にとっての偉大な父。それは昭和54年、浪商の捕手として甲子園を沸かせ、『ドカベン』のニックネームでファンに親しまれた伸行氏だ。父はセンバツで準優勝、夏はベスト4まで進んだ。27年たって息子が甲子園に出る、伸行氏も特別な思いだった。  初戦では出番がなかった香川。今日は「3番・サード」で出場。1回裏に迎えた最初の打席。『香川』の名前が... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 16時46分

» 金星まであと一歩 [勝手な言い分]
駒大苫小牧VS青森山田。 テレビを付けたときのスコアは7−4だった。 「え? 駒苫負けている?」が、最初の感想。 しかし、すぐに東北勢である青森山田を応援。 その後ランニングスコアを見て知ったが、この時駒苫は反撃の狼煙を上げた後だった。 7回裏にも1点返して7..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 16時51分

» 駒大苫小牧 6点差を逆転してサヨナラ勝ち [つらつら日暮らし]
もう、棚経途中でラジオを聞きながら、7対1という話を聞いて、「絶体絶命」と覚悟した拙僧。しかし、その後寄ったお檀家さんから「勝ったよ!!」と言っていただき、「何が起こったの?」と思ったのが正直な感想。まさか、こんな勝ち方するなんて・・・ 青森山田   0 4 2 1 0 0 0 1 1  9 駒大苫小牧 0 1 0 1 0 2 1 3 2X 10 ◆登板した投手 駒大苫小牧:岡田-菊地-田中 青森山田�... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 17時38分

» 一世一代の大博打・駒苫-高校野球・夏の甲子園2006 [kojiro-railway-blog]
大会10日目。第一試合の駒苫-青森山田戦は大激戦となった。 駒苫の先発はエースの [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 05時48分

« 大きな数字たち | トップページ | 準々決勝組み合わせ »