« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

REGULAR SEASON 1st PLACE

Regular_season_1st_place




小学1年の時、父親に手をひかれ後楽園球場に行った。
その時見た試合が日本ハム対ロッテの試合。
初めてプロ野球(と、いうか野球自体を)生で観戦した試合だ。
かすかな記憶の中で、はっきりと覚えてることがある。

当時日本ハムの3番バッター・クルーズが放った弾丸ライナーの打球が、
僕らが観戦していたライトスタンドのすぐ上に突き刺さった。
たぶんその時が初めて「野球に魅せられた」瞬間だったと思う。
結局その試合は4番・柏原の決勝HRで日本ハムが勝利した。

その年、日本ハムがパ・リーグを優勝して、
巨人との後楽園決戦を行った。
けれど、正直この年の日本ハム優勝のことは全く覚えていない。

それ以来、西崎を擁しても、大沢親分復活でも、ビッグバン打線でも・・・
何年もなしえなかったシーズン1位の座。
つまり僕自身も初めて味わうこの歓喜。

すごい感動したよ。
ありがとう!!

ホントは今年はこのシーズン1位の座を獲れれば、
それだけで良いと思ってた。

でも、いざそうなってしまうと欲が出るもんだ。
この勢いで、パ・リーグ制覇、日本一、そしてアジア王者へと
どんどん行ってもらいましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

バカは死んでも治らない

昨日は日ハムが快勝してM1。
気分よく朝を迎えたというのに、、、、、

朝から気分を害する記事を見つけてしまった。

その原因を作ったのはコイツ

ちょっと!ちょっとちょっと!!⊂(`o´#⊂(`o´#)

桑田が好きだからって言うわけじゃないけれど、
まだ現役でしかも来年も自分の居場所を模索し頑張っている選手に対して、
公の場で「痛々しい」って言えるか??

 ⇒こんなネタの例として使われた本人や家族や関係者やファンはどう思う?? 
桑田はこんなことでは動じない選手だからまだ大丈夫だと思うけど、
気持ちの弱い人間だったらどう思うよ?

しかも元この国のトップにいた人がさぁ。
場末の居酒屋でサラリーマンが愚痴ってるわけじゃないんだよ!
自分の立場や影響力やその場の雰囲気とか空気とか
全く読んだり感じたりできない「バカ」としか言いようが無い。

そういや、コイツは、昔から「バカ」迷言を繰り返してきた。
その「バカ」な性格は一生変わらないのね。

この人も変わってるって言われていたけど、コイツみたいに「バカ」では無かった。

こっちの人も後見人がコイツだって言うんだから日本は心配だ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ついに来た!

今日のパ・リーグ。
エース松坂が登板した首位西武がロッテに敗戦

日本ハム-ソフトバンクは
ルーキー八木対防御率1点台のエース斉藤。
やっぱり勝負はやってみなきゃわからない。
終わってみれば8-0の快勝!!

本当に良い展開で、感動した。
でも、一番ホッとしてるのは金村かもしれないな。

これで、パ・リーグでも1位の座を目指した
稀に見る三つ巴の戦いからソフトバンクが脱落。3位決定。
しかし、明日の最終日まで日本ハムと西武が
しのぎを削る事となった。

今シーズンはこれだけ盛り上がったんだから、
プレーオフなんていらないなぁなんてワガママにも思ってしまう。

何はともあれ明日。あと1試合。
日本ハムは勝つか引き分けで1位が確定。
日ハムが負けても西武が勝てなければ、やはり日ハムが1位。
断然有利な状況に。

でも、最後まで気を抜かず、1点づつ、1アウトづつ丁寧に、
チーム一丸となって1位の座を獲得してほしい!

頑張れ!ファイターズ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月25日 (月)

とまどいの週末~週明け

週末から今日まで、いろんなことがありすぎた。
このページのデザインを変えてから、
あまりいい事はなかったので、今日から元に戻します。

まず、桑田退団騒動について。

僕は桑田投手が好きです
小学生みたいな文章だけど、それしか言いようがない。。。
小学3年の時から24年間、桑田を見続けているし。

その桑田が、このWEBへの書き込みを発端に、
退団騒動へとなった。

巨人での最終登板となった昨日は、
3000人以上の「桑田ファン」が集まった
実はmixiのここのトピの方が状況が伝わりやすい。
 ⇒巨人ファンでない桑田ファンが実況中継しています。

もう、別に何か言うべきことは無いんだけど、
本人が納得し後悔しない道を選択してくれれば、
それを尊重し、これからも応援していきたいと思ってます。

日本ハム・ソフトバンク連敗、西武がM2

日ハムはロッテ2連戦に、結果的には最低でも1勝しておけば、、、、
って感じだったんだけど、もう終わってしまったことは仕方ない。
泣いても笑ってもあと2試合。
普段どおり全力でチーム一丸となって頑張ってほしい!!

そんな中、チームに水を差した、金村騒動

これを聞いたときには、本当に悲しく、情けなく思った
でも、本人も謝罪し反省しているので
POは出場禁止になってしまったけど、
その悔しい思いを日本シリーズや今後にぶつけてもらえればいいと思う

あと今日は高校生ドラフトがあった。
結果はこちら

個人的に驚いたのは、
千葉ロッテが大嶺を指名し交渉権を獲得したのと、
日ハムの4巡目にダースがいた事。
 ⇒これは早大・宮本を獲得するための布石か?

前から注目していた大嶺以外の4選手、
NO.1投手の駒苫・田中は楽天、
NO.1野手の名電・堂上は中日、
サイドスローで149キロの鷲宮・増渕はヤクルトが競合を制し、
「桑田2世」PL・前田は広島が単独指名。

田中を逃した日ハムは、左の本格派吉川と地元北照・植村の好投手と
素材は充分なダースを指名

同じくオリックスも、左の延江と三重・梅村の好投手を指名
横浜は梶谷・高森と打撃の良い左打者を2名も指名。

堂上を逃した阪神は右の強打者の野原、橋本を指名。
巨人は坂本、田中と左右の長距離砲を指名。

まさかの大嶺獲得失敗だったソフトバンクは、
福田、伊奈、李と長打力のある内野手3人
を指名。
増渕を逃した西武は打撃も魅力の木村、朱と好素材の投手2名指名。

全体的には各チームとも良いドラフトになったような気がする。
これからどういう風に成長していくのか、
非常に楽しみです!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

快挙!!!

この日本ハムの快進撃は、これまでに数々の「記録」を達成している。

9/20現在まででも、
八木-武田久-マイケルでのノーヒットノーラン、
球団タイ記録の11連勝、ダルビッシュの10連勝、
マイケルの38Sはパ・リーグタイ、武田久はホールド王決定、
ガッツはHRトップ(32本)、賢介は犠打数リーグトップ(34)、
稲葉自己最高のHR数(26本)、八木の新人王も確実、
札幌ドームで4万3473人の超満員が2回、
両リーグ通じて80勝一番乗り・・・などなど・・・

そしてまた一つ、(おそらく、前にも後にも)もうありえないであろう
スゴイ記録が達成された。

それは、、、、

日刊スポーツの一面が、
ここ8日間のうち6日間が日ハム関連という快挙を達成!!

※うち1日は新庄参院選出馬?だけど・・・
内容の詳細はこちらへ
一面を取れなかった日はゴジラ松井の4安打復帰と
山本昌のセ・リーグ天王山での最年長ノーヒットノーランという
大きいニュースでの一面を「譲渡」。コレは仕方ない。

しかしこの一面獲得率75%というのは、巨人でもサッカー日本代表でも
なかなか無いんじゃないかな。

そして今日は松坂の力投・西武マジック点灯を抑えての一面。
思えば、4月16日(日)に前日八木-武田久-マイケルが延長で
ノーヒットノーランを達成した時でさえ一面で取り上げてくれなかったのに・・・
あぁ、あの頃が懐かしい・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

この勢いで、どんどん一面獲得できるように
これからも頑張ってもらいましょう!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

あと4つ。

 最近日ハムネタばかり・・・今日もだけどね(^^)

日本ハムファイターズが両リーグを通じて80勝一番乗り。
マイケルの38Sはパ・リーグタイ記録

コレも凄いなぁ。。。

あと日ハムは残り試合が4試合
千葉ロッテとソフトバンクが各2試合づつ。
でも、もしこの4試合を全部勝っても、
2位の西武が残り5試合を全部勝ったら
勝率でトップに躍り出る。

西武は日ハム、ソフトバンクと直接対決が無いから、
つまり西武に「マジック5」が点灯したってこと。

もう、この段階では他のチームの動向を考えるより、
目の前の1つ1つをチーム一丸となって勝っていくしかない。
その結果、抜かれたとしても仕方ないよ。。

昨日も今日もピッチャーは頑張ってるけど、
打線の内容は決して良くない。バントミスも多いし。。。
でもどんな形でも勝っていくこと。
それが重要だし、それができてる今のチームは本当に凄い。
8月19日からだと今日まで21勝4敗という
4月の巨人もびっくりのハイペース!!

次は土曜日まで少し時間があくけど、
「切れない」ように・・・
とにかく1つ1つ・・・頑張れぇ~!!

ちなみに土曜日はGYAOで生中継がみられます。ネット中継最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

復活祭!!

今日は11時から吉野家の牛丼復活祭
天気も良くないしどんなもんかなぁと思って、
14時過ぎに覗いてみたら、
驚きの50人以上の行列!!!!!
中には明らかに「今まで吉野家牛丼なんて食った事無いだろう!」
っていうオバチャン軍団まで。。。
ここ数日間のパブリ効果は凄かったんだなぁ。。。
この時間でこの行列ってことは、
いったい、11時にはどんな感じだったんだろう???

ちなみに僕は、今日食べる気は無かったんで、
スルーして帰宅しましたけどね(^^;)

復活といえば・・・

今日ソフトバンクが西武に勝利したので、
今夜日ハムが楽天に勝つと、
5月11日以来の1位に「復活」です。

⇒ちょっと無理やり(。。;)

日ハムは他の2チームに比べると、
勢いは一番あるけど、経験が絶対的に少ない。
この混戦の中、一度でも首位に立つことが、
来年以降にも大きな経験になるので、
今夜は絶対に負けられない!
しかも相手はケガから「復活」したばかりのエース岩隈だし。

そして勝ったら、今夜は「復活祭」だぁ~!!
チーム一丸となって今日も頑張れ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月17日 (日)

2位浮上!

今日はパ・リーグ3強で、
日ハムだけが勝利(^^)

ダルの好投(10連勝)、スバラシイ!!
最近勝ってる試合はほとんど初回に点を取れてるし、
この強力打線は心強い!!

しかし今日は中継が見られず、
公式HPの速報のみ。
何とかしたいこの状況・・・・orz

だからyahoo!でソフトバンク-楽天戦を見ていた。
一場は良かっただけに初回の一人相撲が・・・もったいない!
あと、飯田には驚かされたよ。
でも楽天よくやってくれたよ!ありがとう!!
そしてオリックスも明日もお願いします!!

これで日ハムは再び0.5ゲーム差の2位浮上。
ただし引き分けがない分、勝率の差で不利な状況。
 ⇒ゲーム差で追いついても勝率では勝てない。
まぁ、とにかく一つ一つ勝っていくしかないか。
明日も頼むよ!!金村!!

でも今日はなんと言っても
山本昌の最年長ノーヒットノーラン達成!!
41歳。スゴイなぁ。130キロそこそこしか出ないのに。しかもエラー1つの「準完全試合」。
中日にとってもこの連勝は大きい。
決まってしまった感があるなぁ。

あとJリーグでは浦和も快勝!!
こちらも暫定ながら(明日の川崎次第)、2位浮上。
これまた中継が見れなかった。。。。
早くこの環境をなんとかしないと!

| | コメント (2)

2006年9月14日 (木)

イタイョ。。。。

イタすぎるよ・・・
ファイターズ、昨日の敗戦は。。。

30歳を過ぎてるのに、いまだに母親のことを「ママ」って呼んでるヤツくらい
イタイよ(ノ_<。)

思ったことをほとんどガンちゃんが言っているけど
あと、ミスも多かったし、エトゥの前のオカワリ君へのデッドボールも痛かったけど・・・
何より昨日のヒルマン采配にはちょっと不満が残ってしまった
 ・トーマスの代え時(満塁の時点で交代でしょ!!)
 ・7回SHINJOヒットの後、稲田のところは代打だろ??(マシー、小田は何のため??)
 ・8回の金子の代打がなぜに紺田??(これも、マシー、小田、ユキオさん・・・)
なんか、「試合を捨ててしまった」というのを感じてしまった。。
ホントはそんなこと無いと思うけど、自分がそう感じてしまった事が悲しい。

昨日の松坂は「世界最高投手」らしく、打ち崩すのは困難だったと思うけど、
どうせダメならユキオさん出して球場の雰囲気を変えるのも一つの手じゃん!!

もっと「なりふりかまわず」くらいの采配をして欲しかったな。。。

まぁ、終わってしまったことは仕方ないので、
ガンちゃんの言うとおり、次のロッテ戦からまた新たな気持ちで頑張って欲しい!!

そして松坂にはPOでリベンジを!!
⇒そしてアメリカへ送り出してあげましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月13日 (水)

今日も絶対勝つ!!

~絶対に負けられない戦いが、そこにはある。~
ご存知、テレ朝がサッカーW杯予選に使っていた合言葉。

今日の日ハム-西武最終戦は両者にとって、
単に1/136ではなくて、このコトバがまさしく当てはまる。

今日の試合、西武の先発は、日本ハムにとっては現在6連敗中と苦手で、
WBCで「世界最高投手」となった松坂大輔
相手にとって不足は無い。

この「世界最高投手」の、
「片岡さん、奈良原さんのような、いやらしい打者がいたころは
 苦手だったけど、今は・・・」

なんて、ちょっと元近鉄の加藤哲郎っぽい発言も、
練習で鮮やかなヘディングを見せる姿も、
「世界最高投手」だからいいんじゃない。

でもその鼻をへし折る時が最高の舞台でやってきた。

今回の5連勝は田中幸雄キャプテンが中心となってチームを鼓舞しているらしい。
優勝争いをしていなければ、スタメン出場の機会も増え、
とっくに2000本安打を達成しているであろうベテランを中心に、
チーム一丸となって、今日も絶対に勝つ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

エースとは?

パ・リーグは上位3チームがプレーオフ(PO)進出を決めたものの、
現在1.5ゲーム差の中で凌ぎを削っている。

その中で輝きを放っているのが、
「エース」と呼ばれる男たち。

西武・松坂はここ1ヶ月、4連勝中で防御率が1.91って驚異的な
ピッチングを続けている。。。

ソフトバンク・斉藤はオールスター以降負けなしの6連勝中。
今シーズン通算でも防御率は1.68。

現在ではこの松坂と斉藤が球界のNO.1、2の投手だと思う。
特にこの「熱パ」状態となってから、この2人の直球中心の気迫の投球は凄まじい。
松坂は元々高校時代から良く見ていたので、凄さはわかっていたけど、
斉藤は3年前に急に出てきて20勝したけど、最初は正直、
今までにも良く見てきた「ポッと出のマグレですぐに消える」選手だと思ってた。
すみません。。。
でも、いつかの試合で完投した斉藤の最後の球が145キロのフォークだったのを
見た時は度肝を抜かれた。
100球以上投げて最後の球が、145キロ。しかもフォークでって。。本当に凄かった!

悲しいけど日ハムにはこういう「気迫で投げる直球ガンガンの豪腕系」投手がいない。
金村八木・・・抑えのマイケルまでも「キレでかわして勝負する」タイプだし。

ダルは一番近いけど、まだまだ「線」が細い。
⇒9連勝は立派だけどね(^-^)//""パチパチ
※だから、駒苫・田中クンみたいなピッチャーが欲しいな。

また、松坂、斉藤の2人には、彼らに付いてくる「存在感」というか
「威圧感」というか「風格」というか・・・そういうのがあって、
味方にとって「アイツが投げるから安心だ」という雰囲気はとても心強い。

⇒90年代初めの巨人で言うなら斉藤雅樹が投げる時の雰囲気。
ダル、八木はまだ経験が浅いし、、、金村にそれがあるのかというと。。。(UU;)
まだ、彼らが投げるときハラハラしている自分がいる。

球界を代表する「エース」がいるから必ず優勝するとは限らないけど、
その存在がチームにもたらす影響は小さくない。

金村、ダル、八木・・・他にも武田勝、須永、正田、江尻、(田中将??)・・
候補はたくさんいる。
来年は「エース」を育成してもらいたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ラストスパートへ!

昨日は新庄の活躍でオリックス撃破!
プレーオフ進出を決めた

最近好調なチームの中で、
不振が続いていたけど、
こういう試合で決めるのが新庄の凄いところ。
改めて言う事は何も無い。

西武が楽天に負けたため、
同じく斉藤和巳の力投で勝利したソフトバンクと並んで
1.5ゲーム差。

日ハムファンとしては
PO進出は嬉しいんだけど、
今年に限っては、
1位で終わらないと意味が無いと思ってる。
 ⇒もしその結果、POで負けたとしても。。

それには明日からの西武2連戦がスゴク重要
首位西武とは最後の対決だし、
この2連戦は2連勝しないと自力1位も消えてしまう。

この重要な試合に日ハムは八木、武田勝の
ルーキー左腕コンビが登板予定。
一方の西武はギッセル、松坂。
特に水曜日の松坂攻略。
ここがポイントになりそう。

どんな形でもいいから、
なんとか勝って欲しい!
あとはラストスパート!頑張れ!!

それから、今日は早実・斎藤佑樹投手が
早大進学を明言

これで25日の高校生ドラフトの情勢もだいぶわかってきた。

阪神・中日:堂上(名電)
日ハム・楽天・巨人:田中(駒苫)
西武:増渕(鷲宮)
広島:前田(PL)
ソフトバンク:大嶺(八商工)
ヤクルト・横浜・ロッテ・オリックスは増渕、田中、大嶺、前田の誰か。
って感じになりそう。

コチラの動向も注目です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

キゲキ、感激ぃ~♪

タイトル通り、「喜劇」を「観劇」してきた。

昨日、劇団 東京ヴォードビルショー
~アパッチ砦の攻防より~『戸惑いの日曜日』
をサンシャイン劇場で見てきました。

詳しくはこちらを。

この作品は、三谷幸喜氏が脚本、佐藤B作氏が演出で
内容については細かく書きませんが、
とにかく「おもしろい!!」の一言。

役者さんたちのテンポのイイ台詞や掛け合い、
そして細かい動きや絶妙の間、
時計を設置しリアルタイムでの進行・・・
「シチュエーションコメディ」の真髄をたっぷり堪能でき、
まさに「感激」!!

昨日はWOWOWの撮影が入っていたので、
そのうち放送されると思います。
機会があったらぜひ見てください。
本当におもしろいです!

ちなみに東京ヴォードビルショーの次回の本公演は
11月に「エキストラ」という作品がある。

これも三谷幸喜氏の脚本・演出
三谷氏がNHKの「新撰組(主演:香取慎吾)」をやってたとき、
エキストラがたくさんいるのを見て、書きたいと思ったそうです。

これも、また見に行かなきゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

白熱投手戦!

今日もYahoo!動画で観戦!!
F八木、H和田の両サウスポーによるスバラシイ投手戦。
両チーム合わせて5安打というゲームの結果は、
和田に軍配!

・・・けど、6回のスクイズ失敗と
最後のガッツの打球は惜しかったなぁ。。。

改めていい投手だなぁ。。和田は。
今年のドラフトの目玉の近大・大隣もソフトバンク有力だし、
コレは当分「黄金時代」は続きそう。。

八木もよく頑張った!
3安打1失点完投は全く和田に引けをとらない堂々たるピッチング。

でもこれで勝てるかっていうのがルーキーと
日本一もWBCで世界一も経験している投手との差なんだろうか?

まぁ、今日は仕方ないか。。。

今日も西武はロッテに快勝。
これで西武と日ハムは3ゲーム差に。

この3連戦は最悪でも2勝1敗は必要なので、
明日は本当に負けられない試合となった。
明日の先発は[F]武田勝-[H]神内

背番号「38」のサウスポー対決。⇒日ハムはまたルーキー。。

しかし・・・明日は観戦できないのだ・・・。
どんな形でもいいので、勝ってくれぇ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

目指せ てっぺんっ!

「目指せ てっぺんっ」

これは札幌ドームのベンチにお守りのように飾ってあるものです。
イラスト作家「Rico」さんの作品です。
 その他にも色々勇気づけられる、背中を押してくれるような
 作品があるのでご覧下さい。

2ゲーム差で凌ぎを削る「熱パ」の話。
今日から福岡ドームではソフトバンクと日本ハムが3連戦。
一方首位の西武は昨年のチャンピオンのロッテと対戦。

今日は千葉マリンの経過を気にしつつ、
PCでソフトバンク-日ハム戦を観戦。
ありがとう「Yahoo!動画」(^^)
試合は何だかドタバタした展開だったけど、
小笠原のHR等で逆転勝利!!
それに岡島も冷静だったし、稲葉の追加点も大きかった。

思えば日ハムの中で、現在のメンバー中リーグ優勝経験があるのは、
岡島(巨人)、稲葉(ヤクルト)、中島(オリックス)、
そしてSHINJO(サンフランシスコジャイアンツ)くらいかな。。。
こういう混戦の展開になると、経験の少ないチームが不利なんだけど・・・

まぁ、こういう試合で勝利すると「勢い」が出てくるから良いとしよう!

ここに来て調子の落ちてた賢介も復調気味だし、セギもイイ!後はヒチョリがもうちょっと。
そして、明日はホークスキラーの八木。
10勝の壁を破ったルーキーに期待です。

結局、今日は西武と日ハムが勝ち。
1位西武、1.5ゲーム差でソフトバンク、
更に0.5ゲーム差で日本ハムとなった。

残り試合は西武、日ハムが16、ソフトバンクは13。
今年はプレーオフで1勝のアドバンテージをもらえる
そして25年ぶりの「てっぺん」を目指す戦いはまだまだアツイ!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月 4日 (月)

-2

「アンダーツー」って読みます。

全日本女子バレーボール柳本監督が掲げたテーマです。

簡単に言うと個人のミスを2つづつ減らし、
今まで23-25等で競りながら勝てなかった強豪国に勝ち、
ここ数年「5位」だった順位を2つ上げて(数字的には「2」減らし)
「3位」にしよう。
ってことです。

結果は6位でイタリアでの決勝Rに進出。
詳しくはわからないけど、
FIVB(国際バレーボール連盟)は「日本が決勝にいけると想定しておらず、
ブラジルとイタリアの分しか飛行機の手配をしていなかった」
というんだから、
たぶんそれなりの「サプライズ」を起こすことはできたのだろう。

そしてもう1つの、「-2」の戦い。

プロ野球のパ・リーグです。
9/4現在、1位西武、2位ソフトバンク、3位日本ハムの3チームが
2ゲーム差の中でしのぎを削る展開。
今年から1位にチームにはプレーオフでの無条件1勝がかかっているし、
なによりも日本ハムとしては25年ぶりの1位に向けて新庄の引退問題でチームは一丸となってる今年が絶好のチャンス

それには明日からソフトバンク-日本ハムの3連戦がカギを握る
(本当は西武戦も連勝してほしかったが・・・)
もし日本ハムが3連敗するようならば脱落だろう。
⇒この3連戦終了後には、
 西武-ソフトバンク、西武-日ハム、ソフトバンク-日ハムの直接対決は
 各2試合づつしか残っていない。

ここはやはり柳本JAPANにあやかって「-2」精神で行こう!
個人のミスを2つづつ減らし、
惜しいところで負けてる強豪相手に勝利していけば
順位を2つ上げ(数字的には「2」減らし)1位になれる(はず)

さぁ、頑張って応援しなきゃ。

あぁ、そうだ!!
週末バレーを見ていて突っ込みたかったんだ。
今回から背番号の上のネームが愛称になったんだけど、
「KANA」「SHIN」「MAHO」・・・まだ許すよ。。「愛称」だもん。。

「11」番の荒木絵里香選手
大活躍だった・・・けど、
背ネームの「ERICA(エリカ)」の「カ」の部分、
「K」じゃなくて「C」になっている!!!!

ちょっとイラッっと来てしまった。。。。

あと今日から左下に「POST PET占い」を始めました。

どうぞお気軽にやってみてください(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »