« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月30日 (月)

ストーブリーグ本格化

日本シリーズも終わり、
プロ野球ではストーブリーグがこれから本格化する季節になった

「秋」って感じ。
ちょっと寂しいって感情が強いかな。

今年は
・ポスティングでメジャー移籍を狙う松坂、岩村、井川?
・FAの黒田、小笠原
・それから事実上戦力外となった桑田

これらの動向が注目どころ。

その他にも各球団から戦力外となってしまった選手にとっては、
自分の居場所を探すためトライアウトや入団テストを受けるという
とても厳しい「戦い」がまだ残っている。
全ての力をぶつけて精一杯頑張ってください。

日本一になったファイターズでも、
今年の「最強チーム」は解散することになりそうだ。

新庄の引退は前からわかっていたことだけど、
日本一になった翌日の新聞で、
・小笠原のFA移籍(家族がいる在京球団?)
・岡島のFA移籍(メジャーも視野?)
・ヒルマン監督のメジャーの監督就任(レンジャーズ?アスレチックス?パドレス?)、

の3つが報じられ、なんか水を差された気分になったのは事実

まぁ、でもガッツ、岡島が得たFAという権利は、
プロの厳しい世界で長年頑張ってチームに貢献してきた結果の「ご褒美」だし、
ヒルマンもメジャー3球団から監督要請の接触があるなんて最高のタイミングだ。
もちろんファイターズに残ってもらいたい気持ちはあるけど、
本人が「後悔しない選択」をしてくれれば、彼らを応援したいと思う。

また日本シリーズをともに戦っていた、
マシーアスと坪井も戦力外。
特に坪井はポスト新庄の一番手だと思っていたし、
実際日本シリーズの第一戦で代打出場をした時にも、
ものすごく盛り上がってただけに残念だ。
ノムさん拾ってくれないかなぁ。

元々日本ハムという球団は、
(生え抜き・トレード獲得含め)主力選手を晩年にトレードに出したり
戦力外にしたりするケースが多い。
つまり日本ハムで活躍しつつ、そのままキャリアを終わらせる選手が少ない。

※80年以降の主なケース(移籍先)
柏原(T)古屋(T)高代(C)島田誠(H)大宮(D)田村(M)
西崎(L)武田(H)松浦(YB)津野(C)酒井(T)
金石(G)河野(G)島崎(D)下柳(T)芝草(H)入来(メジャー)
野口(T)田口(H)片岡(T)井出(G)上田(D)奈良原(D)・・・

日本ハムで活躍しそのまま引退した選手は
他球団の方が活躍していた落合、高木豊のような選手をのぞくと、
柴田、白井一、広瀬、岩本くらいかな。
※おそらく田中幸雄もそうなるだろうけど。

だからファイターズ一筋の監督というのもまだいないし、
 ⇒白井一幸が史上初でなるかもしれないけど
TV等でファイターズ出身という解説者も少ない。
 ⇒今は大沢親分は別格として岩本、広瀬、西崎くらいかな。
※張本はGっぽいし、島田誠はH寄り

フォローするわけではないけど、
チームの若返りと健全な経営面を考え、
年俸が高いベテラン選手を放出する、
この図式は仕方ないし、ある意味では当然のことだ。

同じ力の若手とベテランがいたとすれば、
通常はベテランよりも将来有望な若手を選択するだろうし。

でもベテラン選手に対する「情」を考えると、
やっぱり寂しい気がするけどね。

はぁ、、、、この時期はなんかドキドキするんだよなぁ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

持ってるわ!!!

Shinjo新庄劇場最終幕。

日本シリーズ第5戦。
北海道日本ハムファイターズ4-1で勝利。
44年ぶりの日本一!!!

新庄は最高の舞台で、最高の引退試合となった。
ブログでも何回書いたかわからないけど、
この人は本当にスゴイよ!!!
本人も言ってたけど「持ってる」よ!!!






最後の打席、新庄らしいフルスイングで三振。
新庄らしい終わり方。

その裏側にあった打席に入る前の谷繁のコトバ
「泣くな!全部まっすぐ投げるから!!」って。
しかもピッチャーは剛速球」の中里。
すごい感動したし、最高に気持ちのいい三振だった。

新庄さん、本当にお疲れさまでした。
ありがとう!!

そしてチームは日本一!!!
ついに「てっぺん!!!」

あぁ、、、いいヒビキだ。

気づいたらファイターズファンになってて
今年で25年。
本当にシンジラレナ~イ♪

札幌では負ける気がしなかったけど、
本当にそうなってしまった。
あの雰囲気こそ「日本一」にふさわしい。

最後の胴上げも、監督より先に新庄、小笠原、田中幸雄と
選手がされるなんて、「らしい」感じがしてとっても良かった。

ナゴヤで観戦した時は負けてしまったけど、
今思えば唯一ユキオさんを見ることができたしよかったのかな。
相手が中日という良いチームだったおかげで、
ずっと展開的にはピンチばかりのギリギリの接戦だったから、
より盛り上がった日本シリーズになった。

それだけに心からうれしいよ。

サイコーだ!!!

みんなみんな、ありがとう!!!

Nipponichi




| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年10月26日 (木)

金村劇場!で王手!!!

泣ける。。。
・・・・・・っていうか泣いてしまった・゚゚・(つД`)・゚・。・

日本シリーズ第4戦@札幌ドームは、
日本ハムが中日を3-0で破り日本一に王手をかけた!!

ひちょり、賢介、稲葉さん、中嶋さん、建山、岡島、マイケル・・・・
SHINJO、ガッツ、セギ、信二、直人、カイチョー・・・・
みんなみんなよくやった!!!!
※2番手の外国人左腕以外は・・・・・

しかし、今日は金村。
おかえりなさい!!!
そして、よく頑張った!!!

試合前のマウンドでの謝罪も。
ヒルマンの5回2アウトとあの時と同じ場面で、
自らマウンドに行ってゲキを飛ばす演出も。
それに応える金村のピッチングも。降板後のコメントも。

そして試合後のヒルマンの勝利監督インタビューも。
金村のヒーローインタビューでの謝罪も。

本当に感動したよ。

はぁ。。。。
何かものすごい脱力感。
でもウレシイ!!

そういや、昔、金村が防御率1位のタイトルを取った時、
「こんなのは欲しくない。チームの優勝が欲しい。」って
言ってたことを思い出した。
本当はそういう選手なんだよ。

金村はこれでまた一皮剥けたかも。
来年ももっともっと頑張ってくれ!!

明日は新庄が爆発の「予定」
なってたって「持ってる」人だから。

楽しみにしてるぞ!

『新庄劇場』最終章!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月25日 (水)

揺れる札幌ドーム

日本シリーズ第3戦
北の大地で初の日本シリーズは、
日本ハムが6-1で中日に逆転勝利!

お見事!!

今日は本当にファイターズらしい勝ち方。

初回、中日が福留のタイムリーで先制するも
すぐにヒチョリの初球ヒットから賢介のバント・フィルダースチョイス、
そしてガッツのフェンス直撃タイムリーで逆転。
8回裏には稲葉の技あり3ランHRで勝負あり。

日ハムの先発は「奇襲」と言われた武田勝だった。
でもアレだけ事前に報道されてたら奇襲も何もないけどね・・・
ルーキーながら5回まで粘りのナイスピッチング。

あとは何と言っても武田久
6回ノーアウト2塁で早々と登板もピシャリと抑え、
8回途中までほぼ完璧な投球。
本当にスゴイ、カッコ良かった!!

でも今日のヒーローは、
札幌ドームに駆け付けたファンでしょう。

あの雰囲気、特に8回の稲葉の打席の前の「揺れ」は凄まじかった。
ナゴヤドームでやりたかったんだけどな。。

ひょっとしたらナゴヤドームでのファイターズファンよりも
もっと肩身の狭い思いをしたんじゃないかな。
これで4万1千人以上の観客での連勝記録は継続中。

そして明日は金村が先発。
最高の雰囲気でバトンを渡せられる。

今日は久がロングリリーフをしたので休ませるためにも、
少しでも長いイニングを投げ、
ヒーローインタビューでファンに謝罪をしてほしい。
元々、チームの勝利に対する執着は人一倍ある選手だから。
頑張れ!!

明日も頼むぞ!ファイターズ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

A to Z

先週末、弘前へ行った。
もちろん青森県の弘前だ。

Nec_0265









奈良美智+grafの『A to Z』を見るのが目的。
10/22(日)までだったので。

このプロジェクトのコンセプトは説明すると難しいのだけど
大正時代に建てられた吉井酒造煉瓦倉庫を舞台に
AからZまでの26個の小屋+αに奈良氏たちの作品が散りばめられており、
今までみんながどこかで感じたことのある記憶を呼び起こし、
また、ここに来たことも新たな記憶となる・・・・
って感じだと思う。
たぶん。

つまりアーティストが作った作品の展覧会ではなく、
来場者が感じることで成り立つ展覧会ということ。

Dscf0963 Dscf0982










元々奈良氏は世界的にも有名なデザイナーということもあり、
我々が行った時も、ファンを初めたくさんの来場者が訪れていた。
感想としては作品の一つ一つの表情もそうなんだけど、
それぞれの小屋の廃材の使用や色使い、展示の手法、
演出照明等の工夫がものすごく感じられ結構楽しかった。

これらの様子は糸井重里氏と奈良氏の対談が一番わかりやすいかも。

まぁ、今回のを契機に、
今年は「芸術の秋」を堪能してみようかな

Dscf1176

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

ごめんよ。。

日本シリーズ第2戦は日本ハムが逆転勝利!!

前の記事で「金子に代打出せ」とか「武田久に2イニングはムリだ」とか・・・
書いてしまったけど、全部逆の結果になった(^^;)

ごめんなさい。

今年のファイターズは、
いつも僕の予想を上回ってくれることを忘れてた。

金子カイチョーの一打も、八木の気迫のピッチングも、
新庄の泥だらけになっての激走も、セギ様の雄叫びHRも、マイケルの締めも・・・・
今日はみんなで「良い勝ち方」をすることができた。

やっぱり紙一重だからミス(谷繁の送球、昌、井上のバント)をした方が、
負けてしまうんだな。
昌さんもいいピッチングだっただけに、
金子へのあの1球は悔いに残るだろう。

今日の勝利でチームはいい状況で札幌へ帰れる。
ちなみに今季、札幌ドームで4万人以上の時は80%の勝率、
4万1千人以上は100%勝利しているとのこと。
一気に行っちゃって欲しいな!!

あと、今日はTV中継(フジ)で見てたけど、
清原は解説がうまいなぁ。って思った。
⇒高木豊とのコンビも。
聞きやすいし、横柄な感じもないし、
交友関係も広いし、経験も豊富だし。
また聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アウェーの洗礼

これがアウェーの雰囲気かぁ。。

昨日の日本シリーズ中日対日本ハムの第一戦を観戦した。

Dscf1141









初体験だった。応援しているチームのファンがこんな圧倒的に少ないという状況は。
三塁側なのに周りはドラ党だらけな状態。
あぁ、中日ファンの「打ちまくれ!」という大合唱が耳に残ってる…
ホントにスゴイ盛り上がりだった。


Dscf1157









もちろん僕は新庄赤Tにユキオユニ。
完全に浮いてる。。

でも先制点の時、喫煙所に数少ないはずのファイターズファンがドコからともなく集まってきて、
モニターで応援しつつピンチを切り抜けたのを確認したあと、
「さぁ、まず1点取ろう!」って誓い合い各自の席へ戻っていった。
片身の狭いファン同士、バラバラの席ながら一体感が生まれた瞬間。
その後は周りを気にせず応援歌も声を出して歌った。
うん、これもアウェーの楽しみ方なんだな。


しかし、井端はウマイ!凄いや。
負けたけどヒチョリの好返球や稲葉、小笠原のガッツプレーも凄まじかった。
賢介、新庄は調子良さそうだし、ダルもコントロールが悪かったけど球は走ってた。
あと代打で登場した坪井、ユキオさんの時の盛り上がりは流れを変える可能性が充分にあった。

ちょっと気になったのは、シーズン終盤から武田久を2イニング目までひっぱると
失点に繋がってしまっているのをわかっているのに、また頼ってしまったのと、
代打要因の使い方。

久と岡島で1回づつって決めたほうがいい。
あと、ダルの代打で坪井と最後にユキオさんが出てきたときは感動した。
→あと一人コールで応援が掻き消されてしまったけど…
でも、右だと高橋信二、左だと小田なんかを金子の所で使ってもらいたかった。
全員で戦ってるのに宝のモチグサレじゃぁ。。。


何はともあれ、切り替えて第2戦。
八木!
中日はマサだろう。
技巧派左腕のルーキー対大ベテラン。

また1点を争うことになるんだろうけど、
今日みたいにミスをしないことが大切。
だけど、小さくならずに、思い切ったプレーをしてほしい。

頼むぞファイターズ!!!

Js

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

めぐりあわせ

やっぱりこれも書いておかなきゃ。

日ハムが優勝し、キャプテンの田中幸雄が胴上げされた。
この記念すべき日に、北海道から遠く離れた甲子園で、
幸雄さんとともに低迷し続けたチームを支えていた
片岡篤史も宙に舞った。

2006101300000026dalspothum000_1

※上田、野口の背中も見える・・・

実はこの選手は高校時代から覚えている選手。
PLの同級生立浪から花束を貰い抱き合うシーンは感動的。
ニュースでしか見てないけど・・・

阪神にFA移籍してからは思うように結果を出し切れなかった。
それでも最後のタイガースファンの暖かい声援も心に残った。

右投げ左打ち実家はヒノキ風呂
リホーム リホーム
片岡篤史

お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月12日 (木)

北海道日本ハムファイターズ25年ぶりの優勝!!

シンジラレナ~イ!!!!

プレーオフを制した日本ハム25年ぶりのパ・リーグ制覇!!
心からうれしい♪
ヒルマン監督、金子会長に続いて、
キャプテン幸雄さんの胴上げ!!!!!
泣けた。

ホークス斉藤はやっぱりスゴイ!
あの球威とコントロールはさすがだ。

でもその現在日本でNo.1のピッチャーに投げ勝った八木。
守備で魅せた金子会長、賢介、稲田、鶴岡。
鉄壁の外野陣森本、新庄、稲葉。

みんなサイコーだ!!!!

最終回の攻撃は、
4万人以上のファンのプレッシャーが出させた四球から、
犠打王・賢介の見事なバント、
2アウト1・2塁での稲葉の打球、セカンドへ劇走でセーフになったガッツ、
その隙にホームへ帰ってきた得点王・ヒチョリの好走塁。

1-0のサヨナラ勝ちは劇的すぎる。

次は中日との日本シリーズ。

POで出番のなかった中継ぎ陣に期待!金村も帰ってくるだろうし。
そしてまだまだ新庄のプレーを見ることができる。

はぁ・・・・何を書いても、
この思いを表現するにはコトバが足りなすぎる気がする。

本当にうれしい!!!
みんなありがとう!!!!

Syui_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月11日 (水)

王手!

日本ハムがソフトバンクを3-1で一蹴。
リーグ優勝まであと1つ!

・・・惚れたよ。
ダルビッシュ!かっこいい!!
なんか、最終戦でのリリーフ登板で一皮向けた感じだ。

「まだまだエースとして、もの足りない」みたいな事を以前書いたけど、
今日のピッチングはエースそのものだった。
ピンチを作っても打たれる気がしない。
最後の138球目も150キロで11奪三振の見事に完投勝利!

これで20歳とは・・・ひょっとしたら桑田以上かも。
恐ろしい。

セギ、新庄、金子もいい所でよく打ったし、
賢介、マシー、鶴岡もよく守った!
そして札幌の雰囲気は何よりも心強い。

しかし、こんなにいい試合なのに地上波の中継がないとは・・・
昨日の中日が優勝した試合もそうだけど、
野球人気低迷⇒中継がなくなる⇒面白い試合もやらない⇒
更に野球人気が下がって行ってしまうという悪循環。
何とかならないもんかな。
明日はテレビ東京でやるらしいけど。
※ちなみにGAORAはビールかけまで中継するそうです。

さぁ、明日の試合はFは八木
Hは中4日と無理させてでも斉藤和巳で行くだろう。
中継ぎに新垣や和田が出てこようが、
もう相手が誰だろうと関係ない。

一気に決める!!

あとはガッツ、稲葉、森本に期待。
全員一丸となって、頼むぞFightrs!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中日ドラゴンズ優勝!

劇的に延長戦を制した、中日が優勝
スゴイ試合だった。

憲伸は調子落としてるみたいだけど、
先発・中継ぎ・抑えとピッチャーは充実してるし、
守りも固いし、
打撃陣も安定してる

しかし福留、ウッズは怖いなぁ。

まぁ、落合監督の涙も見られたし感動したよ。

おめでとう!

阪神もよくここまで頑張ったけど、
大事な直接対決でことごとく負けていたのが痛かった。

中日は勝つべくして優勝した。

来年に期待しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

大詰め。

なんだか怖くなってきたんで、またデザイン変更。

セ・リーグのどちらも負けないという熾烈な優勝争いは、
中日がいよいよM1となった。

おとといの日曜日のこと。
見事に逆転勝ちを収めた中日に対して、
阪神-巨人戦、7回に同点に追いつた阪神は
9回に2死一、三塁のサヨナラのチャンス。
ここでとっておきの代打・今岡は粘ったもののライトフライに打取られた。
そこで何かが「切れたような」気がした。

続く10回表に久保田が集中打を浴びて4失点。

別に、今岡や久保田が悪いわけでも無いと思う。
実力が拮抗しているプロの世界だから、
神がかり的な「運」や「勢い・流れ」みたいなので、
勝負が左右されることが多い

ただ、あの今岡の打席で、ついに「勝負の神」に見放されたような・・・。

そうだ。
今まで中日か阪神か迷っていた「勝負の神」が、
日に決めた瞬間のような気がした。


そして中日は昨日のヤクルト戦も「打つ人」が打ち、「守る人」が守る、
今年を象徴するような見事な快勝だった。
今日は巨人相手に中4日で川上が先発。
一気に決めに来た。どうなるんだろう?

一方のパ・リーグ。
西武とソフトバンクのプレーオフ。
結果論だけど涌井を使わずに負けてしまった西武・・・・
シーズン終盤から絶不調だったソフトバンクは第2戦以降、
松中はここ2年間の悔しい「想い」を爆発させることができ、
新垣の代わりの寺原も好投。
ズレ砲も川崎も大村も調子が上向き。
「王監督のために」を合言葉に、この上ない「勢い」をつけることに成功した。

今年はWBC、早実優勝、そして・・・みたいな
王監督にまつわる所が優勝してきている。
あの松中のインタビューでの涙といい、なんか世論は少し福岡よりかな。。。

日本ハムとしては、札幌初、25年ぶり、新庄引退・・・

「北海道vs福岡」
「25年ぶりvs2年間の屈辱」
「新庄vs王監督」
どちらが勝っても感動的な結果になることは間違いない。

2ndステージ第1戦は明日。
おそらく先発はF・ダルビッシュ-H・杉内。

ホントはソフトバンクに相性のイイ八木の方がいいような気がするけど、
ダルの初戦起用というのは将来のエースとしての期待も込められてるんだろう!!

結果はどうあれ、思い切って行け!
頼むぞ!ダル!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

佑ちゃんとマー君

国体の高校野球決勝戦は、
早実が1-0でまたしても駒苫を破った。

その試合結果以上に、
甲子園を沸かせた斎藤と・田中両投手の投げ合いは
スバラシイものだった。

しかも唯一の得点は斎藤が、もぎ取るなんて
またまた何とも言えないドラマチックな展開。
本当にこの2人は「何か」を持ってるって改めて感じた。

これから、それぞれの道を歩むことになるけど、
また5年後プロの世界でこの2人の戦いを見てみたい。

なにより2人とも、もっともっと大きく育ってほしい!
楽しみだなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

絶妙!坦々マロニー

実は、僕は世界でも有数のマロニー消費者です(^^)v

今回、ひょんなことから「マロニーの坦々麺」という
新商品が出るのを知りネット通販でゲットしました。

で、さっそく作ってみました。
Maro1 ※コレがパッケージの「調理例」






Photo_4 ※コチラが僕の自作です。。。何だろうこのチガイは(UU;)
 ⇒ひき肉とネギは自分で買いました。商品は具無しです。

出来上がりの絵を見て、
自分の能力に愕然としながら、食べてみたところ

!!!

スープがウマイ!!
インスタントラーメン系の坦々麺スープにしては絶妙です。

⇒もちろんゴマの風味、辛さもあり。

当然マロニーとも合うんだけど、
どちらかというとご飯を入れて雑炊みたいにした方が合うかも。。。
⇒スープに惚れ込みすぎて、もはやマロニーほったらかし・・・

2食×6袋で2100円だから175円@1食と安いし。
今ならマロニーちゃんストラップも付いて来ますv
機会があったらお試しください。

ちなみに我が家にはまだ10食分の
坦々マロニーがあります(^~^)

しばらくこの生活だなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

ふたたび。

国体の高校野球決勝戦の組み合わせが決まった。
早実(東京)と駒大苫小牧(北海道)。

最後までドラマチックな展開だなぁ。

今日は佑ちゃんがハンカチで汗を拭くファンサービスのパフォーマンス
昨日は鹿児島工業・今吉の真似をした駒苫・本間がデッドボールで爆笑を取っていたけど
みんな楽しそうにやっている。

明日は本当に「ハンカチ世代」最後の試合。
そして斎藤と田中の投げ合いも。

彼らが悔いの残らないように目一杯楽しめますように。。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »