« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

初体験!

最近ちょっと疲れ気味だったので思い切って行ってきました!

イングランド代表復帰が決まったベッカムや、
ハンカチ王子の佑ちゃんや、
2000本安打の田中幸雄選手や、
あのスペランカー多村や・・・・

数々のアスリートが体験して、
その効果の素晴らしさいろいろと聞いてきた
「酸素カプセル」を初体験!!

ちょっと初めはドキドキでしながらアンケートに答えつつ
「リラックス着」に着替えて、身長を測定。
そのまま店員さんの言われるがままにカプセルにIN!
※カプセルを閉じられしばらくすると気圧が上がってくるので
 「耳抜き」が必要です。(体液に酸素が溶けやすいらしい)

そしてだんだん状況に慣れてきたなぁと思いつつ
心地よいヒーリングミュージックを聴いててら、
すぐに熟睡してしまいました(=_=)zzz

ちなみにこれがカプセルの内側からの写真。
↓↓

200705301645000








※カプセル内では読書や音楽鑑賞や携帯電話・・・なんでもOKなのです。

あっという間に1時間が経ち店員さんに起こされる。
その直後に身長を測ってみると・・・・

なんと2cmも身長がUP!
そして慢性的な肩の凝りも改善されている!!(完全じゃないけど)
なぜだかお腹も空いた。。。(これは効果じゃないのかな?)

今まではタマに指圧へ行っていたんけど、
すぐに元に戻ってしまうよりマッサージより、こっちの方が効果的かも。

帰り際に「おまけ」じゃないけど、全身ブルブルマシーンみたいなのがあって、
誰もいなかったのでそれも体験してきちゃいました。これもイイ!!

また時間があったら行ってみようっと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ノリノリとモンモンと・・・

日本ハムは今日も勝って交流戦も負けなしの8連勝。
投手陣にケガ人が多いなかよく踏ん張っているし、
何よりもヒットが繋がる。
本当に良い状態だ。
この状態が少しでも長く続きますように。

一方で阪神の状態は悪いなぁ。
今日で4連敗だけど内容がひどすぎる。

ヤクルトも調子悪いけどそれ以上だ。
最近ピッチャーは我慢できず、打線も低調で全く繋がらない。
4試合の合計でなんと4得点-33失点。

しかもここに来て矢野、ウィリアムスの離脱も痛いし。
こういう時は何か起爆剤となるべく
若手を使ったりすればいいのだろうけど、
世界記録継続中の金本もいるし、調子の良い桜井をなかなか使えない。
 ⇒元々岡田采配だと使わないんだろうけど。
あのマスターズリーグのようなユニフォームもどうなんだか。。。
白地に黄色だと背番号が見えづらい。。
(横浜の「赤レンガユニ」も・・・だけど。)
早くきっかけをつかんで欲しいね。

残り2試合と佳境を迎えているリーガエスパニョーラでは、
勝ち点で並んでいるレアルのベッカム、バルサのロナウジーニョの両主力に明暗。

当該チーム同士の対戦成績で首位となっているレアルは、
ベッカムの活躍で勝利。すごくキレてる!!
しかも本人はW杯以来の代表復帰決定。
やっぱりランパ+ジェラにはベックスが絡んでこそ
その良さが出るんじゃないだろうか。
ブラジル戦がすごく楽しみだ。
そしてこれで代表100キャップも見えてきた。
本当にノリノリな感じだなぁ。

追ってる立場のバルサもロナウジーニョのゴールで勝って、
食らい付いているものの、そのロナウジーニョが報復行為で退場。
少なくても次節、最悪の場合残り2戦とも出場停止の可能性が。。。

中心選手の明暗があと2試合にどう影響してくるか。
こちらの行方も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZARD

朝、会社のPC交換が終わって、
いろいろ調整している最中にYahoo!のトピックスで知った。
本当に残念で悲しい。

自分はあまり音楽を聴くほうではないのだけれど、
数少ない好きなアーティストの1人だった。
前の車の時にはよく聴いてたなぁ。
恥ずかしいけど、今でも自分自身にハッパを書けるときに
口ずさんだりしてしまう。

こういうニュースは嫌だなぁ。
なんかやりきれない気持ちでいっぱいだ。

心よりご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月27日 (日)

「常勝」軍団にはほど遠い。

愚痴りたくなった。

今日「も」スッキリ勝てなかった。
浦和レッズ×横浜Fマリノス戦。

今月3試合目のスタジアム観戦。
そして観戦試合全てが1-1のドロー。

200705271501001 200705271603000








厳しい日程の中で選手に相当疲れが溜まっているのもわかる。
でもそれを補うべくベンチにも優秀なタレントが
控えているんじゃないのかなぁ。

今日の試合も1人しか選手交代のカードを切らなかったオジェック采配。
まぁ、ギドの時からも選手交代は積極的じゃなかったけどね。。。
でも相手の左サイドは本職じゃない那須がやっていて、
精彩を欠いてた山田よりも岡野や永井のスピードを使って
チャンスをもっと生み出すコトや
3バックの1枚を削って勝負に出るといったコトもできたはず。

完全に「宝の持ち腐れ」状態だ。

結果的には勝ち点「1」を獲ったというよりも
また勝ち点「2」を逃すと表現した方がいいだろう。

一方で、ここまで引き分け(=負けない)が多く現在2位につけているのも
ある意味オジェック采配の成果なんだろうから、
単純に否定だけするわけじゃない。

でも試合内容的にも不用意なミスも多くて面白くないんだよなぁ。
ガンバやジェフの方が全然良いサッカーをしているよ。

あぁ、まだ我慢の時期なんだろうか。。。
早く「常勝」軍団となれるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

ACミラン×[レッズ]

2年前の雪辱を晴らしたってことになるんだろうな。

ACミランがリバプールを2-1で破り
UEFAチャンピオンズリーグの王者となった。


個人的にはリバプールに勝って欲しかったんだけど。。
プレミア好きなモンで。

朝3:40すぎに起きて生でTV観戦。
でも正直試合の方はあまりおもしろくなかった。
カカ、ジェラードの両方のキーマンが絶好調って訳じゃなかったし。
時間帯も悪かったんだが、なんか眠い試合。
まぁ、ミランらしい勝ち方といえばそうなんだろうけどね。


このままACミランは今年の秋、
クラブワールドカップで来日することが決定。

・・・ということは、アジアを勝ち抜けば浦和vsミランの可能性も。
[レッズ]の借りは[レッズ]に返してもらいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年5月23日 (水)

やったね!!

嬉しいことは重なるもんだ。

ACLチャンピオンズリーグ。
浦和レッズが川崎フロンターレに続いて8強入り決定。

試合の方は今日「も」引き分け。0-0。
まぁ、いいさ。
ヨーロッパのチャンピオンズリーグだって、
優勝チームがずっと調子がいいわけじゃないし。
とりあえず、上に進むことが大切なんだ。

この後はそれぞれの相手とのホーム&アウェーでの対戦。
アウェーゴールのルールが発生するから、
ホームで相手を完全に封じることが重要。

今度はA3チャンピオンズカップも始まるし。
もっともっとアジアで存在感を示して欲しい。

プロ野球は昨日から交流戦が始まっている。

日本ハムは今日も巨人に勝ってようやく5割復帰。
ダルビッシュの復活完投(もう今シーズン7回目)と
田中幸雄が2000本安打達成後、
札幌ドーム初打席での5号勝ち越し2ラン&ヒーローインタビュー。

やっぱり泣ける・・・

いい連勝だ。
やっぱ4万人以上入った札幌ドームの雰囲気は凄い。
悔しいけど東京ドーム以上だなぁ。。

その他にもハマのおじさん工藤も移籍後初勝利を古巣西武からあげたし。
直前に移籍した広島・喜田も阪神・山田の2人ともベンチに入っているし。
(喜田はすでにヒットも打点も挙げてるし)
個人的に注目している阪神・桜井も活躍している。
なんだかいろいろと面白くなってきた。

アメリカではパイレーツ・桑田も背番号18を背負って、初の実戦登板で好投。
やっぱり桑田には「18」が良く似合う。
パイレーツは投手陣が手薄なだけにメジャー昇格が夢ではなくなってきた。
一歩づつ、ゆっくりと、あせらず頑張って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

ビーチバレー

浅尾美和フィーバーもあってビーチバレーが大人気。

「昔だったら」やってみたかったなぁ。
実は中学・高校とバレーボールをやっていたこともあり、
(リベロの無い時代のレシーブ専門要員だったこともあり・・・)
コート内を動き回ることには自信があった。

部活の合宿なんかでタマに2人対2人で勝負することがあったんだけど、
けっこう得意だったし。

でも当時はそんな競技は無かった。
やったことないけど根拠のない自信はすごくある。

あの時だったらぜひともやってみたかったなぁ。

今は見る方がいいけどね・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月19日 (土)

スター誕生の予感

この間は田中幸雄、山崎らベテラン陣が大活躍。
で、今日は個人的に期待している若手選手が活躍した。

特に日本ハムの木下と阪神の桜井。

木下はプロ初勝利を見事な完封で飾った。
ひちょりや金子誠の好守もあったけど立派な結果。
この間もファームとはいえ清水、ゴンザレスを擁する巨人打線を完璧に抑えていたし
今回の相手もソフトバンクなんだからたいしたもんだ。

ファイターズは投手陣が去年の疲労を抱えて厳しい状況なので、
これからもチャンスはたくさんあるはず、
これを活かして大きく育って欲しいな。

もう一人阪神の桜井広大。
プロ初ヒット&初得点は今日の試合の勝利を決定付けた。

センターの守備でもいい動きを見せてたし、
今度は大きなホームランと自慢の強肩を見てみたいな。

PL学園出身、もう6年目になったのかぁ。
高校3年の時に公式戦出場辞退になってしまったのは・・・・
まぁ、でも入団時の背筋力272キロというもの凄い身体能力を誇る天性のパワーヒッター。
友人はパワプロでパワーMAX255で作っていたなぁ。

なんか久々に阪神で「見てみたい」って思える選手な気がする。
最近阪神が強くなったのは良いのだけれど、
「やんちゃ」で「豪快」な見ているだけで楽しい選手というのがいなくなってしまったような。。。
こちらも赤星がいない今この時、スターが生まれる予感がする。

でもその一方で桜井のドラフト同期:喜田剛⇔山田のトレードはちょっと。。。
ウェスタンで2年連続二冠王の実績があり、
去年の最終戦でも大活躍してたのに。
なぜ???
カープにとっては良い補強ができたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

田中幸雄選手

2000本安打達成記念の勝手に略歴です。
※以前に書いたもののリライトです。

ミスターファイターズ田中幸雄選手は、KKと同級生
⇒宮崎県の都城高校2年の春・夏にともにPLと対戦しいずれも敗戦。
⇒特に選抜準決勝でのエース田口(元南海)の好投報われず
  サヨナラエラーで0-1で負けた試合は結構有名。

高校卒業後85年のドラフト3位でファイターズに入団。

しかし当時、同じファイターズに「投手」で
同姓同名の「田中幸雄」選手が在籍していました。
⇒ノーヒットノーラン達成投手
⇒後にドラゴンズへ移籍。

ということで同時期に同姓同名の選手がいたたので
区別される為「コユキ」というあだ名が付けられた。

新聞やバックスクリーンでは、投手の方を「田中幸」
コユキを「田中雄」として表記しました。
⇒投手が移籍後は「田中」、
 しかしすぐに別の「田中」選手が入団してきて(現在では賢介)、
 それ以降ずっと「田中幸」と表記されている。

入団1年目から、ポスト高代として期待され試合に出場していたけど、
強肩のショートにありがちな「送球難」(田口、福留、鴻野淳基など・・・)から
エラーを爆発的に起こしていたけど、
当時の高田監督(現GM)の辛抱もあって強肩を活かした名ショートとなる。
⇒当時西武黄金期の中、田辺を抑えてゴールデングラブ賞や
 ベストナインに選ばれたりします。
イメージとしては.250 HR15本くらいの6番打者でしたけど。

でも、今も抱えている右肘をケガしてしまい
休んでる間に広瀬の台頭もあって
外野へコンバート。

ケガが良くなってきてから打撃も飛躍的に良くなり
.270 HR25本くらいのバッターに変身。
その後上田監督時代に広瀬がサードに回って、
ショートに戻り、95年には打点王に輝く。

⇒イチロー、初芝とタイトルを分け合う。
⇒ちなみに80打点というレベルの低い時代。HR王の小久保も27本。
⇒ショートでの守備機会連続無失策のパ・リーグ記録(現在も最高記録。339回)
⇒ちょうどこの時期に「全打順本塁打」達成!
※ちなみにあと投手・捕手をやれば元ロッテ・オリ・近鉄五十嵐以来の
 「全ポジション経験&全打順本塁打」達成。なんて器用な選手なんだろう。

その後、片岡、ウィルソン、小笠原らの台頭により
「ビッグバン打線」の核弾頭(1番打者)となるが、
2000年以降右肘痛の再発から一塁や外野の守備に付く機会が多くなる。

2003年終了時に2000本安打まであと「99本」だったけど、
04・05・06と出番の少なくなってくなか、同期の清原はもとより、
後から入団したイチロー・野村・古田・石井琢・立浪・松井と次々と抜かれていった。

でもそんな順番なんて関係ない。
元々無口だけどチームの為に背中で引っ張るその姿がみんな大好き。
他球団も含めみんなに愛されている人格者だ。

そして昨日2007年5月17日かつての本拠地東京ドームで2000本安打を達成。

ちなみに球界初のストライキ直後の試合で、
新庄が逆転満塁本塁打を打った試合で、
抱き合って追い抜き幻の本塁打にしてしまったのが、ユキオさんだったのです

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月17日 (木)

ついにこの日がやってきた!

日本ハムファイターズの田中幸雄選手が通算2000本安打を達成
現役22年目。
特に残り99本からのこの3年5ヶ月は応援しているほうもつらかったけど、
本人はもっとつらかったんだろうな。
この2000本は数字以上に「重い」記録だ。
本当に、本当におめでとうございます!!

その瞬間を生で見ることができた。
あの球場全体の雰囲気は言葉では言い表せないほど物凄かった。
しかも目の前で2000本安打を見る機会なんてそうそうないし。
すごく幸せだ。

楽天ファンからもユキオコールや幸雄ジャンプを含む応援歌をしてもらったり、
(日ハムハムからはお返しに山崎の応援歌を歌ったり)
会場全体で盛り上がって凄く感動的なお祭りムードな雰囲気で、
負けてしまったけど楽しかった。
やっぱりコレも幸雄さんの人柄が作り出すものなんだな。

幸雄さんにとって「東京ドーム」での偉業達成というのは運命だ
今までの節目は全て東京ドームだったし、
札幌のファンには申し訳ないけど、幸雄さんは東京ドームで育った選手だしね。

去年日本ハムが日本一になった時、
嬉しいという事の反面、本当に札幌のチームになったんだなぁと
ちょっと切ない気持ちにもなった。

幸雄さん自身も試合の勝敗と関係の無い所での代打起用ばっかりだったし、
主将だったけど優勝に「貢献した」とは言い難かった。
だけど今回は現在チーム2位のHRなど完全な「戦力」として、
凱旋してきた東京ドーム。

この東京ドームでの達成というのは
昔からの東京のファンにとって最高の贈り物だった

やっぱり幸雄さんには東京ドームが良く似合う!!
本当にありがとうございます!

昨日は楽天・山崎の3HRをはじめ、前田、金本、高橋建、堀、吉田と
ベテラン陣が各地で大活躍。
なんかこの世代の活躍は勝敗を超えてうれしいな。
怪我でリハビリ・調整中の同級生清原・桑田にも刺激になってくれるでしょう。
彼らの復活も待ち遠しい。

幸雄さん自身、「2000本安打は通過点ってわけではない」なんて、すぽるとで言ってたけど、
まだ300HR(あと14本)、400二塁打(あと8本)、
1000得点(あと31点)と他の記録達成も間近。
これらの達成を目指してこれからも頑張ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

あと1本!

幸雄さんがセンター前に1999本目のヒット!!

ついにリーチ。
8回の打席はスゴい雰囲気だったらしい。

結局、行けなかった。。

明日の楽天の先発は山村。
頼むから空気を読んでくれ~m(__)m

明日こそは絶対に行くぞー!
そして泣くぞー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

あと2本!!

幸雄さんが東京ドームでホームラン。

それだけでも嬉しいヒビキなのに、
「弾丸ライナー」で、
しかも相手はゴールデンルーキーのマー君から。
⇒2人の年の差21歳の「田中」対決。

あぁ、今日の試合、見に行きたかったなぁ。

あっ、こんな素晴らしい対戦があったのに、
試合結果なんて気にしませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

粉モンが好き♪

です。
たこ焼きはもちろんお好み焼きももんじゃ焼きも大好き!

で、この間、自由が丘の「喜多由」というお店に行った。
ココは芸能人もよく行っているという話も聞くので、
何度かチャレンジしてみたけど、いつもいつも行列に勝てず今回初めての入店に成功。

店の中は座敷中心のいわゆる「お好み焼き屋さん」って感じ。
実は味は『京風』らしいのだけど、そんなことには全く気付かなかった。。。
ただひたすらに、ふんわり&軽くて美味しいお好みともんじゃを堪能!!
サイドメニューもたくさんあったし、緑茶割りもあったし、なかなかイイ店だった。

Okonomi Monja








けど、結局長居してしまい、店員さんに「待っている人がいるんでそろそろ・・・」と
声をかけられてしまう始末。。。
まぁ仕方ないけどね。

もうちょっとゆっくりできるお好み焼き屋がイイかなぁ。
でも、粉モン最高~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

まっかっか②

5/13(日)のJリーグ、
浦和レッズ×ガンバ大阪の「前半戦の天王山」を見に行った。

観客数は55,000人超。

3日のジェフ戦よりは少なかったモノの、
やっぱりまっかっかだった。

Makka








ちなみにアウェー席との間に空席で境界を作っていたので、その分が少なかったのかな。
↓ジェフとガンバのアウェー席の違い。

Jef Gumba










試合は前半は完全にガンバペース。
遠藤を中心に早いパス回しからのサイド攻撃とバレーのポストプレーが効いていた。
そして案の定先制されてしまいた後も、ガンバペースは変わらず、
みんな良く動くなぁって印象。
特にボランチの明神はカナリ効いてる
スバらしいポジショニングで、伸二やポンテに仕事をさせない。

前半終了間際にポンテのパスにワシントンが抜け出しゴール!!!と思ったら、
なんかよく分からないけどワシンがシジクレイを押したとのファールの判定。。
続いて相手のバックパスをカットしてドリブルしたら、オフサイド????
と、流れも判定もガンバ優勢で前半終了。
※引き上げる審判に対する55000人のブーイングは凄かった。

しかし、正直、前半のデキでは全く勝てる気がしなかったよ。。。

でも後半に入ると、レッズが前線からの積極的なプレスでボールを奪い始めペースを掴む。
特に復帰したばかりの左サイド相馬がキレキレの動きだった。

ワシントンは不可解な判定に反省した(?)審判がくれたラッキーなPKを外したものの、
阿部のクロスを長い足を活かした同点弾!

結果的には1-1のドロー。
色んな見方があると思うけど、数日前にインドネシアから帰国したばかりで
更にしばらく週2回の試合をこなしてきた選手たちはよく頑張っていたと思う。

でもサブにもいい選手がたくさんいる中で、
もっと効果的に交代枠を使ってもいいと思った。

また27日には行きます。
今度は横浜Fマリノス戦。
なんとかスカッと勝ちたいもんだけど。。。

↓遠藤がコーナーキックを蹴る時、
 女性サポが旗でお尻を突き刺しそうなくらいプレッシャーをかけてました。

Endo







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

しびれたぁ~

外は雨。
連休最終日は家でおとなしく日ハム×オリックスを観戦。

先発がF金村、Buセラフィニ。
乱打戦になるかなぁ~幸雄さんは何本打てるかななぁ~
なんて思っていたら、両投手とも調子が良く
予想外の緊迫した投手戦・・・お二人ともスミマセン。。

試合の方は6回に飯山・ひちょりの連続二塁打で先制した
ファイターズが1-0のまま9回に。
ファイターズは好投の金村に代えて絶対的守護神MICHEAL投入。
ここまでは完全な勝ちパターンだった。

しかしこのMICEALが全くストライクが入らず、
まさかの四球、死球、四球でノーアウト満塁の大ピンチ。
しかもバファローズは好調なラロッカ、ローズを迎える場面。

ここで急遽登板となった武田久。
強気のピッチングでラロッカ、ローズを連続三振!
最後は下山をショートゴロに抑えて結局無失点で勝利!!

いやぁ~すごい!
かっこいい!!
しびれたわぁ~!!!
ホント久がいて良かったなぁ。。

試合後の金村と久のヒーローインタビューで、
大人になった金村のブルペンを思いやる気持ちや、
それに応える久の思い。

ちょっと泣きそうになってしまったよ。

こういう試合で感動できるのは嬉しいことだ。

これでファイターズは6連敗のあと、2回目の4連勝。
借金も1となった。

火曜日からはソフトバンク3連戦。
この3連戦をいい流れで迎えることができた。
今日はノーヒットだった幸雄さんも、
不調だったマイケルもやってくれるでしょう!
期待してます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

あと3本!!!

「行くぞ幸雄ホームラン センターオーバーホームラン
  弾丸ライナーだ(JUMP) 飛ばせ運べ幸雄!」

田中幸雄選手の応援歌(闘将会公式サイトより)
この歌がまさに現実に!!
しかもあの広い札幌ドームのバックスクリーン左に打球が消えた。

あの打球は全盛期のような弾道だった。
ここに来てスイングもまた早くなってきたような気がする。
スゴイ選手だ!

明日を含めソフトバンク3連戦と札幌ドームが4試合続く。
なんとか「地元」で決めてほしいなぁ。

あとは明日とかで、ヤンキース松井とネタが被らないように。
それが心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

40万分の1

今日は全国のプロ野球とサッカーJ1J2全ての試合で、
40万人の観客動員だったそうだ。

その中の1人として埼玉スタジアムの浦和レッズ×ジェフ千葉を観戦。
ここではなんと57,440人の観客数!!

もちろんそのうちほとんどはレッズサポ。
周りはどこを見ても赤・赤・赤・赤・赤・・・まっかっか!
冷静に見るとけっこう凄い。

で、試合の方はというと、、、
レッズはジェフの右サイド水野を警戒してか?坪井を左サイドバック、
2列目の飛び出し警戒か?小野を外し啓太、長谷部、阿部のトリプルボランチという布陣。
その結果、サイド攻撃(特に左サイド)の攻撃はほとんど見られなく前の3人の個人技頼み。
守備陣は頑張っていたけど、攻撃が・・・おもしろくない。
一言で言うと単調だ。

まぁ、おかげで空いていた左のスペースに飛び出した啓太へ永井のロングパスが通り、
啓太の見事!な股抜きからグランダーのクロスをワシントンが会わせ先制できたんだけど。
しかし、後半開始早々にジェフに退場者が出て10人となり、
数的有利なはずなのにチャンスをことごとく活かせなかったレッズは同点に追いつかれる。
その後はサイド攻撃をしようとするが、左サイド坪井は守備では頑張っていたけど、
攻撃参加でチャンスを作れない。。。
その局面を打開しようと長谷部⇒平川を投入したのに、
左サイドに張っていた平川は何度呼んでもボールが来ない・・・

挙句の果てには点が欲しい状況なのにFW永井⇒小野投入という不可解な采配。。。
またしても交代枠1つは余らせたままゲームセット。
今日の1-1の引き分けは不完全燃焼。。。
完全に負けに等しいゲーム内容だった。

よっぽどジェフの方が面白く可能性のあるサッカーをしていたよ。
試合終了後の選手挨拶でレッズサポからブーイングが出たけどその気持ちもわかる。

なんかここ最近の結果やチーム状況だと、
嫌だけどオジェック監督に対する批判がどんどんと出てきそうな感じがする。
まぁ、ガンバ、フロンターレ、レイソルも足踏みしたようなので、
気持ちを切り替え6日のアルディージャ戦はスカッ!と勝って欲しい!!

頼むぞレッズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

新丸ビルと東京ミッドタウン

昨日、少し時間があったので、
初めて新丸ビル東京ミッドタウンに行ってみた。
Shinmaru Midue Esca Midshita









まぁ、ある程度予想はしていたものの、
すごい人・人・人・・・・

客層は思っていたよりも、
50~60代くらいのおばちゃんがけっこう多かった
お元気なことで、何よりです。

個人的には特に買いたいものなんて無いし、
カフェも禁煙なので、結局ぶらっと歩いてまわっただけだった。
そしてただただ疲れただけ。。。

新丸ビルのとなりの「旧」丸ビル1Fでは、
『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2007』
プレイベントをやっていたのだけど、
そちらの方がおもしろかった。

う~ん。
新しい施設ができるのはいいんだけど、
その違いも良さも正直自分には分からないや。
もう、しばらく行かないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »