« 酒井が神戸へ | トップページ | 『エースで4番』 »

2007年7月30日 (月)

いい薬だ

アジア杯4位に終わったオシムジャパン。
オシム解任を求めたり否定的な意見が多いみたいだけど、
個人的にはそうは思ってなくて、逆に負けたことで
課題がハッキリわかったし、良かったんじゃないかなって思う。

もし結果がついてきたとして、安全第一のボール回しばっかのサッカーを
「日本らしさ」っていって、ずっと続けていく方がつまらない。

キープしてボール回しからのサイド攻撃を基本として、
この大会でほとんど見られなかった個人での仕掛けを
エッセンスとして加えていけば、おもしろくなるような気がしてる。

次の選手選考では、個人で仕掛けられるドリブラータイプは選ばれるだろうけど、
俊輔、遠藤が疲れた時に安心して代えられるゲームメーカーも必要だと思った。
周りが疲れている時こそキラーパスが活きてくるのに
一緒になって疲れてしまって、ヒサトや羽生のような
フレッシュなボールを受ける選手を入れてもうまく活かせず、効果があまり無かったし。

あとミドルを含めてシュートが少ないのは今に始まった事ではないけど、
今回は特に選手たちも痛感しただろうから、次は期待するよ。

一番大きな収穫は、いつもオシム監督のいいなりのままじゃダメだって、
気付いたことじゃないかな。

実際にプレーするのは選手なんだから。

メンバー選考を含めて次の日本代表がどう変わっていくか楽しみになってきたよ。

|

« 酒井が神戸へ | トップページ | 『エースで4番』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/7327618

この記事へのトラックバック一覧です: いい薬だ:

« 酒井が神戸へ | トップページ | 『エースで4番』 »