« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

マイナーチェンジ

このブログ、去年の4月から初めて
もうすぐ300記事になる。

本来、飽きっぽい性格なのに
よく続いているもんだ。

最初は特にテーマを決めていなかったんだけど、
結果的には、ほとんど野球ネタだった。
それも日ハム関連の。

右の欄のカテゴリーを最小限にしてたんだけど、
「野球」を選択するとほとんどの記事が表示されることに
最近気がついた。
日ハムネタも甲子園ネタも他のチームの観戦や情報ネタも
全部「野球」だったからね。

で、ちょっと主なネタのカテゴリーを増やして再整理。
野球は日ハム、それ以外、高校野球、KK、選手に細分化。
ついでにサッカーってのも、浦和レッズと日本代表を追加。

・・・実はコレ、地味な作業でやってみたら結構大変だった。。。

はぁ。
コレは誰かのために役立ったのかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

まだ首位。

日本ハムは3連敗。
好不調のバロメーターでいうと、
8連勝が終わったあとの不調のゾーンに入っている。

でも、まだ2位のロッテと2.5ゲーム差も開いているし、
我慢をしてればまた調子も上がってくるだろう。
だから今は待つしかない。
明日をダルビッシュで乗り切れば、
9月の日程は楽になるしね。

今日は1番ひちょり、2番賢介、3番工藤の打順だった。
個人的には好きな打線。

スーパーカートリオみたいだし。

でも現状は、
9番に賢介、2番に工藤でも面白いかなぁって思ってる。
①ひちょり8
②工藤7
③稲葉9
④セギ3
⑤信二2
⑥坪井DH
⑦小谷野5
⑧金子6
⑨賢介4
の並びがいいなぁ。
ダル・八木が先発の時は鶴岡がキャッチャー8番で、
信二をDHで坪井OUT、以下上に。
もう左右のバランスとか言ってられないし。

この間工藤を上位にって書いたら、
実現したんで、書いてみた。

さぁ、どうなるかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

神になりつつある。

昨日も阪神・桧山が打った。
代打で、あわやHRの見事なタイムリー。
甘い球とはいえ中田のストレートをセンターオーバー!たいしたもんだ。

先日、神宮球場にヤクルト×阪神戦を見に行った。
試合はヤクルトが8-1で大勝だったけど、
阪神の得点は唯一、代打桧山のタイムリーだった。

桧山といえば、先日の代打満塁HRを打った後、
ZAKZAKにカナリ失礼な記事が載っていた。
当時からからあまり目立っていないってどういうこと!?ヽ(`Д´)ノ
4番だったっつうの!!

でも、記事の中にあるとおり、
桧山の応援歌はみんな知ってるから大合唱で一番盛り上がるのは本当だ。
  実は昔、自作で着メロ作ってた頃、この応援歌にしてたこともある。
  あと新庄のもね。

しかもこの応援歌は一切メガホンを叩いたりや手拍子や太鼓がなく、
全て振り付けなので、静かな空間に応援歌だけがこだまする・・・
普段と違ってすごく心地いい雰囲気になる

彼自身も推奨している応援歌の「桧山ダンス」
来年もできるよね!?

桧山! 桧山!! ヒ・ヤ・マ!!!
(阪神タイガース私設応援団の「名前三唱」より・・・何が言いたいんだ?コレ??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

シャアのCM

TVを何気なく見ていたら、
見覚えのある映像と声が・・・

ケツメイシのニューアルバム『ケツノポリス5』のCMだったけど、
シャアが整備兵と会話しながら手を振ってジオングへ乗り込むシーン。

いい場面のアフレコ使ったなぁ。

200708252226000_3 200708252228000_5 200708252230000_3 200708252230001_3








整備兵「いかがですか?大佐。」
シャア「上出来だな。完成はいつ頃だ?」
整備兵「8月29日です。」
シャア「すぐだな。私のパーソナルカラーで頼む。」
整備兵「はっ!了解しました。」

その後のナレーションも同じ永井一郎さんだし。

こうやってプロモーションは広がっていく。
赤いパッケージで大成功だな。ケツメイシ。

で、実際のセリフは以下のような感じ。

整備兵「80%!? 冗談じゃありません!
     現状でジオングの性能は100%出せます!」
シャア「足が付いていないようだが・・・」
整備兵「あんなの飾りです!偉い人にはそれがわからんのです!!」
シャア「使い方は先の説明でわかるが、サイコミュ・・・私に使えるか?」
整備兵「大佐のニュータイプ能力は未知数です。
     保証できるわけありません。」
シャア「はっきり言う。気に入らんな。」
整備兵「どうも。。気休めかもしれませんが、大佐ならうまくやれますよ!」
シャア「ありがとう。信じよう。」

これがわかる人、
立派なガンダムマニアです。

CMを探そうと思っていたら、
こんなの見つけた。
ネスカフェのCMで「違いがわかる男。シャア・アズナブル

これまたハマリ過ぎてておもしろい!

あとシャア風のCMとして
ドコモのラジオCMもおもしろい。
シャアが兄、アムロが弟(名前は出ないけど)の設定です。

http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/
ヒマな方はどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月24日 (金)

初体験!!!

今日は近所の溝の口温泉に行ってみた。
平日のお昼だから空いてるだろうと思ったけど、
想像以上に混んでてびっくり。
しかも若い人もけっこう多かったし。

で、前々から興味のあった
「岩盤浴」を初体験!
勝手なイメージをしては
大きな焼き石?のようなのに横になると思ってたんだけど、
思ったより普通の石の素材の床。
(どっかのビルのロビーみたいな)
中はガラーンとひろく、
専用着を着用して、大きなタオルを床に敷いて横になる。
ただそれだけ。

感覚としては、非常に蒸し暑い日に
クーラーの効かない部屋で、ただただ寝てるだけって感じ。
まぁ、それは汗をかくよなぁ。。。

なんかこれなら自分の部屋でもできるんじゃないかって
感じもした。
時々出るスチームに「体に良い成分」が含まれてるんだろうけどね。


その他にも色んな温泉に入ったりして
3時間くらい堪能させていただいた。
岩盤浴が良いか悪いか別として、
なかなか良い所だったなぁ。安いし。

また行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

また1-0

これが、日本ハムの勝ち方です。

ダルビッシュは今日も良かった。

安定感も抜群だったし、

120球以上投げてる9回でもコンスタントに150キロも出る。

すばらしい!!


・1-0マニアの方

・好投マニアの方

・好守マニアの方

・接戦マニアの方

・貧打マニアの方

・残塁マニアの方

今、日本ハムファイターズが一番アツイですよ~~


正直こんな試合ばっかで、球場に足を運んでいく人が

少なくなってしまうんじゃないかって少し心配。


サッカーの日本代表・五輪代表も同じような感じだな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

終わってなかった。

先日、「夏の甲子園が終わった」って書いてしまったけど、
終わっていなかったよ。

佐賀北が広陵を破って初優勝!
おめでとう!!

これまたスゴイ試合だった。

0-2からこの大会ずっと無失点を続けていた
久保を早めに投入したときは、
まだおもしろくなると思っていたけど、
7回に2点追加され0-4となった時には
久保のツキとともに、
佐賀北の快進撃は終わったなって思ってしまった。

8回ウラ、それまで1安打と完璧に抑えられていた
広陵・野村から久保がヒットで出塁すると
連続安打と四球で満塁。
このあたりから何か妙な空気が流れ始めた。

続く、準々決勝で帝京・垣ヶ原からサヨナラヒットを打った
2番井手が微妙な判定だったけど1-3から四球を選び押し出し。
完全にコレは甲子園球場の雰囲気が生み出した四球のような気がした。

そして3番の副島が3球目のアウトコースのスライダーを
思いっきり振りぬき打球はレフトスタンドへ。
逆転満塁本塁打!!

最後の最後に大きな甲子園のマモノが登場!!
劇的すぎる!!!
決勝戦の満塁HRは94年に優勝した佐賀商以来だっていうから運命も感じる。
そういやあの時も9回に出た決勝満塁HRだった。

しかし、かっこいいなぁ。。
副島は開幕戦と、帝京との死闘の試合と、この決勝戦で3本のHR。
この勝負強さは何なんだろう??
この選手もドラフトで指名されるかもしれない。
あっ、副島の通信簿は満点の5だ!

9回の表広陵は先頭バッターをヒットで出たけど、
次の打者の送りバントで1塁ランナーが一気に空いていた3塁を狙って間一髪アウト。
結果的には痛い走塁ミス。
でも広陵の監督も褒めてたようにこの積極的なプレーは
だれも責めることはできない。

コレも「勢いの差」だったのかな。

やっぱり高校野球はおもしろい!
試合の数だけドラマがあるんだ。

来年もまた楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月21日 (火)

「らしい」勝ち方

今日は久々に早く帰ってきたので
GAORAの「なまら中継」で日本ハム×オリックスを観戦。

試合は1回の表に相手のエラーで得た1点を
武田勝-武田久-マイケルの投手リレーと
バックの好守で完封勝利。

・1-0
・スミイチ
・一桁安打
・勝利打点無し
・鉄壁の守備
・HAM(久&マイケル)必勝リレー

なんとも日本ハム「らしい」勝ち方だ。
もう慣れてきたけどね。

これで武田勝も再び規定投球回数に達して、
防御率が1.87
で2位。
ダルビッシュとグリンも、3位と4位。

みんなよく援護の少ない打線で
我慢のピッチングをしている。
たいしたもんだ。

明日の先発はダルビッシュ。
たまには打線が爆発してもいいんだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

勝手に通信簿

夏の甲子園が終わった。

うそ。ホントは終わってないけど、
自分が楽しみにしていた選手が、
もういなくなっちゃったから。。。

で、元々注目してた10人+途中から気になった選手を、
5点満点で勝手に採点。(あくまで主観)

※長いです。

【元々注目してた選手】
・金光大阪/植松…1

 ⇒中田キラーの片鱗を見せられず。うまくいけばT能見?
・浦学/赤坂…2
 ⇒打者専念でいいと思う。もっと見たかったよ。。。
・帝京/大田…1
 ⇒春の死球の影響からのフォーム崩れが修正できず。。
  じっくり育成できれば大化けの可能性もある。
・常葉菊川/田中…4
 ⇒相変わらずなぜだか打てない。でもこれ以上の
  「のびしろ」をあまり感じないんだよなぁ。キク山田?
・京都外大西/本田…2
 ⇒一昨年の方が衝撃的だった。大きな下半身をもっと活かせればなぁ。
 素材は○。元T中込で終わらないように。
・仙台育英/佐藤…5
 ⇒まちがいなくNO.1投手だった。球威が安定すれば即戦力。
  歌も意外とうまいww

【1・2年生】
・報徳/近田…2

 ⇒体調不良だったらしいので・・・春も見られると信じてる。
・帝京/高島…3
 ⇒3回戦の「覚醒」も、準々決勝の早期降板が悔やまれる。
  あとは変化球と制球力を磨けば、仙台育英/佐藤以上かも。
・常葉菊川/戸狩…3
 ⇒田中が良すぎて出番が無さすぎ。出たら結果を残したけどね。
・花巻東/菊池…2
 ⇒もっと見たかった。素材の良さは感じた。H和田になるかも。

【その他注目(投手)】
・帝京/垣ケ原…5

 ⇒タイミングが取りづらいフォームから球速以上のスピード。
  ハートも強い。去年から大きく成長したなぁ。
・宇治山田/中井…2
 ⇒打者専念の方が良いかも。でも総合力なら赤坂の方が上か。
・常総/清原…4
 ⇒ピッチャーらしいピッチャーだと思った。もっと見たかったなぁ。
   すでに完成されてるのでこれ以上伸びるかちょっと不安。
・新潟明訓/永井…5
 ⇒小さいけど伸びるストレートとフォーク・スライダーが抜群。
  F武田久だ!
・今治西/熊代…5
 ⇒小さい体でも大きく上から投げるところや打撃センスは
  高校時代の桑田だと思った。社会人希望らしいけどすごく楽しみ。
・文星芸大/佐藤…5
 ⇒個人的にNO.1左腕だったと思う。身体が小さいけどそれを補うキレ抜群。
  まだまだ「のびしろ」がありそう。
・大垣日大/森田…4
 ⇒常葉へののリベンジならず。。でもこの選手は何よりスタミナが凄い。
  だんだん速くなるストレートも気持ちがいい。この選手も身体が小さいなぁ。
・佐賀北/久保…5
 ⇒ミスター無失点。それだけでも凄いや。パワプロ的には絶対に「ピンチ○」
  低めのコントロールも抜群。優勝して欲しいな。
・東福岡/水落・・・3
 ⇒サウスポーからのキレイなフォーム。球速も速くなりそう。
  まだ2年なので来年が楽しみ。

【その他注目(野手)】
・広陵/土生・・・4

 ⇒攻守の優れたセンスの持ち主。だんだん調子が上がってきた。
  でも個人的には去年の大阪桐蔭(→明治大)/謝敷の方が良かった気がするけど。
・浦学/鮫島・・・2
 ⇒構えから雰囲気はあったんだけど、爆発できず。
・駒苫/菊池・・・2
 ⇒去年の決勝戦の先発敗戦投手。センターからの見事なバックホーム
  &安打で魅せた。本当は登板して欲しかった。。。
・帝京/中村・・・3
 ⇒不調といわれていたのに結果的にはヒット量産。HRは見られなかったけど。
  何気に足も速いし守備もうまい。でもプロだと小柄な部類になってしまう。
・帝京/杉谷拳・・・3
 ⇒1年からレギュラーの選手。来年はキャプテンだろう。守備も良かった。
  身体が小さいけど仁志のようになりそうな気がする。
・常葉菊川/伊藤・・・4
 ⇒代打HR男。準々決勝でもチャンスでタイムリーのラッキーボーイ。
  結局打率6割。来年は主軸を打つらしい。

結構、来年も楽しみな選手がいる。
さぁ、この中から何人プロで活躍するんだろうか?
ワクワクするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

吹っ飛んだ

昨日は久々に地元の川口で飲んだビール
で、結局朝帰り電車
家に着いたの7:00だったよ・・・orz
まぁ、楽しかったからいいんだけどわーい(嬉しい顔)

帰ってきてすぐに寝たんだけど、
起きたときにはすでに帝京×佐賀北の野球試合が始まってた。
正直、帝京が余裕で勝つだろうな・・・
って勝って思ってた試合。


前半は眠さのおかげで、
見てるんだか寝てるんだかの状態たらーっ(汗)

でも3-3のまま終盤になるにしたがって、
眠さも吹っ飛ぶ凄い試合展開になった。


両チームともにリリーフで出てきた垣ヶ原と久保を中心に
チャンスは作るも得点は許さない堅い守備は本当に素晴らしく、
・帝京セカンド・ショートの井端&荒木のような華麗な連携プレー
・9回裏に1アウト満塁のピンチを凌いだ帝京・垣ヶ原のピッチング
・延長で2度のスクイズをグラブトスで封じた佐賀北・久保
・・・その他にも気がついたら1球1球に興奮していたよ。。

最後は延長13回にセンターのフェンスに激突しながらキャッチした
ファインプレーから「波」を引き寄せた
佐賀北が2アウトからの連打でサヨナラ勝ちexclamation ×2

本当に恐れ入りました。。。

しかし、勝っても負けても両チームは本当に良くやったし感動したexclamation ×2
間違いなく今大会のベストゲームだと思う。

改めて、甲子園はいいなぁわーい(嬉しい顔)
来年こそ絶対に見に行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

じゃあの。

今日は




戸越公園で飲んどった




そしたら隣に




元世界チャンピオンの
竹原慎二がおった




なんか
4500mからのスカイダイビングの
話をしとった




でかい男じゃ




でもこっちは
全く話しかけられなかった




ちっちゃい男じゃのう




じゃあの。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やればできる子

浦和レッズが首位を独走しかけていたガンバ大阪を止めた。
1-0の見事な勝利!

しかもガンバのホーム不敗記録も25で止めて、
なんとかレッズが持つJリーグ記録を更新させなかった。

ヒーローは永井雄一郎。
ワシントン、伸二の欠場で回ってきた久々のスタメン。
逆風やDFに囲まれた状態での巧みなゴールだった。

永井はやればできるんだよ。
高さ+スピード+テクニックのすべてを持っている
元々潜在能力がもの凄く高い選手なのに、
「積極性」に欠けているところが、どうも信頼されきれない部分に思える。

まぁ、この日も最初で最後のシュートだったんだけど、
その他のプレーでも「何かしてやろう」っていう感じは受け取れた。

闘莉王までとは言わないけど、
もっともっと積極性を出していけば、ワシントンのいない今、
レギュラー奪回の大きなチャンスだ。

永井の本当の「覚醒」がはじまるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

覚醒!

仙台育英が負けた・・・
ということで佐藤由規が甲子園を去っていく。

しかし、優勝候補(だと思っている・・・)帝京高校が
神村学園を9-2で破って3回戦進出。

甲子園が始まったときにココに書いた注目選手が
どんどん去っていってしまう中、
この試合で2年生の高島祥平が「覚醒」したと感じた。
初回こそボールが高くコントロールも甘く2失点したものの、
MAX148キロのストレートとスライダー、カーブを交え
11奪三振の見事な完投勝利。

去年1年生ながらベンチに入り智弁和歌山との
歴史的な試合に先発。
1回と1/3しか持たずに降板してしまったため、
9回のピッチャーがいない事件のきっかけを作った投手。

でも元々素材は素晴らしかったし、
都大会でも不調のエース大田を差し置いて重要な試合で先発を任されていた。
後ろに頼れる先輩の垣ヶ原が控えているということもあり、
今日も序盤から飛ばしていった感じだったけど、
この「完投」という結果は大きな自信になったんじゃないかな。

しかし前にも書いたけど、大田阿斗里、垣ヶ原そしてこの高島と
超高校級のピッチャーが3人もいるチームって、やっぱスゴイ。

いろんな面でお互いに影響を与えあってるんだろうか。
あとは大田阿斗里さえ復活できれば完全に優勝すると思うんだけど。

高島は身体的に大きな選手って訳じゃないけど、
2年生で二桁奪三振や148キロというのは去年の佐藤由規と同等レベル。

ってことは、来年は150キロオーバーのもっと大きな選手へと成長している可能性が高い。

しかも帝京は去年からレギュラーの杉谷や、
キャッチャー鎌田の3・5番も2年生。
来年も甲子園にやってくる可能性が非常に高いし。

また将来が楽しみな選手が一人増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『まだだ!まだ終わらんよ!』

Zガンダムでの、シャア(クワトロ・バジーナ)のセリフ
いつもクールなシャアが不利な最終局面で見せた「なにくそ!」って
感情を出しているところ。
シャアの人間的なところが垣間見れて好きなんだな。
このセリフ。
知らない人はタイトルでググってみるとどれだけの影響があるかわかると思います。

どうやらヤンキース井川は残留するようだけど、
パイレーツ桑田真澄投手が解雇通告されてしまった。

最近、打たれまくってたとはいえ、
それ以上に若手へのいい影響を与えているとか、
そういうのも関係なくスパッと解雇されてしまう。
まったくシビアな世界だなぁ。

桑田自身がどう受け止めているかわからないけど、
個人的には、このまま終わってしまうと不完全燃焼な感じがしてる。

このウヤムヤした状態のままで、
桑田のユニフォーム姿を見れなくなるのだけは絶対に嫌だ。

別にメジャーとか日本球界とかそんなのどうでもよくて、
桑田が「楽しみながら野球ができる」という場所を見つけて、
完全に燃え尽きるその瞬間まで、
少しの可能性でもあればそれを信じて前に進んで欲しい。

それを悪あがきだって言われようが、僕は心から応援したい。

大変だと思うけど、もう一度(だけでいいので)頑張って欲しい。

「まだだ!まだ終わらんよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいんだけどさ・・・

仙台育英の佐藤由規投手。
確かに彼は凄く良い投手だし、
今大会ではNO.1の選手だと思う。

でも、最近マスコミがこぞって取り上げ、
スターに仕立てようとしているのが気になる。

熱闘甲子園でも連日特集してるし。

去年のハンカチ王子やマー君のように
スターが出れば大会自体も盛り上がるのもわかる。

まぁ、全国的な注目度で言えば、中田翔が出れなくなった時点で、
常葉菊川の春夏連覇とプロ注目の佐藤くらいだったけどね。

でもこんなに一人の選手に偏った取り上げ方だと、
もし明日敗戦してしまった場合、今後どうなっていくんだろう?

なんだか、そんな要らん心配をしたりして・・・

まだまだ夏の甲子園は始まったばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

増えても困る

今日の甲子園、桐光学園と浦和学園が破れて
来年の90回記念大会に出場枠が「2」に増えるといわれている、
地区大会の参加校が150校を超える
埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫
の6府県の代表校全てが姿を消すという自体に。

そのな地域の代表校を増やして本当にいいのか?って心配にもなってしまう。
出場校が増えても、初戦敗退ばかりじゃあね。。。

来年こそはこれらの地域の代表が甲子園を騒がしてもらわないと!
たのみますっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

いい試合だ!

今日の甲子園の第一試合、
常総学院×京都外大西はおもしろかった!!

※実は会社でチョコチョコ見ていたのです・・・

初めは常総・清原と外大西・白井の投手戦。
両チームの守備も固く、非常にレベルの高い一戦。

最初のチャンスは7回裏の常総。
ノーアウト1・2塁となったところで、
外大西はリリーフエースとなっていた本田拓人を登板。
1年生のときに大車輪の活躍で決勝の駒苫戦まで導いた少年は、
ガッチリと2回りくらい大きくなった印象。
上から投げ下ろす投球フォームは変わっていないけど、
球自体は重くなったような気がする。

本田は、いきなりデッドボールで満塁とピンチを広げてしまうものの、
バックの攻守もあって無失点で切り抜ける。

その後延長まで0-0で進み、
疲れてきた常総・清原が捕まりだし点を取られると、
代打をうまく使った打線が脅威の粘りで2度も追いつく。
しかし最後は鉄壁だった内野守備にミスが出てしまい、
京都外大西が常総学院を振り切ったという展開。

常総の清原は負けはしたものの9回までは
1安打に抑える見事なピッチングだった。
負けてしまった選手の中では、
市船・岩崎と同様にプロでもやっていけそうな素材のピッチャーだと思った。

一方の本田も点は取られたものの、要所でのストレートは球速以上の威力があった。
今日は100球以上も投げたし、
あの大きな下半身を使って投げられるようになれば、すごく楽しみな素材。
江川になれるか中込で終わってしまうか・・・
もしプロに指名されたら大事に育てて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

野球"観戦"三昧

週末は久々に野球観戦三昧。
甲子園に日ハム戦を交えながら。
日ハムは4連勝となった。

圧倒的な強さってないんだけど、
ツイてるというか、持ってるというか・・・・
見ているファンはジレッたくてドキドキして・・・・
感覚としては高校野球を見ているような試合ばっかり。
また、ソレがだんだんたまらなくなってきたよ。

甲子園の方は注目していた選手の中で、
金光大阪・植松、花巻東・菊池、報徳学園・近田は
ほとんど見ることなく、すでに甲子園を去ることになってしまった。

残念だなぁ。
菊池、近田は来年に期待!!
植松は阪神が注目しているらしいけど、指名されるか微妙かも。。
能見、江草、岩田・・・同じようなタイプが多いし。

他にも注目していた選手がいたので付けたし。
初の4年連続決勝進出を狙っていた駒大苫小牧の
センターを守っていた菊池翔太選手。

菊池は去年の準決勝・決勝・決勝再試合の3日間連続で先発したピッチャーだった。
少しでも長いイニングを投げて、田中を休ませたいと思っていたのに、
結果的には早々に田中へスイッチさせられてしまったという
悔しい思いをしていた選手だった。

怪我をしてしまい北海道予選での登板は1試合も無かったけど、
広陵戦の最終回1点差に追い上げた場面で、
自主的に次のイニングから登板するつもりで肩を作っていたらしい。

残念ながらその思いは通じず、チームも負けてしまったけど、
それはそれでドラマがあった。

ここまで(熱闘甲子園を中心に)さーっと見てきて、
なんとなく帝京高校が優勝するんじゃないかと気がしてる。
本来のエース大田阿斗里は相変わらず不調だけれど、
左の垣ヶ原の安定感が抜群だったし、2年生の高島も控えている。
打線は中村を中心に万全。
もともと得点力がある上に超高校級の投手が3人もいるチームはそんなに無い。
※連覇したPLの野村、橋本、岩崎以来かなぁ。

まぁ、コレからもっと熱くなる高校野球。
結果はどうなるにせよ、たくさん楽しませてくれそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

かっちょええなぁ~

日本ハムが楽天に勝利し首位キープ。
ダルビッシュが10勝目と同時に
「狙っていた」というヒーローインタビューをゲット!!

そしてそのお立ち台で
「女優のサエコさんと結婚を前提にお付き合いさせていだいてます」
「嬉しいことに子供を授かることができました」
「家族が増えると思うので、ファンのみなさんも僕たちのことを温かく見守ってください」

と噂されてた結婚&妊娠を堂々と宣言。

いやぁ~とてもすがすがしかった。

でも正直、鳥肌も立った。
ヒーローインタビューでこんな発表するのは史上初じゃないかな。

新庄の引退宣言もそうだったけど、
こういう衝撃的なヒーローインタビューは新しいスタイルになるかもしれない。
なかなか狙ってできるもんじゃないけど、
やってしまうのはスターの証だ。

かっこよかったよ!ダルビッシュ!!

そして
おめでとう!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年8月 7日 (火)

夏の甲子園開幕!

いよいよ明日から始まる。
去年はハンカチ王子とマー君を中心に
大いに盛り上げてくれたけど、
正直今年はその反動もあって盛り上がるかどうか心配だ。

更に大阪桐蔭・中田、成田・唐川、千葉経大付・丸、横浜・高濱
ドラフト上位指名候補が県予選で続々敗れていくという波乱の状況だし・・・

だけど各代表校の顔ぶれを見ると、
「●●県代表といえば・・・」と言って
すぐに出てくるような強豪校/有名校が結構多い感じがする。
あくまで個人的な感想だけどね。

組み合わせや展望はコチラを参照していただくと、、、
特に「Fゾーン」と呼ばれるところは熱いなぁ。面白そう!

そして今回の大会での個人的な注目選手。
仙台育英・佐藤:注目度NO.1のMAX155キロの本格派
浦和学院・赤坂:去年のエースナンバー、今年はライトで打撃専念?
帝京・大田:春に20奪三振も、調子を崩して予選で連続ノックアウト、復調なるか
常葉学園・田中:春の優勝に大きく貢献、去年の秋見た時はこんなに伸びるとは思わなかった・・・
京都外大西・本田:1年生の時、駒苫との決勝まで導いたのが忘れられない
金光大阪・植松:中田キラーの大阪NO.1左腕

しかも今年は2年生・1年生もスゴイ!!
花巻東・菊池:1年生ですでに145キロの速球、キレも抜群
帝京・高島:予選では大田よりも安定感があり信頼を得た、速球も早い
常葉学園・戸狩:先輩田中とそっくりな投球術
報徳学園・近田:大きなカーブが武器の本格派左腕

他にも去年の斎藤のように、
大会を通じて成長する選手が必ず出てくるだろうから、
甲子園は本当に楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球とガンダム

どっちも大好きです♪
というか、正直マニアに近いレベルかも。。。

先日会社の同僚から面白いサイトを教えてもらいました。
その名も「野球とガンダム」
http://www.1101.com/shiranai/index.html

「ほぼ日」のコンテンツの1つなんだけど、
タイトルにあるように改めて
「知らない人は、知らないもんだ」
と気づかせてもらい、同時に爆笑させてもらった。
特にガンダムの方が・・・
※バックナンバーも面白いのでぜひ!

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項として
・けっこう長いので時間のあるときに見てください。
 ⇒その代わり読み出すと止まりません。。。
・会社で見るとニヤけてしまい、変な人(気持ち悪い人)扱いされます。

ちなみに僕は「ハリーポッター」を全く見ていませんが、
魔法学校のメガネの少年(ハリー?)が、
何らかの侵略(学校の乗っ取り?)を企てる妖怪と
覚えたての魔法を駆使して戦う物語と思ってます。
あってんのかな??

たぶん、知らない人はこんな感じなんだろうな(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

我慢のしどころ

今日の日本ハムは3-18の大敗。
しかもエースの金村が3試合連続のKOでファーム落ち。
ロッテファンは今日の試合楽しかっただろうな。。。

これでオールスター後の成績は
4勝9敗。
元々打つチームじゃないけど、
最近はなかなかチャンスすら作れない状態で、
頼りの1・2番も塁に出れず、稲葉も故障を抱えて万全じゃないし、
守備で大きく貢献している金子も腰が悪い・・・
だいたいオールスター後まだホームの札幌で試合をしていないっていう
「死のロード」の日程にも問題があるような気もするし。

チームの状態が1年を通してずっと良いなんてことは
絶対にありえない。
今は我慢のしどころなんだろうな。

でも、ここは1つ、なんか起爆剤となるような
思い切ったコトを仕掛けてもいいような気もするけど。
例えば、数少ない好調を維持している工藤を上位打線に入れたり、
高橋信二を打撃に専念させるためファーストにしたり・・・

まぁ、この悪い状態なのにまだ首位にいるっていうのがスゴイけど。
早く札幌へ帰って調子が上向くことを祈ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

「ER7061」

東芝のHDD内蔵DVDレコーダーのエラーコードです。
先日、雷雨が酷かった時、帰宅したらそのようなメッセージが出ていた。

電源も含めてなんのボタンを押しても効かなくまったく操作不能に。。。
仕方ないのでコンセントを抜き差しして強制的に再起動。
と、同時に「ER7061」をググッてみたら、700件以上もヒット!
同じような被害者がこんなにいるとは・・・・

で、再起動した製品の方は、
新規で録画NG、DVDへのダビングNG、HDに録画した番組の削除NG、
ただHDに録画した番組の再生だけがOKとなっていた。

ネット上の口コミ情報で「初期化をすれば直るかも!」とあったので、
期待して実践してみたけど、やっぱりHDに録画した番組の削除ができず・・・
結局、初期化すらNGだったのね・・・orz

そして次なる対処法を探るべくネットの情報をよくよく読んでいくと、
あることに気がついた。

「ER7061」 ⇒ それは、死の宣告に近いと。 (※後日追記:どうやら「ケーブルの緩み」が原因らしいので、それも合わせてググッて見てください。)

この原因となってるハードディスクの故障は、
・電気屋さんに持っていっても(メーカー:東芝としても)直るかどうかはわかんない。
 ⇒データ消去はできるらしいけど。
・修理に出したとしても期間は1週間か4週間かわからない。
 ⇒今月はお盆休みも挟むし
・しかも保証期間が切れている場合の修理代がかなり高い。
 ⇒新しいの買ったほうがいいくらい

ということで、これから彼(故障したデッキ)には、
録画しして保存したまま削除もできなくなった
「ガンダム」「Zガンダム」「日本ハム優勝特番」・・・などなどの
『再生専用機』としてしばらく活躍してもらうことにして

 (あと先週末の「やりすぎコージー」とか)、
新しい機種の導入を決意しました!

はぁ。。。
今度は5年保証をしておこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

重いのか?軽いのか?

朝青龍は巡業をサボってサッカーやって、2場所の出場停止と謹慎と減俸の処分。
織田信成は飲酒して原付に乗って、国際競技会5カ月、国内競技会3カ月の出場停止。

結局どちらも12月には復帰ができることになるわけだ。

個人的にどちらのスポーツにも詳しく無いので、
これらの処分が重いのか軽いのかはわかんない。

ただメディアのこの両選手の取り上げ方?、というか扱い方?に
差があるような気がしてならない。

個人的な思い込みかもしれないし、極端かもしれないけど、世間全体の雰囲気的には
朝青龍に対しては「ふざけるな!相撲をナメてんのか!!」というような厳しい感じで、
織田に対しては「バカだなぁ。ダメじゃないか」というような悪いことだけど、
ちょっと甘い目で見ているような気がする。

もし、2人が同じスポーツの選手(や同じ職業)で同じような立場だったら、
社会的に危険で悪影響を及ぼすのは明らかに酒気帯び運転のほうだと思うけど・・・
 ⇒例えば、赤城前大臣が酒気帯び運転で検挙されてたら即やめてただろうしね。

まぁ、文化とか協会とかそれぞれの立場の違いとか、
これらの報道がされた後の対応とか、、、色々あるだろうけどね。

別に、朝青龍を擁護したり、織田をこれ以上厳しく責めたりするつもりは無いんだけど、
それぞれ、選手自身のキャラクターというか人間的なイメージって影響するんだなぁって思った。

ただ、あと1つ気になることがある。
琴光喜も大関になったし、もしこれから大関が2場所連続で優勝した場合、
横綱審議委員会はどういう判断をするんだろう。

明らかに「最強の横綱」が不在な状況なんだけど???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »