« いいスタート! | トップページ | [口内環境] »

2007年9月13日 (木)

紙一重

ロッテ×日本ハムの4連戦は面白い試合が続いている。
一昨日の第2戦は「雨で中断」のおかげもあって、
小林雅英劇場が起き、土壇場でのセギの逆転HR。

そして昨日は成瀬×ダルビッシュの投げあいとあって
なかなか締まった良い試合だった。

結果的には3-2でロッテの勝ちだったけど、
一番のキモは7回表の日本ハムの攻撃。

1アウト満塁のチャンスに代打田中幸雄。

ここでヒルマン監督は思いもよらぬ奇策に出た。

スクイズ!!

去年も、一度「代打・田中幸雄」でバントをしているけど、
こんな場面でスゴイ采配だ。
おそらくバッテリーをはじめロッテのナインやベンチ、そして観客の全員が
全く無警戒だっただろう。

見事バントで上手く転がし、
打球を拾った成瀬は1点をあきらめ1塁へ送球。
スクイズ成功・・・と思ったこの時にまた事件がおきた。

幸雄さんの背中に送球が当たって、ボールが大きく跳ね
点々とする間に2点目のランナーもホームイン。

なんてラッキーな逆転なんだって思ったのもつかの間、
幸雄さんの1塁への走塁が守備妨害となってアウト。

打者ランナーが1塁へ到達する前の守備妨害なので、
既存のランナーが全てもとの塁へ戻された。

ってことで無得点に。。。。

幸雄さんはあからさまに妨害しようとしてラインの内側を走っていたわけじゃないし、
あのプレーで守備妨害を取れるなら、
キャッチャー前のバント処理の送球でわざと打者走者にあてちゃえば、
けっこう守備妨害でアウトにできるんじゃないかと思った。

一昨日のひちょりの1塁捕殺とは違ってこれは「誤審」じゃないけど、
その辺判定の「ブレ」は感じるぁ。

すごく良い作戦だっただけに、ちょっと残念。
まぁ失敗と成功は紙一重だってことで、仕方ないけどね。

何はともあれ今日もロッテ×日ハムは行われる。
小野×グリンの予告先発。
今日ロッテが勝てば再び2ゲーム差とこの4連戦前の状態に戻るわけだ。
ソフトバンクも含めこの3強の戦いに目が離せなくなってきた。

|

« いいスタート! | トップページ | [口内環境] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/7925936

この記事へのトラックバック一覧です: 紙一重:

« いいスタート! | トップページ | [口内環境] »