« GT伝統の一戦 | トップページ | いいスタート! »

2007年9月10日 (月)

シーツの走塁

巨人阪神の3連戦が素晴らしかったって書いたけど、
1つだけ残念なプレーがあった。

映像ではよくわかんなかったけど、
写真で見ると・・・

Kfullnormal20070910131_m













(スポニチより)

やっぱりこれはヒドイな。。。
アンディ・シーツ。

原監督が怒るのも当然だ

このスポニチの記事の中に、
シーツに抗議する原監督に対して、
岡田監督は、
「何をー!大したことないやないか。
 シーツは李に謝っとる。
 監督が出てくることないやろ!
 ベースの真ん中踏んどるやないか。
 そっちが謝ればええ!」

と反論したらしい。

これは原監督でなくてもキレるわ。
「何をー!大したことないやないか。 ⇒たいした事あるだろ!大怪我に繋がるかもしれない!
 シーツは李に謝っとる。       ⇒謝れば、何してもいいのか?
 監督が出てくることないやろ!   ⇒指揮官として故意でやったなら見逃せない!
 ベースの真ん中踏んどるやないか。⇒あんた・・・見てたのか???
 そっちが謝ればええ!」       ⇒・・・何を言い出してるんだ?

となるわな。。

原監督は試合後に「故意でないことを信じる」って言ってたけど、
逆に「故意」じゃないとすれば、シーツは相当走塁が下手くそだ。
プロのレベルじゃないっていうか、野球をやるレベルじゃない。

 ⇒少年野球だってベースのこんな所を踏まないよ。

なんかこれは後味が悪いなぁ。

|

« GT伝統の一戦 | トップページ | いいスタート! »

コメント

>逆に「故意」じゃないとすれば、シーツは相当走塁が下手くそだ。

むかし、ヤクルト×巨人戦で死球合戦みたいになっちゃった時に
木田がぶつけてヤクルトベンチがすごく怒ったのを見た妹が

「桑田や斉藤がやったなら故意だと疑われても当然だけど、
木田に狙ってぶつけられるコントロールがあるわけないでしょ!」

と言ったのを思い出しました。

投稿: はみばか | 2007年9月10日 (月) 20時25分

そりゃそうだw
正論です。


ちなみに個人的には岡ちゃんの「そっちが謝ればええ」って
逆ギレにちょっと吹いてしまった。
そんなこと言われたら、原さんも何を言っても無駄だなって思って
おとなしく帰るしかないよ。

投稿: CROW | 2007年9月10日 (月) 21時18分

前だけみて全力疾走で、ベース脇ふれてる足を確実に踏めるか試してみたら

まあ捻挫しても知らんけど

走塁で足を踏むってのは、難しさのわりに効果が薄くしかも自分のけがのリスクが高い

走るってのは体が宙に浮く瞬間があり、重力加速度の影響で体重以上の負荷が膝と足首にかかる
そのため踏み違えると簡単に捻挫する

ベースの踏み違えですら怪我のリスクが高いのに、それより面積が小さく不安定な足などはもっと怪我のリスクはたかい

投稿: ホラフキ | 2008年6月 8日 (日) 01時11分

ま、わざとじゃないでしょうね。
アンディの性格からしてもそんなコトするとは思えないし。

ただファーストを守っていたプロの選手にしては
お粗末なプレーだと思ったんだとおもいます。
※ずいぶん前の話なんで、書いた当時のコト
(試合の流れとか前後の感情を良く覚えていませんが・・・)

投稿: CROW | 2008年6月 9日 (月) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/7882720

この記事へのトラックバック一覧です: シーツの走塁:

« GT伝統の一戦 | トップページ | いいスタート! »