« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

崖っぷち

中日が3連勝で逆王手。
本当に去年の逆の展開だ。

荒木・井端・福留ってしっかり抑えていた状況も・・・

凄く勢いがあるなぁって感じがする。

ま、結果はもう戻らないので仕方ない。
打線も少しづつ上向きな気もするし。
明日はダルに全てを任せるしかない。

ヒルマンや幸雄さんを、
もう一度札幌へ連れて帰ってくれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

悔しいなぁ~

今日、中日に大敗したからではなくて、
武田勝の良さが全国に伝わらなかったコトが。
CSでもロッテ相手に思うようなピッチングができなかったし・・・

今年の武田勝は本当に凄かった。
チームの事情で岡島の穴を埋める中継ぎから、
先発陣の故障が相次いだら先発に転向して
1年間ずっと安定した結果を出してきたんだよ!

正直、ダルビッシュよりもいなくなったら困る存在だった。

まぁ、終わってしまったことは仕方ない。
切り替えていきましょう!
打線は9本もヒットが打てたわけだし。
これが集中してくれれば。。

今日、スウィーニーが登板したため(KOされたけど)
明日の日本ハムの先発投手は全く予想がつかなくなった。

武田勝、スウィーニーの連投?
グリン、吉川が中2日?
もしくは今日ベンチに入っていた金村?
自分が監督ならば金村に託してみたいって気持ちもあるけど、
やっぱりライアン・グリン。
でないと後々後悔してしまう。

いずれにしても「奇襲」は確定。
これが、いいふうに転んでくれればいいんだけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

久々の野球三昧

今日は朝からTVで野球観戦。

まず朝9時からメジャーのワールドシリーズ、
ロッキーズ×レッドソックスを観戦。
松坂・岡島と松井稼頭央の対決を楽しむ!

試合は序盤に6点を奪ったレッドソックスが、
1点差まで追いつかれた直後に突き放し大差で勝利3連勝。
明日勝ったら優勝だ。

その後、佑ちゃんが投げる早慶戦を観戦。
大学社会人のドラ1候補、慶応・加藤との投手戦。

試合は佑ちゃんは6回無失点で降板、
加藤は延長12回を無失点で投げきって慶応がサヨナラ勝利!

ちなみに六大学リーグは慶応が明日勝つとと優勝。
早稲田が2連勝すると早稲田が優勝。
明日早稲田が勝って明後日慶応が勝つと、
慶応と明治の優勝決定戦になるってとてもおもしろい展開だそうだ。

そして夜は日本シリーズ第二戦。
今日は中日が大勝。
ここまでは去年の逆パターン。

やっぱり中田は良いピッチャーだなぁ。
あと守りが堅いし、守備体系なんかは良く日ハムのことを研究している。
どうやら日ハムが得意とするパターンの1つ、
相手のエラーからの得点っていうのは望めなそうだ。さすが中日!

両チームともに絶対的な中継ぎ、守護神がいるけれど、
先発が早く崩れた後に勝ちパターンへ繋ぐまでの中継ぎに
不安があるのも似ているのがわかった。

明後日からの名古屋決戦、まず順当ならば先発は武田勝と小笠原。
両チームともまだ勝ちパターンの投手を使っていないので、
どちらが早く勝利の方程式に繋げるか、
DHも無いし投手への代打後も含めての継投がポイントになってきそう。

日ハムはどうやら金村、建山、立石、伊藤のベテラン陣が
名古屋から合流するらしい。
この辺がプラスとなるかマイナスとなるか・・・どうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

サエコ>ヒルマン

日本ハムと中日の日本シリーズをTVで観戦。
札幌ドームの試合だけど主催がNPBということもあり、
いつものようにGAORAやBSでの中継が無く、
今日はテレビ朝日系列のみでの独占中継しかなかったので、
久々に地上波でのTV観戦。

試合の方はダルビッシュと憲伸の両エースの見事な投げ合い。
初回にセギノールの一発で奪った3点を、
ダルが気迫のピッチングで1点に抑え
さらにシリーズタイ記録の13奪三振で見事な完投勝利

日本ハムがなんとか先勝!!

中日ファンは悔しいでしょう。
憲伸があんなに好投をしていても負けてしまう。
実は今年の日本ハムはこんな勝ち方ばかりです(^^;

ま、そこまでは良かった。

しかしテレ朝の野球中継・・・
観戦していたサエコを映しすぎ!!
ベンチに座っている両チームの監督よりもカット数が多かった。

しかも試合終了後の勝利監督インタビューの間に
急に放送が終わっちゃうし。。。

まだ、9時ちょっとまわったばっかりで30分延長にすれば何の問題もないのに。
 ⇒実況アナの〆の言葉も無かったから
  急に編成の判断がなされたんだろうけど。

そういや、去年の日本シリーズでも、
スタメンだった稲田がCMなんかの影響で一度も映らずに
試合が終わってしまったこともあった。
アレもテレ朝だった。

地上波で独占中継するのはいいんだけどさぁ、
責任と自覚を持ってファンが見たいものを中継して欲しいよ。

明日はテレ東系列+NHKBSがあるから安心だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

劇勝!!

スゴイ試合だった!
久々にサッカーの試合を見ながらドキドキして震え上がった。
昨日のACL準決勝・浦和レッズ×城南一和。

1stレグをアウェーで2-2と引き分けた浦和は1-1の引き分けでも決勝進出が決定。
Jリーグでも屈指の守備陣を要する浦和なら、正直余裕だと思っていた。。

試合は前半に浦和が鼻を骨折しているワシントンのスーパーゴールで先制。1-0。
その後も浦和が押しまくっていたので、楽観視していた。
しかし、後半に入ると運動量が落ちたところを城南一和の速い攻撃で突かれ、
立て続けに失点を重ね逆転を許す。1-2。
やばいぞ!って思った直後、
FKから阿部が頭でつないだボールに長谷部が左足であわせてゴール!同点。2-2。
そのまま90分終了のホイッスルが鳴った。

これで両チームともに2戦合計の得点が4-4の同点。
アウェーゴールも2-2となったので前後半15分の延長。
一進一退の激しい攻防も決着がつかず、PK戦へと突入していった。

PK戦はGK都築が1本を止めたのに対し、
キッカーは5人全員がキッチリ決めて見事な勝利!!
決勝進出決定だ。
おめでとう!!

正直、城南一和は強かった。
あのスタジアムの雰囲気で自分たちの持ち味のスピーディーな攻撃を貫き
浦和の強固なDF陣から2点を奪ったのはお見事。
やっぱり強い相手だったからこそ、良い試合になって、
さらに、勝ったことでの喜びはいっそう大きいものになった気がする。

浦和はDFの要の闘莉王、主将の山田と次々と負傷交代。
阿部も足を引きずっていた。
選手たちは満身創痍の状態だったけど、最後まで精一杯戦い続けられたのは、
50000人以上も集まったサポーターのチカラが大きかった。

平日の夜なのにこの人数が集まるなんて、普通じゃ考えられない。

昨日の試合は選手、スタッフ、そしてサポーターが
文字通り一丸となって掴んだ勝利だ。
素晴らしい!!

さぁ、次は決勝戦。
11月7日がアウェー・イランでの1stレグ。
そしてホームの埼玉スタジアムで試合が行われる2ndレグは11月14日。
奇しくもこの日は埼玉県の日でもある。

この日、浦和レッズが新たな歴史を拓く。
We are REDS!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月22日 (月)

中355日

富士山がキレイに見える静岡県の富士宮市。

Nec_0027










名物の「富士宮やきそば」を現地で食す。
イワシの削り粉と紅ショウガがとっても効いてて、
コシがある麺もまたイイ!!
家で作ったときより、こっちのが圧勝(当たり前か・・・)
おいしかったなぁ。

Nec_0021 Nec_0024 Nec_0025 Nec_0023










最近仕事が忙しかったんで、
こういう小旅行がすごく楽しい!



ちなみに、今回富士宮まで来た本当の理由は、
約1年ぶりに野球をやること。

昔のように動けるわけが無いのはわかっているから、
自分の中でどう楽しめるか不安だった。

でも、やってしまえば、大味な展開の中でも、
若い人も年配の方も関係なく、みんな一生懸命やって、
打ったら喜んだり、全力で一塁まで走ったり、良いプレーには拍手して称えたり。
あぁ、こういう雰囲気が草野球の楽しさなんだな。って実感。
久々の野球はけっこう楽しかったよ♪



・・・でもその代償は大きい。
それもわかっていた。

そして今日(というか既に昨日から)案の定、体全体を襲う筋肉痛(><。)
もう、どこが痛いとかわからない。
肩は?腕は?腰は?背中は?ふくらはぎは?太ももは?
聞かれるところ全てが痛い。。。

できることなら「アンメルツのお風呂」に入りたいくらいだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

シンジテマシタ!!

もちろん俺も♪

今日のCS第5戦。
楽しみにしてたんだけど、
仕事のため結局生で見ることができなかった・・・

でも胴上げの瞬間はちゃんと見れた!
素直に嬉しいな。

注目のダル×ナル対決は、
結果的には思わぬ大差が付いてしまった。
勝負を決めたのはシーズンを通して不調が続き、
いつ爆発するんだろうと思っていたセギノール!

ずっと苦しんでただけに本当に嬉しそうなグランド1周だった。
これですべてが報われるほど効果的で価値のあるHR。
ありがとうセギ様!!

しかし、ほとんど見れなかったけど、
おもしろいクライマックスシリーズだった。
相手がロッテというのもその要因だったなぁ。
最後の健闘を称えあう映像には心から感動したよ。

まだまだヒルマン監督をアメリカに帰すわけにはいかないし、
幸雄さんのユニフォームを脱がせるわけには行かない!

さぁ、来い!セ・リーグ覇者!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

ダル×ナル

今日のCS第4戦はロッテが勝利。
コレで2勝2敗のタイとなって第5戦で本当の決着へ。

今日の試合は一昨日先発した武田勝がピンチでリリーフとして登場。
ピンチは見事に切り抜け、直後に日ハムが先制。
いい流れをつかんだと思ったら、
次の回に先頭打者を歩かせてしまい続く里崎に逆転HRを打たれてしまった。
残念だけど、マサルが打たれたんだから仕方ない。

一方のロッテ打線は9回にもマイケルから5連打で3点を奪うなど、
いい形で最終戦へ望める。
勢い的にはロッテに分があるって感じだけど、
この2チームは何が起こるかわからない。

そしてその明日の大一番には、ダルビッシュと成瀬が先発。
今季パ・リーグ、いや球界を代表するエースとなったこの2人の対決は、
勝敗がどうこうっていうのを超えて楽しみだ。

日本ハムにしてもロッテにしても、
超強敵の「ラスボス」を倒さないと次に進めないわけだから、
勝っても負けても悔いは残らないように
目一杯のチカラをぶつけてくるだろう。

もう調子がどうのこうの言ってる場合ではなくて、
一打席、一球が真剣勝負で打った方が、抑えた方が勝ち。

いやぁ、ワクワクしてきたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2勝。

今日のCS、日本ハムがロッテに勝って2勝目をあげた。
これで2年連続の日本シリーズ出場へ王手!
試合はグリンと渡辺俊介の緊迫した投手戦から、
日本ハム打線が何かの詰っていたものが取れたような集中打で勝利。
しかも、またHR無し・・・ハムらしい(^^;)

昨日はロッテが圧勝したけど5本のHRであげた得点なので、
なんか対照的な感じがしておもしろいなぁ。

セ・リーグの1stステージは中日が一気の2連勝だった。
というか、どちらかというと正直阪神が
もの凄く不調の時期に当たっちゃったって感じだったけど。。。

同じ時期にやっているからってこともあって、
やっぱり2勝すればいい1stステージよりも
3勝しなくてはならない2ndステージの方がすごく面白く感じる。

シーズン中でも2連戦の2連勝は勢いでしやすいけど、
3連戦の3連勝ってなかなかできないもんだ。
だからチカラが均衡している2チームが3勝目をどう獲るか???
この戦いはおもしろい。

明日も楽しみ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

普段着野球

いよいよクライマックスシリーズは
パ・リーグの2ndステージ、セリーグの1stステージが始まった。

日本ハムは新庄が観戦する前で、見事な5連打で一気に逆転。
ダルも調子が良いって訳ではなかったけど気迫の完投。

中日は盗塁王荒木の盗塁からウッズのHR等でいきなり3点を奪い、
ミスター3ラン森野のダメ押しと川上のほぼ完璧なピッチングで先勝。

今日勝った日本ハムと中日はシーズンと変わらぬというか
それ以上の良い勝ち方だったよな気がする。
あと両チームともに地元の大きな声援はやっぱチカラになるよなぁ。

一方で負けたロッテと阪神が、
らしくない戦い方をしてしまっていた気がする。

ロッテは名手サブローの守備が変だったし、
久保を早く交代させて清水までリリーフで投入したり。
阪神はエラーの少ない関本のエラーで始まり、
3点負けてる時点で久保田を投入したり。
あと阪神ファンも個人の応援歌に「チャンスわっしょい」を
MIXしてたのも違和感。。。
全然打てなかったから途中でやめてたけど。

一か八かってトコもあるんだろうけど、
なんかすごく硬くなってしまって、
チーム全体として焦っているように感じてしまった。
普段どおりの野球をやってる方が勝つような気がするんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

俺はジャック・バウアー~♪

この歌、耳から離れない・・・

24でおなじみジャック・バウアー役の
キーファ・サザーランドが飲酒運転の罪で禁固48日の実刑となった。

この刑が重いのか軽いのかわからない。
でも、ジャックにとって48日なんて
中国政府に監禁されてた20ヶ月に比べたら・・・って、
つい思ってしまう。。。

今回はクロエも助けられないよ!!

24のシーズン6のレンタル開始とともに、
ちょうど今、TVでシーズン5を深夜にやってるるけど、
日本人だったら絶対に中止で大問題になってたんだろうな。

話し変わって、パ・リーグCSはロッテが2ndステージ進出で札幌へ行くことに。
成瀬はスゴイなぁ。
全く打てる気がしない。
正直、ハム的には第4戦まで出てこないってコトで、
一安心だったりもするけど、
大舞台でダル×成瀬も見てみたかったような・・・ちょっと複雑。

今日のロッテの勝ち方は日本ハムっぽかった。
ピッチャーがしっかり抑えて少ないチャンスを足を絡めてものにする。

週末の2ndステージが楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

また会いましょう!

古田らしい別れの挨拶だった。
それに対する広島も素晴らしい演出。

昨日、広島球場で引退試合を行った佐々岡を
古田の最後の打席にぶつけてきた。
ドラフトの同期とはいえ引退試合後に再び登板するなんて
異例中の異例だ。

ヤクルトは古田の盟友である石井一久8回、
そして最終回には高津が登板。
広島も前田や緒方を代打で対決させた。

それに応えた古田は最後の対決を楽しんで、
その姿を見ているファンは大いに盛り上がった。
今度はヤクルトかそのほかの球団の監督か、
それとも全く違った形かわからないけど、
再び古田はグランドに「帰ってくる」コトを約束してくれた。
またその日を楽しみに待ちましょう。

引退試合には真剣勝負の中でも
引退する選手に花を持たせるという暗黙のルールがある。

昨日の広島×横浜はその佐々岡の引退試合。
最終回2アウトの場面で佐々岡が登板した場面で、
「不幸」にもホームラン王争いをしている村田が打席。

村田は思いっきり振った打球はスタンドへ消えた。
引退試合で登板したピッチャーの球を当てるのも異例だけど、
HRを打つなんて初めて見た。
でも村田のスイングを見ると、空振りするのか迷ったあげく、
目をつぶって思いっきり振ったら当たっちゃったって感じだったけど・・・

村田の方が涙を浮かべて「打って辛いHR」って言っていたけど、
これはこれでいい勝負だった。
佐々岡自信も笑顔で応えたように、村田は間違っていない。
ま、その村田も鈴木健の最後の打席でファールフライを落球して
最後のヒットのアシストをらしいけど。

名選手が引退していくのは正直寂しい。
中田や佐藤のような新しい選手が入ってくるためには
仕方がないってこともわかっている。
でも、なんだかちょっとフクザツ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

サバ味噌ドリア

サバの味噌煮缶詰が好き♪

でも、ちょっと飽きてきてしまったので
なんか変わった楽しみ方を・・・と思って
ご飯と混ぜ混ぜにしてみた。
S1









そしてその上に冷蔵庫にあったとろけるチーズ、
粉チーズ、バジルをふってみた。
S2









レンジで1分間温めてから(缶詰なんで)
250℃のオーブンで8分くらいで焼き目をつけた。

S4









ちょっと中身はグロいけど(^^;
ハッキリ言ってオイシイ!!!

ちょっとどうかなって思った、
サバ味噌+チーズのハーモニーは素晴らしい。
どちらも邪魔することなく、とってもまろやか。


勇気ある方、挑戦してみてくださいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

獲っちゃった!

こうは高校生ドラフト。

注目の大阪桐蔭の中田翔"外野手"の交渉権を北海道日本ハムファイターズが獲得!

鳥肌が立ってしまった。藤井社長スゴイ!

札幌ドームで思う存分に暴れて欲しい!!


「BIG3」と言われた仙台育英の佐藤はヤクルトで成田の唐川は地元の千葉ロッテ。

どちらも素晴らしい投手だし良い球団に指名されたなぁって感じ。

その他も阪神は高浜(横浜)、横浜は田中(常葉菊川)、中日は赤坂(浦学)など

甲子園で活躍した選手も続々と指名。よかったね。


早くみんなが一軍で活躍できるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »