« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月28日 (金)

ガンダムを使っとけ!!

自分もガンダム好きなんで否定することはできないけど、
何でもかんでもガンダムにすりゃいいっていう風潮は留まることをしらない。

ここ2ヶ月くらいのガンダム関連製品等の話題
↓↓
・ソフトバンクのシャア専用携帯
・パチスロガンダム
・日清どん兵衛のCM
 
 ※コレはおもしろかった!
  ランバ・ラル「ザクとは違うのだよ。ザクとは!」⇒(後のせかき揚げが)「サクッ、サクッ」
  ギレン・ザビ「立てよぉ!国民!!」⇒「食えよぉ!国民!!」・・・とか。
・ビックカメラ限定ガンダム年賀状
・秋葉原にモビルスーツバー「連邦軍」&「ZEON」

あぁ、どこまで行くのやら。。。

ま、仕掛ける側も、その対象の層も
自分と同じくらいのガンダム世代だっていうこともあるだろうし、
「白=ガンダム、赤=シャア」とかアニメ内のセリフとか
イメージも形成されてるから利用しやすいだろうし、
何よりサンライズの著作権使用のハードルも低くなってるんだろうな。

ガンダムを使えば何でもあたる!
今はそういう時代のようです。

そしてこの先も、ガンダムブームはしばらく続くだろう。
「まだだ、まだ終わらんよ!」
そう、シャアの言うとおり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

鍋が好き♪

忘年会シーズンも終盤戦。
個人的に残りは3連戦を含む4試合(忘年会の数が・・・)

今年は「鍋」をたくさん食したなぁ。
ってことで写真を一気に吐きだします。

昨日の話。
西麻布の表邸(ひょうてい)へ行ってきた。

ココは VVV6「東京Vシュラン」でもランクインしていた
隠れ家ちっくで高級感あるれるお店。(でもそんなに高くない)

1227_009_2 1227_011_4 1227_012 1227_017_2 1227_016







オススメはにんにくを使わない「塩もつ鍋」とのこと。
さっぱり系でどんどん食える。

その他にも醤油、辛味噌、ポン酢を制覇。
全部おいしかったけど、
個人的には塩にキムチをからめて食べるのが一番だった!
しかし、やっぱ大勢で行くのは楽しいねぇ。

Mini_050









赤坂「あん庵」のあんこう鍋
トロトロのあん肝が何とも言えない!!

Mini_048 Mini_049








珍しい金目鯛の刺身や京風のおでんも
注文するモノ全てがおいしかった。

Mini_064









五反田「ちゃんこ力士」のカキちゃんこ

ここは『カレー味噌ちゃんこ』というちょっと珍しい鍋がある。
食べていませんが・・・

家庭的な雰囲気もあって、とても暖かいお店。

Mini_060_2 Mini_062










赤坂「もつ福」の塩と辛味噌のもつ鍋
Mini_059 Mini_061








もの凄く広いスペースでゆったりくつろげるし、店員さんもカワイイ。
新鮮なレバテキもめちゃめちゃうまかった!

やっぱり冬は鍋に限りますな。
あと、伝心望にも行かなくっちゃね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

SMAP+1

Nec_0008







品川の駅前より。
久々にSMAPが"6人"揃っている屋外広告。



え!?SMAPは5人だって???

よぉく「刮目(かつもく)」すれば見えるはず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

時津風部屋の・・・・

昨日の「時津風部屋」の力士のうち
6人が四股名を改名したってニュース記事を見つけた。

ニュースになるってことは、四股名改名って珍しいことなんだろうか?
それとも、稽古中の"事件"の絡みで注目されるから取り上げたのか?
詳しくはわからないけど、
良くも悪くも「時津風部屋」は話題を提供してくれる。

正直、この稽古中の"事件"が表に出るまで、
大相撲素人の自分は「時津風部屋」って相撲部屋があることすら知らなかった。
m(_ _)mスンマセン・・・

唯一知っていたのは、
『時津洋(ときつなだ)』って力士が、昔いたなぁってことだけ
(洋って書いて「なだ」と読むってことで知った程度だけど)

そのもう引退してしまった時津洋がやっているちゃんこ屋が目黒の駅前にある。
『相撲部屋料理・時津洋』 

前々から気にはなってたんだけど、
話題の「時津風部屋」直伝のちゃんこ鍋を堪能してきた。
 

Mini_077 Mini_075 Mini_076







※今回は塩ちゃんこ

店は思ったより広いし、きれい。
店員さんたちの感じも明るくてイイ!
("かわいがり"はうけてないようだ)

塩ちゃんこの率直な感想としては、
「タンメン」の具を食べてるみたい。
そういうものだと言われたらそれまでだけど、
すごくおいしい!!大満足!!!

自分がミシュランなら☆☆☆をあげます。

・・・ん~、実は最近、鍋ばっかり食べてます。
また総集編として鍋特集UPしなきゃ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

有意義な日

今日は出社・・・(TへT)

でも会社でTVをつけながらだったので、
浦和レッズの試合も決勝戦もほとんど見ることができた。
仕事も順調に終わったし、なかなか有意義な一日だった。

いやぁ、しかし2試合ともおもしろかったなぁ。
CWCの価値が、国際的にももっと上がっていくような気がするよ。

何はともあれ、レッズのワシントン、ネネありがとう!!
特にワシントンはレッズ歴代NO.1のFWだったよ。

ミランのマルディーニもお疲れさまでした!!
イタリアW杯から出てるんだもんなぁ。本当にスゴイや。
(・・・で、本当にコレが最後なんだろうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

左利き芸人

毎週欠かさず見ているアメトーーク
今週はリアルタイムで見れなかったのでさっき見た。

今週は「埼玉西武ライオンズ」にFA移籍した石井一久の
持ち込み企画でテーマは『左利き芸人』。


自分が左利きなんですごく共感できる部分が多かった。
スープバーのレードルとか自動改札とか。
本当に何気ないことが不便なんだよなぁ。

自分の場合は矯正され、えんぴつやボール投げは右。
でも、箸やはさみなんかは矯正できなかった。
今ではパワー系は右で精密系は左って感じ。

だからPCのコピーやペーストをCtr+CとかVとか、
ショートカットを使うことが多いのかな?
(単にMac時代の名残かもしれないけどね・・・)


逆に今まで誰にも共感されないけど、
すごく便利だったことが1つある。


えんぴつが右で消しゴムは左だったコト。

えんぴつを持ちながら、持ちながら消せるんだよ!
テストの時とか便利だったなぁ。


・・・アレ!?
やっぱりイマイチ伝わらない??


・・・・・・左利きに開けた社会を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

限界だ。

負けた。。。
0-1って点差以上に実力の差を見せつけられた。

赤+黒という珍しいユニフォーム組み合わせだった浦和レッズは
ACミラン相手によく頑張ったって感じ。
Jリーグ、アジアでも屈指の守備陣は世界で通用すると思う。
失点はカカの個人技にに完全やられたけど、仕方ないし。

攻撃陣も数少ないけどチャンスを作り出すことはできた。
けど、全くゴールできそうな雰囲気はしなかった。
前半終了時点で、うまくいけば0-0で延長、
PK戦までいかなければ勝てる可能性は無いなって思った。

ま、それがミランの凄さって言ってしまえばそうなんだけど、
レッズにはもっとできるんじゃないかって期待感が強すぎたようだ。

あとは、オジェック采配ではコレが限界だってわかったよ。
あまり采配批判とかしたくなかったけど、今日はする。

明らかに格上のチーム相手に先制をされたあと、
ケガした闘莉王に代わって山田、
左サイドで運動量が落ちた相馬に代わって平川。
ココまではわかる・・・けど、
最後まで交代枠を1つ残したまま負けてしまった。

もしかしたらミランに追加点を与えてしなうリスクもあっただろうけど、
今のレッズで一か八か局面を変えられるのは、
小野伸二しかいないんじゃないの?
長谷部も運動量落ちてたし、なんで使わないんだろう?
ケガの状態が悪化してたなら仕方ないけどさ。
なんか更なる失点を怖がっていて動けなかったようにしか思えない。

仮に小野や岡野じゃなくても交代枠を余らせるくらいなら、
こんな大きな舞台なんてそうあるわけじゃないし、
今まで出場機会の少なかった若手を使うべきだ。

ベンチに入っていた小池、堤、西沢なんて絶対に使う気無いよね。
特にリードされた状態でも交代要員として使えないFWなんて登録しなきゃいい。
今のレッズは他のチームから優秀な選手をかき集めて、
若手に出場機会が与えられなく伸び悩んでいる
野球でいうと巨人や阪神のような悪循環になりつつある。

正直、オジェックの日本代表監督就任話が出たとき、
浦和から離れてくれるって思ってちょっと嬉しくなったくらいだった。

来年もこういう采配が続くようならば、
目の前のアジア王者にはなれるかもしれないけど、
数年先にこのほころびが大きな傷になってしまうだろう。

もっとレッズが上を目指していくなら、オジェックでは無理だ。

あと今年は日曜日の3位決定戦のエトワール・サヘル戦だけ。
長谷部もワシントンもネネも・・・おそらく最後の試合。

赤いユニフォームのエトワール・サヘル相手ってことは、
レッズのユニが昨日とは逆に上下白+白ってこともありえるのかな?
長い間貢献してくれた彼らの最後の試合には、
赤いユニを着せてあげたいんだけどなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

一人前夜祭

う~寒かった。。。。
風邪が完全に治ったわけじゃないのに、
この時期の夜の屋外観戦はツライ!

そりゃ、いくらクラブの世界一を決める戦いだって言っても、
浦和レッズもACミランも出てこない
ボカ・ジュニアーズとエトワール・サヘルの試合なんて見たくないわな。

自分だって両リームで知ってる選手はアルゼンチン元代表のパレルモと、
ウィニングイレブンのマスターリーグで活躍してくれたカルドソくらい。
 ⇒この選手は実は名前だけしか知らなかった。

ま、でもせっかく定価で18000円もするチケットをもらったし、
明日の前夜祭だと思って、結局クラブW杯を一人で観戦。
どうせ空いてるだろうって高をくくっていたら、予想外の混雑具合!
3万人以上はいたと思う。

試合はみんなの予想通りボカが勝った。
しかも知っていた(?)カルドソのゴールで!

でも内容的には圧倒的にボカが優勢だったわけじゃなく、
エトワール・サヘルの決定力不足に助けられたって感じ。

この試合を見て確信した。
なんか明日の試合は、
浦和がACミランにどこまで食らいつけるかって雰囲気だけどそんなことはない。
どんな相手でも一方が絶対に有利ってコトはないってことだ。
しかもミランはリーグ戦でも調子の悪いし、こっちはホームだ。

浦和レッズにはアジアのチャンピオンとして、そして日本の代表として誇りを持って

明日は心から応援しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

「TANAKA」から「NAKATA」へ

ミスターファイターズの背番号「6」を継承した中田翔。

Nakata6






※あまり良い写真が無かった。。

不思議なくらい全く違和感が無い。
むしろもう何年も付けているような風格すら感じる。
高卒ルーキーの一桁背番号は賢介以来かな?

中田には1年目からどんどん試合に出て、
清原までとはいかなくても、せめて松井の成績(.223 11本 27点)は超えてほしいなぁ。

そして背番号とともに全ての人に愛されるってトコロも
田中幸雄さんから継承されますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

ACミラン×[レッズ]が実現!

う~ん。風邪が良くならない。。。
今日は予定の忘年会をキャンセルして自宅で静養。
っと思ったけど、やっぱり気になるクラブW杯の浦和レッズ×セパハン戦。

試合は浦和レッズが歴史的な勝利!
リーグ戦の失速とは一転して久々にスカッとした試合だった。

これでまた永井は「大舞台に強い」って肩書きが継続決定!

そして13日(木)にはACミランと対戦ができる。
この時は本当に対戦する日が来るとは・・・

思ってました!(*^▽^*)

今日のレッズならミラン相手でも勝てる可能性は充分あるよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

しかし、その一方で。。。

星野JAPANの応援で熱気を帯びすぎて、
どうやら風邪をひいてしまったみたいだ。

しかも今日の溝の口駅は、こんな混雑した状況で30分以上、
電車に乗れないどころか駅にすら入れない状況に置かれたもんだから。

Nec_0063









う~ん、咳と鼻水が止まらん・・・{{{{(+_+)}}}}
どうでもいいけど、仕事中にメガネをしながらマスクをすると、
マスクの上から漏れる息でメガネが曇ってしまうんだよね。。。

なんかイイ方法は無いのかな??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

星野JAPAN最高!!

星野JAPAN!やったね!!

しかし燃えたなぁ。
土曜日、浦和のV逸で下がっていたモチベーションを
一気に高めてくれておつりが出るくらいの
見ていて楽しく本当に最高の試合だった。
 ⇒ちょっと特別解説の古田がサッカー中継の松木安太郎に思えてきたけど・・・
 ⇒日本の攻撃時の「富士山」応援歌が耳から離れない。。。

ま、何はともあれ、北京五輪出場おめでとうございます!!
\\( ⌒▽⌒ )// バンザーイ

選手も采配も素晴らしかったし、
なにより「チーム一丸」っていうのが感じられて、
韓国戦の終了したとき上原と矢野のGとTを代表する両選手が抱き合うなんて、
普通の状況じゃ考えられないしすごく感動した。

またこのメンバーで来年も戦ってもらいたいなぁ。
(実際には難しいんだろうけどね。。。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »