« 一人前夜祭 | トップページ | 左利き芸人 »

2007年12月14日 (金)

限界だ。

負けた。。。
0-1って点差以上に実力の差を見せつけられた。

赤+黒という珍しいユニフォーム組み合わせだった浦和レッズは
ACミラン相手によく頑張ったって感じ。
Jリーグ、アジアでも屈指の守備陣は世界で通用すると思う。
失点はカカの個人技にに完全やられたけど、仕方ないし。

攻撃陣も数少ないけどチャンスを作り出すことはできた。
けど、全くゴールできそうな雰囲気はしなかった。
前半終了時点で、うまくいけば0-0で延長、
PK戦までいかなければ勝てる可能性は無いなって思った。

ま、それがミランの凄さって言ってしまえばそうなんだけど、
レッズにはもっとできるんじゃないかって期待感が強すぎたようだ。

あとは、オジェック采配ではコレが限界だってわかったよ。
あまり采配批判とかしたくなかったけど、今日はする。

明らかに格上のチーム相手に先制をされたあと、
ケガした闘莉王に代わって山田、
左サイドで運動量が落ちた相馬に代わって平川。
ココまではわかる・・・けど、
最後まで交代枠を1つ残したまま負けてしまった。

もしかしたらミランに追加点を与えてしなうリスクもあっただろうけど、
今のレッズで一か八か局面を変えられるのは、
小野伸二しかいないんじゃないの?
長谷部も運動量落ちてたし、なんで使わないんだろう?
ケガの状態が悪化してたなら仕方ないけどさ。
なんか更なる失点を怖がっていて動けなかったようにしか思えない。

仮に小野や岡野じゃなくても交代枠を余らせるくらいなら、
こんな大きな舞台なんてそうあるわけじゃないし、
今まで出場機会の少なかった若手を使うべきだ。

ベンチに入っていた小池、堤、西沢なんて絶対に使う気無いよね。
特にリードされた状態でも交代要員として使えないFWなんて登録しなきゃいい。
今のレッズは他のチームから優秀な選手をかき集めて、
若手に出場機会が与えられなく伸び悩んでいる
野球でいうと巨人や阪神のような悪循環になりつつある。

正直、オジェックの日本代表監督就任話が出たとき、
浦和から離れてくれるって思ってちょっと嬉しくなったくらいだった。

来年もこういう采配が続くようならば、
目の前のアジア王者にはなれるかもしれないけど、
数年先にこのほころびが大きな傷になってしまうだろう。

もっとレッズが上を目指していくなら、オジェックでは無理だ。

あと今年は日曜日の3位決定戦のエトワール・サヘル戦だけ。
長谷部もワシントンもネネも・・・おそらく最後の試合。

赤いユニフォームのエトワール・サヘル相手ってことは、
レッズのユニが昨日とは逆に上下白+白ってこともありえるのかな?
長い間貢献してくれた彼らの最後の試合には、
赤いユニを着せてあげたいんだけどなぁ。

|

« 一人前夜祭 | トップページ | 左利き芸人 »

コメント

「野球の試合は負けても良い試合だったとか
勝ったけど良くないとか見てればわかるのに、
サッカーの試合は良いんだか悪いんだか、
惜しいんだか惜しくないんだか見ててもさっぱりわからない・・・」
と思いながら見てたんですが、
どうやらコノ試合が特にそーゆー試合だったみたいですね。

代表監督も岡田監督で良かったのか悪かったのか
人によって意見がかなり割れてるみたいですね。

私は、なんとなく、サッカーは特に
日本人らしい部分が足を引っ張ってるように見えたので、
外国人監督の方がいいんじゃないかと思ってたんです。
↑わかったような口を利く素人

なので代表監督が岡田監督になってちょっぴりガッカリしたんですが、
実は岡田監督でよかったのかな?

投稿: はみばか | 2007年12月17日 (月) 12時58分

野球も打撃戦が好きな人と投手戦が好きな人がいるように、
サッカーも「おもしろい」って思うのは人それぞれだと思いますが、
僕は互いに攻守の切り替えが早くスピーディーな展開が好きです。
その中で「ウマイ!」「すごいなぁ」って思えるような
個人やチーム全体でのプレーを見れれば最高ですね。

サッカーは野球と違って一気に逆転ができません。
だから負けてる時でも1点づつ返していくしかないんだけど、
その時の状況で新しい選手を投入したり、選手のポジションを移動させたり、
カウンターを徹底させたり、前線からボールを奪うようにアタック掛けたり・・・・
どういう風に次の1点を取るか、そういう戦術はベンチの監督が指示するしかないんだけど、
今のレッズの監督ではちょっと限界なのかなぁってずっと春先から感じていました。


岡田監督は良いのか悪いのかわかりませんが、
正直彼しかいないかなぁって感じはします。
もし外国人の監督ならば、それ相応の名のある監督にするしかないんだろうけど、
(オシムさんもそうだし)
そういう監督はオシムさんが1年間かけて築きあげてきたものを、
「継続する」って言うのは難しいでしょう。
プライドも高いだろうしね。

日本としてはオシムさんの1年間をそれなりに評価しているみたいだし、
そのコンセプトを「継続する」にはそういう事情もわかる日本人、
そしてその中で監督として実績のある人(代表でもJリーグでも)は
岡田監督とガンバ大阪の西野監督(アトランタ五輪の監督)。
でも西野監督はガンバとの契約が残ってるから、
消去法で岡田監督しかいないなぁって思います。

投稿: CROW | 2007年12月18日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/9401342

この記事へのトラックバック一覧です: 限界だ。:

« 一人前夜祭 | トップページ | 左利き芸人 »