« 川口の「ラ・セゾン」 | トップページ | 右あばら痛 »

2008年2月22日 (金)

一瞬の風になれ

スポットCMで知ったけど来週フジテレビで4夜連続ドラマをやるそうだ。
佐藤多佳子原作の「一瞬の風になれ」

主演が未成年のときに飲酒で暴れた元NEWSの内博貴。
今回が本格的な復帰作となるのだけど、
フジテレビ的には飲酒を引率していた元女子アナの責任を
復帰の道筋を作ってあげることで果たしたってことなのだろうか。

ま、そんなことはどうでもいいのだけど、
この作品も原作を知ってる。
・・・というかつい最近読み終わったばかりだ。

ドラマ化されることも全く知らなかったんだけど、
いつも本屋の目立つところにおいてあった。
『2007年本屋大賞』に選ばれた作品だから当然だ。
ずっと気にはなっていたんだけど、
3巻読まないといけないって思うと正直ちょっと気が重かった。
しばらく悩んだあげく「どうせ通勤の往復1時間しか読まないし2週間で1冊づつ」
って長期スパンで考えて、まず上巻を購入。

すると、文章は読みやすいし、どんどん面白くなってきて、
結局1週間で3冊制覇してしまった。。
もちろん通勤時間以外にも手を出してしまった。

30歳を過ぎたおっさんが、高校生の部活の青春物語に
熱中するのはどうかと思うけど、面白いんだから仕方ない。

鹿男やハチクロに続いて原作の面白いって思っている作品のドラマ化。
全部で2年ちょっとの物語を4夜連続とはいえ全てを忠実に表現できるとは思わない。
でもどこまで作品のさわやかな空気感を出せるのか・・・楽しみだ。

|

« 川口の「ラ・セゾン」 | トップページ | 右あばら痛 »

コメント

はじめまして!
原作は本当に面白かったですね。
特にあのリレーシーンのスピード感とそこに心情を絡ませた描写は
結構、わくわくドキドキさせてくれました。
ドラマは、第2話までなんとなく観ましたが
恐れていたとおり個人的には見事にダメでした。
>全部で2年ちょっとの物語を4夜連続で
ご指摘のとおり無理でしょう!

クラブ活動というのは大部分が苦しくてつらいもの、
でも仲間といる楽しさ分かち合う喜びが
が全く描けていませんでした!
原作の一番魅力的なそういった部分が全て抜け落ちた、
イメージとは違う役者による別物でしたね。

スタッフは、クラブ活動未経験者なのかな〜っと思ったり。

主人公が金髪にしない時点で、このキャラクターの心情の変化
を全く理解出来ていない感じでした。

投稿: wakaten | 2008年3月 8日 (土) 13時21分

wakatenさん
はじめまして!

原作が面白かったので、
正直期待した分ガッカリでした。。

鹿男あをによしなんかは、
原作のストーリーの本筋を活かしつつ、
ドラマの演出を加えて
それはそれで面白いって思うんですが・・・

なかなか難しいモンですね。

投稿: CROW | 2008年3月 9日 (日) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/10685018

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の風になれ:

« 川口の「ラ・セゾン」 | トップページ | 右あばら痛 »