« ハンドとサッカー | トップページ | ガラスの天才 »

2008年2月 1日 (金)

ハチクロと鹿男

TVは良く見るけど普段はドラマはあんまり見ない。
見ても1クールに1~2本くらい。

今回は「ハチミツとクローバー」と「鹿男あをによし」の2本を見てる。
この2本は原作(漫画と小説)も読んで好きだったので、
結構楽しみにしてた。

ドラマなんで演出を施して原作と変わる部分があるのは分かる。
設定やセリフも一語一句忠実に!なんていうのは初めから期待してないし、
映像になった時にその演出が+αとしておもしろくなればいい。

そういった意味で、この2本のドラマはすごく対称的だ。

「ハチクロ」はタイトル・役名は原作のままだけど、
キャストのイメージもキャラクター設定も大まかなあらすじも・・・
細かいことを言ったらきりがないくらい、ほとんどが違う。
同じ漫画原作の「のだめカンタービレ」がおもしろかっただけにガッカリ。。

しかも全く違うならまだしも、
タマに原作の重要なセリフが散りばめられてたり
それがまたハッキリ言ってムカツク。
正直、原作者は良くあの脚本でOKを出したなぁって感じ。
でも、せっかくなんで最後まで見るけどね。

一方の「鹿男」はタイトルは同じ、
小説に無かった主人公”おれ”に名前をつけたり、
同僚を女性にしたり、一気に鹿化したりしてるものの、
大まかなあらすじは変わってないし何よりキャストのイメージがピッタリ。

そして原作に無い+αの演出もおもしろい。
見ている1時間が早く感じるし、
逆にあのキャスティングをしていることで、
ラストの「だだっこ」「印の解き方」がどうなるのかカナリ楽しみだし。

やっぱりおもしろい原作があって、
そのタイトルを使ったドラマ化なら
原作をあまりいじくっちゃダメだ。

|

« ハンドとサッカー | トップページ | ガラスの天才 »

コメント

>しかも全く違うならまだしも、
>タマに原作の重要なセリフが散りばめられてたり
>それがまたハッキリ言ってムカツク。

すごくわかる(笑)

私はどっちのドラマも見てないけど、
「ハチクロ」は遅ればせながら漫喫で全巻読んできました。

最初の数巻分は雑誌連載当時に呼んでたんだけど。
・・・なんていうか、
自分も美術部だったので(マンガは“部”じゃないけど)
美術部特有のあの雰囲気の中で繰り広げられる青春チックな恋愛模様とゆーのが、
どうにも生々しい感じがして直視できなくてw
ずっと続きを読まずにいました。

今もムズムズしながら読む感じだったけど、
でもやっぱり人気が高いだけあって面白かったです。

「のだめ」は正月の再放送で見ました。
これも面白かったです(^^)

投稿: はみばか | 2008年2月 4日 (月) 11時18分

美術部だったんですね。
だからあの「擬人化」イラストも上手なんですね!(^^)
なんかその直視しづらいって気持ちも分かるような気がします。
自分も野球漫画とかリアルに感じられない部分が多いですもんw

投稿: CROW | 2008年2月 5日 (火) 01時58分

いや、私の場合はリアルに感じすぎてしまうのです。
いい年して自分でもキモいですw

投稿: はみばか | 2008年2月 5日 (火) 23時32分

ソコまで言われると何とも・・・(^^;
ある意味そんなに感情移入できるのはうらやましいかも。

投稿: CROW | 2008年2月 6日 (水) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/10180699

この記事へのトラックバック一覧です: ハチクロと鹿男:

« ハンドとサッカー | トップページ | ガラスの天才 »