« 泰然自若 | トップページ | 何かが起こる東京ドーム! »

2008年5月15日 (木)

筋書きの無いドラマ

心地よい疲労感。
気がついたらふくらはぎがパンパンだよ。

やっぱり野球はオモシロイ!!
「勝負は下駄を履くまでわからない」って本当だった。

今季初めての東京ドームでのファイターズ戦は
外野の立ち見で観戦。

幸雄さんが引退後初めて解説で球場に来ていたこの試合、
ダルビッシュと小林宏之の投手戦は予想ができた。
1-1で延長に入ってマイケルがM大松に2ラン打たれた時、
誰もがあきらめかけたと思う。

実際に最後の攻撃を見ずにライトスタンドを去る人も多かった。
だって10イニングで併殺崩れで1点しか取れない打線。
しかも打順が、
①賢介(唯一の3割だけど今日ノーヒット)
②稲"田"(稲葉の負傷後に守備から出場)
③三木(スレッジの代走からそのままDH)
④小山(鶴岡に代打が出たので捕手として途中出場)
⑤小谷野(今日はチャンスに凡退でいまだに1割台)
⑥高橋信二(元4番もケガでフル出場できず)
正直、期待をする方が珍しい。

でも野球は最後までわからないからオモシロイ。

では、11回裏の場面とその時の周りの人との会話。
①賢介 ロッテのピッチャーは川崎。
 「川崎は今季は調子よくないからチャンスあるかもね」
 ⇒カウント1-3からレフト前ヒット!
 「さすが賢介!!」

②稲田の代打鵜久森 ピッチャー荻野に。
 「まぐれでも一発出ないかなぁ」
 ⇒速球に完全に振り遅れるも粘ってカウント2-3
 「ゲッツーじゃなきゃいいか。良ければ四球で・・・」
 ⇒7球目をセンター前にプロ入り2本目のヒット!!
 「(周りと顔を見合わせ)わーーっ!すげぇ!ひょっとしたらあるかも」

③三木 完全に送りバントの場面なのになぜか
    『ホームラン!ホームラン!ハジメ!!』のコール
  「って、バントだろう。しっかりバント決めてくれ」
 ⇒捕手前良いバント!捕手金沢の送球が逸れ1点返す。
  「三木はこの間も相手が牽制悪送球&ワイドピッチで
   決勝のホームインしてるし、何か持ってるなぁ」

④小山 チキチキバンバンの関東限定チャンステーマ発動。
    ※でも西武ドームで大逆転されてからこれで点が入っていない
  「これで小山が決めたら、鎌ヶ谷ファイターズの勝利だ」
 ⇒しかしあえなくピッチャーゴロ
  「仕方ない。まだ1アウト。ファインプレーした小谷野だし」

⑤小谷野 外野フライでも同点。引き続きスタンドはチャンテで盛り上がる
  「最悪外野フライを!」
 ⇒ライト前にクリーンヒット!同点!!
  「これで勝てる!!次は誰だっけ?信二がいた!!」

⑥信二 ライトスタンドはほぼ勝ちを確信して、さらにボルテージUP
     声がかれ出すが、そんなこと言ってられない。
     なれない応援歌だけど、今まで頑なに座ってた人も立って歌ってるし、
     最後を一緒に見届けようと内野からこっちに来る人もいる。
 ⇒初球を軽々レフトへ(ホントは打った瞬間HRだと思ったけど)犠牲フライでサヨナラ。
  「やったー!!!!!」

以上、現地からのレポートでした。

明日も行っちゃおうかな!

|

« 泰然自若 | トップページ | 何かが起こる東京ドーム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/20959307

この記事へのトラックバック一覧です: 筋書きの無いドラマ:

« 泰然自若 | トップページ | 何かが起こる東京ドーム! »