« にわかに | トップページ | 巨人の配慮と »

2008年11月14日 (金)

正式発表

一つ下の記事で、
正式に決定するまで書かないって言ってたことが
日本ハムと巨人の両球団から発表された。

「マイケルと二岡、2対2のトレード正式発表」
 ※やはりサンスポ早い。で、「サンケイスポーツ既報通り」いうのがいやらしい。。。

ホントは『今日はまた日刊やスポニチも報じている。』と書いた下の段に
白い文字で「あぶり出し」にしてたんだけどね。
 ※マウスでその部分を指定すると見えると思います。

それはともかく、率直な感想を。
・マイケル中村投手(ジャイアンツ)
 ⇒マイケルの年俸はファイターズには支払えないよ。。。
 (3年12億を要求って??)
  巨人は今年、越智・山口など若手が台頭したけど、
  まだ実質1年目だから来年は2年目?のジンクスになるかもしれないし。
  豊田・クルーンも35歳を超えて、そろそろ・・・って時期かも。
  そういう意味では、計算できる即戦力の中継ぎ・抑え要員の補強は正しい。

・工藤隆人外野手(ジャイアンツ)
 ⇒結構好きな選手だったんだけど、応援歌もたった1年で・・・(><。)
  ファイターズの外野陣には同じタイプ俊足系左打者が多すぎた。
  (紺田、村田、糸井など)
  その中でも去年飛躍した工藤は、ひちょり・稲葉の離脱でチャンスは多かったのに
  それを活かしきれなかったのも事実。
  巨人の外野は高年齢化&故障抱えが多いので、
  今度こそチャンスを活かせるように頑張って欲しいな。

・二岡智宏内野手(ファイターズ)
 ⇒怪我、スキャンダル、レギュラー剥奪、トレード(左遷的?)
  ・・・なんかさすがにココまでなると可哀想な気がするよ。
  でもファイターズは、多田野の時もそうだったように
  そういう選手を温かく迎えるムードもあるし、
  坪井・新庄・稲葉のように外から来た人も"チームの顔"となれる可能性も高いので、
  心機一転頑張ってもらいましょう!
  背番号どうなるんだろう???(会見でゼロから~って言ってるので0かな?)

・林昌範投手(ファイターズ)
 ⇒自分が岡島から働き場所を奪ったように、
  怪我ので離脱している間に山口に働き場所を奪われた感じ。
  ファイターズで復活した岡島のような活躍を期待してるよ!!
  この移籍が一番有益なんじゃないかな?

  
トータルで見ると・・・個人的はなかなか良いトレードだと思ってる。
ファイターズファンや二岡ファンの感情は複雑だろうけど。

みんな新天地で活躍できるといい、
そしてこのトレードが大成功だったと言えますように。

そうだ、あとトライアウトを受けた元Fの歌藤も巨人に行くらしい
歌藤もガンバレ!

|

« にわかに | トップページ | 巨人の配慮と »

コメント

「二岡日ハム」の噂がホントになって、ため息ばかりです…think
でも決まっちゃったことは仕方ないんで、それぞれを応援するしかないね。

小山くん、中日決定はよかったよねhappy02
ちなみに横浜ファンの姉は石井琢朗カープにショック受けてます(笑)

投稿: ひさこ | 2008年11月15日 (土) 07時13分

FAも含めて、なんか今年は移籍が多そうだね。

みんな活躍できるといいな。

投稿: CROW | 2008年11月15日 (土) 19時24分

今年の移籍は、そのチームの顔的な存在だった選手(かつて、顔的な存在だった選手?)がよそのチームに移ってるような。

二岡と清水が巨人から離れるなんて、なんか複雑・・・
そして中日も川上(・・・と、いちおう中村紀)が。
横浜の石井が広島っていうのも相当ビックリしました。
でもどれもなかなか良い移籍な気もする。

しかし。・・・・・中日は来年はBクラス必至だなsweat02

投稿: は | 2008年11月17日 (月) 15時13分

そういう「顔」の選手が、
自分のプレーができなくなったからって美的に辞めて、
一生所属チームの看板を背負って行くってよりも、
移籍してでもボロボロになるまでやるっていう時代なんですかね。

個人的には年上の選手が少なくなっているなかで、
選手自身が納得できるまで少しでも長く頑張ってる姿はうれしいです。

あと清水の西武入りに関して書きたくなったのだけど、
長くなりそうなので続きは次の記事で(^^;)

投稿: CROW | 2008年11月17日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85937/25322006

この記事へのトラックバック一覧です: 正式発表:

« にわかに | トップページ | 巨人の配慮と »